趣味の総合サイト ホビダス
DESKTOP_GARAGEのトップページはコチラから!!

Revell 1966 Impala SS塗れたどー。

| コメント(5)

66_body_painted.jpg

ちゃちゃっと完成させるはずが、ぜんぜん進まなかった'66 Impalaですが、週末、一念発起して塗り上げました。何とかしようと思ったのが、土曜日の22時過ぎ。そっから2時過ぎまでひたすら下地作り。といってもモールドがすこぶるいいので、スジ彫りをデザインナイフの刃の背中でゴリゴリとやって、全体をまんべんなく1000番で研いだ程度。
Revellの'66は基本的にコーナーパネルとかワイパーパネルとか、すべてのスジ彫りがパーフェクトなので、追加で彫る必要がないのがウレシイ。
でもって起きて翌朝日曜日。朝からアウトドア(家の外)で吹きつけ開始。
まずはGSIのホワイトサフ。薄めにさっくりと。で乾いたらいよいよ色付け。
ボディカラーは最初っから「この色」と実は決めていたLemonwood Yellow。
言ってみればアイボリーと黄色の中間色。
箱の作例と同じ色だったので、別の色にしようかな、と思ったのですが好きなんだよな、この色のシボレー。
ブルメタとかターコイズとか赤のイメージが強い'60s Chevy SSですが、この色も外せません。
でも調べてみて、初めて知ったのは、コルベットにも同じような色があるのですが、
あっちはSunfire Yellowという名前でもう少し黄色味が強くて濃い。

写真のカラーチップで似たような3色のチップが並んでいますが、
一番上が今回塗ったレモンウッド・イエロー、次がコルベット専用色のサンファイア・イエロー、一番下がキャデラックのCape Ivoryという純正色になります。ちなみにレモンウッドイエローはシボレーの場合の名称で、Buickだと単純にCream、ポンティアックだとCandlelight Creamと呼ぶようです。

色はGSIのホワイトにイエローとレッド、そして少しだけグリーンを混ぜています。
これを粒子が立たない程度に濃い目にエアブラシで吹きつけて、最後はGSIの缶スプレーの#46クリアーで3コート。

今回は湿度とか気温がちょうど良かったせいか、磨き不要なのでは? というくらいキレイに塗れました。510ブルの時もそうだったのですが、ソリッドカラーってメタリックに比較して塗りやすい。だいたいテロンテロンに仕上がります。そんな厚塗りしなくてもね。

まあ、ここまでくればもう完成したも同然。今回は磨かないかもしれないし。

ちなみに、今週末は大失敗が二発。

まずA100を水色(あ、言っちゃった)に塗ったのですが、赤い成型色が見事に滲み出てきて、シンナー風呂にそのまま直行していただきました(涙)。と言うことで、赤に塗る可能性が高くなってきました。ちゃんとシルバー塗って目止めしたのですが、やっぱり難しい。

そしてもうひとつの失敗は、ナント、ランチェロ号を初コスリ。しかも自分の車庫でガリっと。
やったのは木枠の部分を30cmほど。そうとう落ち込みましたが、思い切って400番のヤスリで、研いで、ちょっとだけパテを入れて、また研いで、仕上げはGSIのカラー(笑)を混ぜて、同じくGSIのエアブラシで吹いて何とか直ました。でも、どこを擦ったのか分からないくらいの出来栄えでほっと一安心。これなら実車も塗れるな。フフフ。

ただ、パニクってたボクは、そのランチェロの直し工程の写真を撮り忘れました。
というか気持ち的にそれどどころじゃなかったんですな。。。

A100も上手くいかなくてイライラしてたので写真を撮り忘れました。
いかんなあ。

さて、Ramblerの続きもやんないと。

by ウカイ

ちなみに、ミニカー好きのみなさん。
ボクの本業、ホビダスオートダイレクトの方で、1/43を中心にビックリプライス(ボクが値付けしましたから超安です・・・笑)で大セール中です。よかったら、下記アドレス、のぞいてみてください。

http://shopping.hobidas.com/shop/hobidas-auto/17028/0.html

コメント(5)

いやぁ、見事な調色っぷりですね。流石!
でっかいボディに膨張色のホワイト系、凄く好き。
A100はシルバーで目止めしても滲み出てしまうんですね。私のはモールド白ですから、大丈夫なんでしょうけど。赤ボディは気を付けないと逝けませんネ。
ランチェロ君、大事に至らず良かったです。私は過日車庫入れしてて、タイヤを縁石にゴリっと。少しめくれてしまいました(汗)

いやいや、お褒めいただき大変光栄です。
A100、イヤな予感はしたのですが、やっぱりクリアーを吹いた段階で下から引っ張られるように出てきちゃうんですよね。何なんでしょうね、この赤浮きって。
ランチェロも実を言うと、A100を塗装中にエアブラシがご臨終となり、急遽買いに行って帰ってきて、早く塗りたい一心で車庫入れしていたら、何故かガリッ、アレッみたいな感じでした。タイヤホイールは油断していると結構やりますよね。

あー、キュンと来るカラーの'66シェビーっすね。
何とか、トラ完成したらmpc製'78コルベットが作りたいんです。
オレンジカラーって考えていたのですが、'78にオレンジ無いんですね(笑)

PS GSI製エアブラシの件。
スペアを譲っていただいたので、申し訳ない気持ちです。

Susieさん、
確かに'78はオレンジないんだね。'77まではあるのに。たぶん'77も'78もほとんど違いないので、'77にしてオレンジに塗ってしまうとか。意外とベージュとかもいいだろうな。ちなみにエアブラシの件、心配無用。家のすぐ近くのヤマダ電機で売っているので。

いやぁ~ランチェロやっちゃいましたか(泣)!普段、自分が乗りなれてる車でこすっちゃったりすると…そーとー落ち込むんですよねぇ~。
キャル吉さんのお気持ち…痛いほど分かりますよ(笑)
でも、なんとか直ったようでひと安心ですね。
そうそう、9月の「マッスルカーナショナルズ」ですがイイ場所は早めの方がいいみたいなので早めに到着した方がいいですよ!!
マッスルカーばかり相当集まるみたいで今から楽しみですね。

コメントする

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

リンク

ガレージライフ
ホビダスオート
ホビダス
T'z Factory
アメプラを筆頭にNASCAR、モータースポ―ツ、ダイアリーなどをメインにしたT’zさんのブログ。プロモ風フィニッシュなどオリジナリティ溢れる仕上げも勉強になります。
Final Gear
ストリートロッドやKustom、街道レーサー系まで幅広いジャンルを網羅する美徳さんのブログ。実車もTバケを所有!(深い!)
MS0023msbufjsk-51459
ラリーカーから国産旧車、はたまた働くクルマまで幅広いカテゴリーをフォローするC水さんのブログ。カーガイでもあるため、実車の知識も豊富で、模型好きだけでなく実車好きも唸らせる作品を多数製作。
ゆきおWORK'S
アメリカ車モデラーの第一人者であり、プロモデラーとして名を馳せる畔蒜幸雄さんのブログ。ウカイも相当影響を受けました。
JUNK MODEL(ジャンクモデル)
ジャンクとは名ばかりで珠玉の作品の製作過程が楽しめるこーやんさんのブログ。'50-'60sのアメ車メイン。
ガレージはおもちゃ箱
愛車はトヨタのフラットツイン2台、cubというP&Y_FLAT_TWINさんのブログ。アメ車、アメトラ、バイクのプラモなど読みどころ満載のブログ。
くるまのプラモ製作記
国産キットをFactory Stockスタイルで、見事に化けさせる腕前の持ち主、ながせさんのブログ。題材は違いますが、ウカイと製作スタンスが近く、ここの読者さんも楽しんでいただけるハズ
ROCK a PLA BABY!
国産車をメインに作られているLet's Goマサル!さんのページ。作業工程は参考になることウケアイ。
1/43cu.in.(キュービックインチ)
1/43スケールのアメリカ車のミニチュアをメインテーマとするPonys41さんのブログ。アメ車のミニカーのアーカイブとして資料性高し!写真も美麗!
今日も一日ご苦労さん
トラック乗りにしてスケールトラックモデラーというロードコマンダーさんのブログ。アメトラが濃い!
Sportscar Graphic
1960-1970年代のスポーツカーを題材にした模型、イラスト、ミニチュアカー、ペーパークラフトなどを製作する、プロのイラストレーター、溝呂木さんのページ。
CARMODELS-HOMEPAGE
東海エリアの凄腕モデラーmatsuさんのホームページ。読んで字のごとく、カーモデルオンリーのサイト。内容充実。そして何より清潔感あふれるフィニッシュが素晴らしい!アメ車、国産旧車何でもありのオールジャンルで楽しませてくれます!

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.