趣味の総合サイト ホビダス
DESKTOP_GARAGEのトップページはコチラから!!

2009年12月アーカイブ

今年も一年、ありがとうございました!

| コメント(8)

今年も毎年のことですがあっという間でした。
しかしながら、製作ペースは年5台と、豊作(でした)。
ここ10数年で一番作ったかも。

相互リンクも一気に増え、何だかとってもニギニギしく楽しめました。
日頃、読んでくださっているだけの方も、感謝感謝です。

来年は皆さんで作品を持ち寄って、写真を撮って、
アメリカのスケールオート誌に「日本でもアメリカン・モデルキットフリークが頑張ってるぞ」ってな投稿をしてみたいのですが、どうでしょう?
たぶんアメリカ人、ビックリしますよ。

なんて調子のいいこといってますが、
実車の方の調子はいまひとつ。

昨日は2号機、ゼファーのご機嫌が相当ナナメで、
まず朝からバッテリーあがり(後にアース不良だったことが判明)、
エンジンがかかったと思ったら、何とドアロックが勝手にインロック(クリスティーンかよ)、
でもってJAFのお世話になったはいいけど、
今度はエンジンフードのワイヤが伸びてしまって、
エンジンフードが開かない。。。

最後は主治医、アバンテの大将、浅草さんの手でしっかりトリートメントしてもらいました。
いくら新しいとはいっても1983年式といったら世の中じゃ立派なクラシックカー。
ちゃんとケアしないとクルマがすねちゃいますね。

ランチェロは来年に入ったらたぶん走り出せそう。

エコカー全盛のこの時代を、
グタグタのオンボロアメ車で乗り切っていくバカバカしさが、
意外と楽しい。大変だけど。

さて、これからお節料理の食材の買い出しにでもいってきます。

皆様、来年もよろしくです!

by ウカイキャル吉

昔作ったヤツその4(amt 1949 Ford)

| Category: | コメント(13)

さてさてまだまだ続く過去ネタシリーズ。
今日もちょいカスタム系です。

■amt 1949 Ford

ベースとなったのは'90年代前半の再販。
このキットも初版は'60年代前半で、ここ最近アップが続くamtのクルマたちと同年代で、
何だかんだいって、今なお生産が続いていると思います(たぶん)。

これも'36Ford同様、最初はフル・ストックで組みましたが、
amtの'57ベルエア(初版が'60年代のやつです)に入っている、クロームのテッチンを見ていたらムラムラっときて、車高をガツーンと落とし、ダミスポをセットして、
スレッドちっくなロッダーのようなマイルドカスタムに仕立ててあります。
エンジンはキットに付属していたキャデラックV8&トライキャブを搭載しています。
ちょっとケツ上がりなのは、走りも捨ててないぞって意思表示?!

イメージとしては'60年代前半に作られた当時のままの仕様といったところでしょうか。
このあと、ラディカルなKustomに進化していってしまうであろうクルマのbeforeって感じですね。
これでベルフラワーのマフラーとか付いてたらイメージ的にはカンペキです。

基本的には素組ですが、
これまたものすごくいい形してます。
チョップしてセクショニングするのもいいですが、ノーマルも好きなんだなあ。このボディ。

塗装はモデラーズのブルーにスーパークリアーで仕上げています。

やっぱり'60s amtはいい。

by ウカイキャル吉

昔作ったヤツその3(amt 1936 Ford 5 Window Coupe)

| Category: | コメント(8)

まだまだ続く昔作ったシリーズ。
今日も15年くらい前のヤツです。
今は'60-'70s以外はほとんど作りませんが、前は結構ストリートロッド系も挑んでました。
といっても、作り方はほとんど一緒。ボディは基本的にストックで車高とホイールでそれらしく。

■amt 1936 Ford 5window Coupe ("Dick Tracy" issue)

ベースとなったのは映画『ディックトレイシー』の劇中車(映画を観てないからわかりませんが)仕様らしい、'90年代前半のキット。amtの'36フォードの初版オリジナルは'60年代前半ですが、モールドやパーツ割、プロポーション、ディテール、どれをとっても最高レベルのキットです。
オハズカシながら、このキットを入手した当時は、新金型の初版だと勘違いしていたくらいですから。
やはり'60s amtはスゴイ。というか偉大です。

ボディはルーフ部分が別体となっていて、
コンバーチブルといった別ボディ仕様も販売されていました。
フェンダーやエンジンフード類は別パーツですが、基本的にフィッティングは苦労しなかったと思います。

当初はストック状態に組みましたが、
amtの『parts pack』という、エクストラパーツだけで構成されたキットボックスが'90年代中盤に再販(?)され、その中に入っているハリブランドのキドニービーン・ホイールを見ていたらムラムラっときて、
ストリートロッドにコンバートしてみました。
タイヤはフロントがタミヤのロータス7、リアはamtのファイアストーンのバイアスをセット。

車高はフロントをガッツリ、リアはマイルドロワードというスタイルで、
実車でも'90年代中盤に流行っていたスタンスに仕上げてあります。

実車だったらフロントをIFSにして、リアは4リンク化して……ってところだと思いますが、
こちらはあくまで模型なので、“裏から見ちゃダメよ”のデッチアップ(こーやん語録より)仕様です。

ハイボーイとか、Tバケとか、ストリートロッドも大好きなんですが、
そこまで手を広げると破綻しそうなので、ストリートロッドのキットもほとんど手放してしまいました。

うちに残ってるのはamtの'29Fordと'33Willysくらいですが、いつかフィニッシュしたいです。
'29はRevellのハリブランドを組んで、この'36と同じようなスタンスで中途半端に作りかけてあります。

ストリートロッドのキットで、組み上げた時の満足感というか量感というか質感が独特で、
'60-'70sとはちょっと違う種類の喜びがあるんですよね。
フォーミュラー・レーシングカーに近いものかも。

この辺好きな方っているんでしょうか?

by ウカイキャル吉

昔作ったヤツその2(amt 1957 FORD THUNDERBIRD)

| Category: | コメント(0)

さて、今日も過去の遺産シリーズで行きましょう。
ブツはコレ↓。

前回の告知どおり、コルベットのライバル、サンダーバードです。
'55年デビューの第1世代の最終年式にあたる'57年式です。
キット自体は'63ギャラクシーとこの'57サンダーと'57フェアレーンの3台がセットになったヤツで'90年代前半に再販されたものです。
このキットの初版は確か'60年代前半で、'57年のアニューアルキットではなかったと思います。
エンジンも再現されていますが、
サスペンション類はシャシーにモールドされているため、フルディテールとまでは言いませんが、
年代相応に極めて精密なモデルだったといえるでしょう。

こちらも基本的に素組ですが、呆れるほどプロポーションがイイ。
この頃はコンチネンタルキット(バンパーマウントのスペアタイヤケース)が好きだったなあ。
う~ん、素直にカッコいいですね。
モノグラムの1/24の'56とか、最近出たamtの1/25の'56とか、スゴクいいキットですが、
全然存在感は負けてないですな。

こちらも15年ほど前に作りました。
当時はエアブラシを持っていなかったので、
タミヤの缶スプレー(確かイタリアンレッド)で塗ったように記憶しています。
車高はキットのまま、タイヤは旧い'60年代のamtのヤツをホワイトウォール化(ホワイトサフェーサーを塗布)しています。
ライトのメッキカップはRevellの'69カマロのものを流用しています。

最近は'50sカーのキットはほとんど手放してしまったので、遠ざかっていますが、
この辺の年式も悪くないですね。

といいながら、マイ・フェイバリット・サンダーバードは'67だったりします。
ついで'61、'63、'70と続きます。

この辺も作りたいなあ。

by ウカイキャル吉

リンク追加のお知らせ。

| Category: | コメント(2)

「そういえば、リンクさせていただいてなかった……」
いつもコメントくださるミゾロギさん、こと溝呂木陽画伯のページと相互リンクさせていただきました。
その名もSportscar Graphic

是非下記アドレスを訪問してみてください。
http://mizorogi.blogzine.jp/modelers/

プラモデル、イラスト、ペーパークラフト、と題材を変えても一本筋が通った、
「溝呂木ワールド」が広がっています。

昔作ったヤツその1(Revell 1960 Chevrolet Corvette)

| Category: | コメント(3)

最近、引越しをしました。
ま、それはどうでもいいのですが、引越しにあたって、昔組み立てたヤツらをあらためて眺めていると、これはこれで面白いので、記録として写真を撮ってアップしてみることにします。

■Revell 1/25 1960 Corvette (Skip's Fiesta Issue)

まず記念すべき一発目は今、こーやんさんが挑んでる'59フォードと同じ形式の、Revell製“バラバラボディ”コルベット。
これは'90年前後にSkips Fiesta(だったかな)シリーズとして再販されたもので、
基本的にはキットを素組しています。
でも、このキットの場合、素組がもっともハードルが高かったりするのですが。。。

このキットは初版ではついていた、ストックのホイール&タイヤが付属していないので、
mpcの'57vetteのホイールとamtのFirestoneを組みあわせています。
ちょっと車高を上げて、トレッドを詰めて仕上げました。

それ以外は各部のフィッティング(バンパーとかウィンドーモールとか)に気を遣ったくらいです。

これを作ったのはかれこれ15年ほど前で、
瞬着も使わず、パテもイヤだったので、たっぷり接着剤を塗って、各パネルを練り溶かして、
溶着して、それをしっかり乾燥させて、ヤスリで研ぎだしています。

おかげでほとんど肉ヤセしていません。

もう二度と作りたくはありませんが(笑)、
このプロポーションのよさは目を見張るものがありません?
たぶん、モノグラムから近年出たpro modelerシリーズのヤツよりいいですよね。
amtはアレですが、mpcの'60年は結構いいらしいですよね。

やっぱコルベットはカッコいい。

viva the Vintage Revell !

次回はコイツのライバルといきましょうかね。

てか、作れって?

やってますよ。実は。 フフフ。

by ウカイキャル吉

そういえば

| Category: | コメント(5)

よくよく考えたら、510の完成写真、アップしていませんでした。
ズラズラっといきますね。

ちょっと時間をおいてみると、
やっぱりフェンダーアーチがゴツすぎるなあ。。。
叩きだしみたいなゴツさ。

実は今、同じようなフェンダー直しプロジェクトを進行中。
クルマはまたしても日本車(正確にはシボレーですが)。

次回からは、過去の作例をアップしていきます。

by ウカイキャル吉

12月27日はネコパブへいらっしゃ~い

| Category: | コメント(0)

ということで、またまた告知です。
来る12月27日、我がネコパブリッシングで、物販イベントが開催されます。
その名も「猫市(ネコイチ)」。
カンタンにいえば、ホビダスで売ってるものの即売会なのですが、
ここでボクも店を構えます。
そこそこ面白いキットをお手頃価格で提供予定ですので、
是非皆様足をお運びください。

とりあえず詳細は下記の画像をチェック!

もし会場に来ていただける方で、
何かお探しのキットがある人は、何となくリクエストなどいただけると、
ご希望に沿うことができるかもしれません。

他に洋書、カタログ、ミニカーなどを販売予定です。

基本的には上の画像に詳しいように、ホビダスで取り扱う商品全般を販売しますので、
なかなか楽しめるイベントになるはずです。

今回もデスクトップガレージの作品を展示しますので、是非見に来てください。

それでは。

by ウカイキャル吉

ホットロッドカスタムショーの御礼

| Category: | コメント(1)

いやいや、昨日は皆さまご訪問ありがとうございました。
こっそりと営業していましたが、目ざとく発見していただいてウレシイかぎりです。
そこそこの品揃えで、まあまあお手頃プライスで皆さんにご提供できたのではないでしょうか。

510、240Z、ペーサー、'67エルドラド、AMXの5台を持っていきました。
本当はケース無しで見せたかったのですが、一般のご来場者の方も見えたので、ちょいと警戒してました。
でも、ケースのまま、いきなり持ち上げる人など、「ありえない」人が結構居て、
ペーサーはフロントタイヤが2本とも取れ(涙)、510のミラーがもげ(涙涙)、油断もスキもあったもんじゃない!

まあ、そんなことはともかく、日頃コメントをいただかない方でも、
このブログを読んで下さってる人がたくさんいることがわかったのも大収穫でした。
そんな方も、これを期に是非コメントくださいね。

どんどん情報交換しましょう!

ということでまた。

by ウカイキャル吉

PS 本業(ホビダスの物販)も忙しかったので、写真撮るのを忘れてました。。。

緊急告知!

| Category: | コメント(4)

といっても大したことではないのですが、
今週末に、パシフィコ横浜で行なわれるムーンアイズ主催の
YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOWにホビダスブースを出展するのですが、
そこで、DESKTOP GARAGEというか私、ウカイもドサクサにまぎれてレジンキットとかミニカーとかカタログとかプラモとか売ります。
「デスクトップガレージみたよ!」って言ってくださった方にはサービスします。
サービス内容は未定ですが(笑)。
一応、作品もちょろっと並べますので、ゼヒゼヒお越しアレ!

by ウカイキャル吉

  • 1

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

リンク

ガレージライフ
ホビダスオート
ホビダス
T'z Factory
アメプラを筆頭にNASCAR、モータースポ―ツ、ダイアリーなどをメインにしたT’zさんのブログ。プロモ風フィニッシュなどオリジナリティ溢れる仕上げも勉強になります。
Final Gear
ストリートロッドやKustom、街道レーサー系まで幅広いジャンルを網羅する美徳さんのブログ。実車もTバケを所有!(深い!)
MS0023msbufjsk-51459
ラリーカーから国産旧車、はたまた働くクルマまで幅広いカテゴリーをフォローするC水さんのブログ。カーガイでもあるため、実車の知識も豊富で、模型好きだけでなく実車好きも唸らせる作品を多数製作。
ゆきおWORK'S
アメリカ車モデラーの第一人者であり、プロモデラーとして名を馳せる畔蒜幸雄さんのブログ。ウカイも相当影響を受けました。
JUNK MODEL(ジャンクモデル)
ジャンクとは名ばかりで珠玉の作品の製作過程が楽しめるこーやんさんのブログ。'50-'60sのアメ車メイン。
ガレージはおもちゃ箱
愛車はトヨタのフラットツイン2台、cubというP&Y_FLAT_TWINさんのブログ。アメ車、アメトラ、バイクのプラモなど読みどころ満載のブログ。
くるまのプラモ製作記
国産キットをFactory Stockスタイルで、見事に化けさせる腕前の持ち主、ながせさんのブログ。題材は違いますが、ウカイと製作スタンスが近く、ここの読者さんも楽しんでいただけるハズ
ROCK a PLA BABY!
国産車をメインに作られているLet's Goマサル!さんのページ。作業工程は参考になることウケアイ。
1/43cu.in.(キュービックインチ)
1/43スケールのアメリカ車のミニチュアをメインテーマとするPonys41さんのブログ。アメ車のミニカーのアーカイブとして資料性高し!写真も美麗!
今日も一日ご苦労さん
トラック乗りにしてスケールトラックモデラーというロードコマンダーさんのブログ。アメトラが濃い!
Sportscar Graphic
1960-1970年代のスポーツカーを題材にした模型、イラスト、ミニチュアカー、ペーパークラフトなどを製作する、プロのイラストレーター、溝呂木さんのページ。
CARMODELS-HOMEPAGE
東海エリアの凄腕モデラーmatsuさんのホームページ。読んで字のごとく、カーモデルオンリーのサイト。内容充実。そして何より清潔感あふれるフィニッシュが素晴らしい!アメ車、国産旧車何でもありのオールジャンルで楽しませてくれます!

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.