趣味の総合サイト ホビダス
DESKTOP_GARAGEのトップページはコチラから!!

脱線してる場合じゃないですが

| Category: | コメント(0)

今年こそ「お手つき」はナシにしようと思っていたのですが、
気分転換になんとなく箱を眺めていたら、そいやイロイロあったな、と引っ張り出してきたのがトロネード。一時期、必死で集めたので、'69以外は揃っています。といってもワケありやジャンクばっかりですので、ヒトスジナワではいかないシロモノばかりですが。

223_torobox.jpg

トロネードこと、Oldsmobile Toronadoのキットは結構不思議なメーカーのすみわけがなされていて、
まず'66年はJo-Hanから平箱で初版が登場。
ついで'67年はamtとmpcが担当。でもややこしいことにmpcのはmpcの自製ツールですが、amtのキットは実のところ中身はJo-hanだったりします。
'68も同じ展開でmpc自製とamtの中身Jo-hanの2種が存在。
'69はたぶんJo-han箱のみ。
'70年に関しては当時annualとして販売されたのがamt箱の中身Jo-han版。
でそいつは後にJo-hanからUSA OLDIESシリーズの一環としてJo-han箱で再販されています。
'71~'72は箱をほとんど変えずにJo-hanから出ていました。

ただ、この辺は詳しい文献などがあるわけではないので、あくまでボクの現物ベースによる推測の域を出ませんが大筋であたっていると思います。

ただもっと不思議なのは、'67~'68のmpcの自製キットのエンジン部分だけは、どうにもJo-hanの同部位パーツと同じようにみえる点。うーん。

で、今回、お手つきをしてしまったのは、'70のamt箱のヤツ。
すでに適当に組み上げられていたのを、ばらして、組みなおしです。
まあ、古い組み立て済みのキットにありがちですが、
バリ取りなどもなくタップリと接着剤を塗って組まれているので、ばらすのも一苦労。
部品を破損しないように、丁寧にやります。
どうしても外れない接着部は、流し込み接着剤で「ふやかして」外す方法もありますが、最後はチカラワザも飛び出します(笑)。

でバラバラにしたら、接着面をヤスリなどできれいに流し、
接着剤で埋まってしまったモールドなどは丁寧に削りだしてやります。
なんとなく化石を発掘して組み立てる作業に似てるかも(やったことはありませんもちろん)。

で、エンジンブロック、シリンダーヘッド、ミッションなどを組みなおしたのが↓の写真。

223_torofront.jpg

ちなみにバルブカバーとトランスミッションのベルハウジングはクロームパーツなので、
キッチンハイターでクロームをはがしてあります。でもクロームがキッチンハイターだけでは落ちず、さらにGSIシンナーに1日漬け込んで、クロームの下地塗料もろともはがしました。メンドクサカッタ。

それにしても、このJo-Hanのパワートレインの組み立ては何度やっても面白い。
組み立ててしまえばわからないのに、エンジンブロックにはシリンダーホールやプッシュロッドのリフター、ヘッドにはバルブや吸排気口までモールドされています。
でもって、このパワートレイン一番のポイントであるミッション&デフ、ドライブシャフトもしっかり再現されています。

今のクルマはFFといえば、横置きが普通ですが、こいつは縦置き。
日本車だと、直5を搭載した初代ホンダ・インスパイアなども縦置きFFでしたね。そいえば。

まあV8は前後に短いとはいえ、クランクの出力をベルト(厳密には金属のチェーン・ベルト)を介して前方のデフに折り返して左右前輪を駆動させる仕組み。
デフはエンジンの左側(運転席側)にオフセットされていて、それゆえに左右のドライブシャフトは不等長なんですね。

これだけみてると、まっすぐ走るのが不思議だ。

と思って当時の文献を読んでみると、やっぱりトルクステアの解消には相当難儀したみたいです。
まあ馬鹿トルク、375馬力のエンジンを積んでいるわけですから、いたし方ない気もしますが。

さらに、サスペンションもGMとしては異例のフロント・トーションバー、リアはリーフ。
トーションバーはFFなのでコイルスプリングがアッパーアームとロワアームの間に置けないがゆえの苦肉の策。でもなぜリアがリーフなのかはわかりません。

この辺はキャデラックのエルドラドもまったく同じ。

でも普通に考えたら、まずは小さいエンジンの小さいクルマでFFを試せばよかったのに、何で高級フルサイズクーペをパイロット車に選んだんでしょうね。

そう、前にも記しましたが、Jo-hanの'67-'73エルドラのキットのシャシーは、'66に初版が出たトロネードと共通。さらにエンジンまで共用しているのがちょいと残念ポイント。

そいや'68のトロも作りかけだったし、実は'67も。。。

'67ファイアバードの次は、'70スーパーバード、その次はトロを何とか完成させたいなあ。

といっているうちに今年も早1/6が経過。

あせるなあ。

by ウカイ

コメントする

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

リンク

ガレージライフ
ホビダスオート
ホビダス
T'z Factory
アメプラを筆頭にNASCAR、モータースポ―ツ、ダイアリーなどをメインにしたT’zさんのブログ。プロモ風フィニッシュなどオリジナリティ溢れる仕上げも勉強になります。
Final Gear
ストリートロッドやKustom、街道レーサー系まで幅広いジャンルを網羅する美徳さんのブログ。実車もTバケを所有!(深い!)
MS0023msbufjsk-51459
ラリーカーから国産旧車、はたまた働くクルマまで幅広いカテゴリーをフォローするC水さんのブログ。カーガイでもあるため、実車の知識も豊富で、模型好きだけでなく実車好きも唸らせる作品を多数製作。
ゆきおWORK'S
アメリカ車モデラーの第一人者であり、プロモデラーとして名を馳せる畔蒜幸雄さんのブログ。ウカイも相当影響を受けました。
JUNK MODEL(ジャンクモデル)
ジャンクとは名ばかりで珠玉の作品の製作過程が楽しめるこーやんさんのブログ。'50-'60sのアメ車メイン。
ガレージはおもちゃ箱
愛車はトヨタのフラットツイン2台、cubというP&Y_FLAT_TWINさんのブログ。アメ車、アメトラ、バイクのプラモなど読みどころ満載のブログ。
くるまのプラモ製作記
国産キットをFactory Stockスタイルで、見事に化けさせる腕前の持ち主、ながせさんのブログ。題材は違いますが、ウカイと製作スタンスが近く、ここの読者さんも楽しんでいただけるハズ
ROCK a PLA BABY!
国産車をメインに作られているLet's Goマサル!さんのページ。作業工程は参考になることウケアイ。
1/43cu.in.(キュービックインチ)
1/43スケールのアメリカ車のミニチュアをメインテーマとするPonys41さんのブログ。アメ車のミニカーのアーカイブとして資料性高し!写真も美麗!
今日も一日ご苦労さん
トラック乗りにしてスケールトラックモデラーというロードコマンダーさんのブログ。アメトラが濃い!
Sportscar Graphic
1960-1970年代のスポーツカーを題材にした模型、イラスト、ミニチュアカー、ペーパークラフトなどを製作する、プロのイラストレーター、溝呂木さんのページ。
CARMODELS-HOMEPAGE
東海エリアの凄腕モデラーmatsuさんのホームページ。読んで字のごとく、カーモデルオンリーのサイト。内容充実。そして何より清潔感あふれるフィニッシュが素晴らしい!アメ車、国産旧車何でもありのオールジャンルで楽しませてくれます!

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.