趣味の総合サイト ホビダス
DESKTOP_GARAGEのトップページはコチラから!!

久々に投稿いただきました~♪

| Category: | コメント(8)

いやはや、焼き鳥で筋肉痛などと言っている間に、いつもコメントくださるangeさんが、素晴らしいヤツをフィニッシュ!

ネタは超レア中のレアキット、JO-HANの1970年型Plymouth Road Runner。
RMX(レベル/モノグラム)から1/24でも出ていて、アレもまたちゃんとフィニッシュすればイイキットですが、やはりJO-HANを知ってしまうと、RMXのがなんだがゴツく見えてきてしまうんですよね。
特にノーズのスラットした感じとかは、流石JO-HANです。

0809_70RR_fr.jpg

JO-HANの1969 Road Runnerは'80年代にも再販されましたが、'70はannualで出たっきり。
アメリカではミントだと300ドル近くなる、数多のアメリカ製キットの中でも1、2を争うコレクターズアイテムです。それゆえに、JunkでもBuiltでもそれなりに値がつくため、そう簡単には手が出ないシロモノであります。

0809_70RR_rr.jpg
0809_70RR_eg.jpg

これぞFactory Stockといった感じの、ディテール、考証の行き届いたフィニッシュ。
ロードランナーはお金のない若者に向けて、パフォーマンスパーツ以外は、徹底的に低コスト化をはかったスタンダード仕様。そんな感じを、スタンダードなドッグディッシュハブキャップが惹きたてています。ライトまわりも手抜きなしなのが最高です。
いつも思いますが、JO-HANのキットって、ライトをいじるだけで、ほとんど実車のように見える瞬間があります。
それとテールライトまわりのスジ彫りもちゃんと追加されていて、これもまたリアリティアップに超効果的です。でもココをスジ彫りするのがむずかしいんですよね~。うちの放置中Superbirdはここのスジ彫りをやるのがめんどくさくて放置されているのは本当の話です(笑)。
唯一、惜しいのが写真。もう少し横振り(クルマのサイドがみえるように)な角度の写真だと全体の雰囲気がもっと伝わるのと、車体全体にピントがあうと思います。
顔振りで撮ると、どうしても車体後半のピントがボケてしまいますから。

以下、ご本人のコメント。

「sekaimonで入手したビルドをレストアしたものです(程度は良かったです)。
基本的にJO-HANパーツを使用し、元から無いパーツ(マフラーエンド、バックミ
ラー、ホーン、ホイルキャップ、デカールなど)はamt,MONOGRAMのRRから流用。
ヘッドライトをくりぬいてメッキのカップとクリアレンズを入れて、プラグコードと
ヒーターホースを追加しました。
スパッツスティックスが入手できなかったので、バンパーはシルバー塗装です。
入手後塗り直します。リヤバンパーはsuperbirdから拝借。
車高は一番高くし、トレッドを狭くしました。
Lemon Twistの調色は白と黄色を混ぜただけです。
ボディの磨きや窓枠の処理など不満だらけですが次がんばりたいです。
70RRはsuperbirdに改修されたのか70年に出ただけですね。
口直しはアビルさんの69RoadrunnerHEMIです。
わたしはJO-HANのkitは素晴らしいと思います。
奥のMPC71Roadrunnerは15年くらい前に作ったレストアベースです。
ウカイさんも70RR一度は手に入れたようなのでぜひまた入手してください。
辛口アドバイスよろしくです」

とのこと。
こうやって、トレッド詰めて、車高をわざわざ上げる、といったモデリングを日本でもやられている方がいたことがとってもウレシイ(同好の士ですな)。
辛口もなにも、このキットをフィニッシュしたものを見せていただいただけで眼福です。

ちなみにウカイが持っているJunkは'70 GTXの方です。
angeさんもおっしゃっているように、たぶん'70年のB-BodyはSuperbirdに金型改修されたんでしょうね。だからたぶん再販も絶望的でしょう。

最後はangeさんが所有されている、Road Runnerたち。
何と手前のバタースカッチの'69はかのアビル御大作!

0809_70RR_trio.jpg

うーん、これを見るとmoparも作りたくなってしまう。

インパラ祭りに、1960年祭りに、Ford祭り(ひとりでやっているだけ)、Mopar祭り(自然消滅中)......祭りだらけです。
このままいくと、どの祭りも中途半端になるなあ。。。

by ウカイ

コメント(8)

ウカイ様
掲載ありがとうございます。
初投稿ドキドキしました(笑)。今年中にあと2台はフィニッシュしたいです。ひとりPLYMOUTH祭りということで、67GTX,69GTX,70GTX,70superbird,56FURY,58FURY,64FURY,65FURY,66FURY,
67FURY(68FURYが欲しい!)などなど・・・Corvetteも好きで、53~67は作りたいと思ってます。
写真の撮り方も大事ですね。またよろしくお願いします!

angeさん、
こちらこそ、投稿ありがとうございます。Plymouth祭り、'70 'cudaは不在ですか? Furyはハードル高いですね~。ボクも一時期、ebayで探してましたが、あまりの高さに挫折しました。
コルベット。。。これまた主要モデル制覇をかつて夢見ましたが、'53、'60、'62(やりかけ)、'63(Revell '67Chassisをドッキング。。。やりかけ)、'69(シルバーのRevellのヤツ)でなんとなく終わっています。今は'75のコンバーと、'73を作りたかったりします。'57もamtの最近のヤツを作りたいのですが。。。
写真もハマルと結構面白いですよ。

ウカイ様
E-Body(とくに'cuda)も好きでRevellのAAR'cudaは出てすぐ(15年位前?)Moulin Rougeで作りましたが、どうも似てないと思い適当に作ってしまいました。MONOGRAMのChallenger T/Aも作りましたが、どうも・・・でMONOGRAMのHEMI'cudaは手付かず。やっぱり1/25だとamtのsnapかJO-HANのsox&martinベースとも思ってますが、mpcが無難?情報お願いします。'cudaもバリエーションが多いので困ったもんです。JO-HANのFury(64~67)は国内で手に入れましたが、それでも高かった・・・でも素晴らしいKitです。

angeさん、
確かにRevellの1/24クーダは期待が大きすぎただけに、かなりガックリな形でしたね。その改修されたものも、「……」な感じでしたからね。素直1/25で出してくれればいいんですけどね。モノの1/24チャレンジャーも悪くはないのですが、mpcの'70を見てしまうと「……」。モノの'71クーダも「……」。amtのスナップはmpcツールなので、形はばっちり、ディテールはグタグタ、Jo-HanのSox & MartinはFactory Stockを目指すと、横のエラとかサイドマーカーとか内装とか、結構手がかかるんですよね。結局mpcのannualがベストという、救いようの無い結論が出てしまいます。

ウカイさん、こんにちは。jo-hanのRRで検索しててこちらにたどり着きました。投稿者様の作例見事ですね!
今度「modelcar」誌上で是非、「古いプラモ」のレストアを特集して下さい。
ノウハウを必要としている読者が沢山いると思います。
自分も「一部組み立て済み」状態のjo-hanの'70RRをebayで入手したのですが、それでも恐れ多くて組めません。付属のインストには部品請求カードも印刷されていてびっくりしました!
当時のjo-hanって部品請求出来たのですね!
そのインストにはさらに'69NOVの記載もあり、やはり実車のリリースと同時に発売されたのだと思います。
そのキットにはサードパーティ製のボンネットも出品者のオマケで付いていたのですが
そのボンネットはプラ製なのですがものすごく薄く、スケール換算でまるで、実車のボンネットの様に
ペラペラなのです。そんなパーツも出てたんですね!

とくさん、
お久しぶりですね。'70RRはレアですね~!古いプラモのレストア記事、確かに面白そうですね。基本的にはメッキ以外は、素人でもどうにかなりますからね。あとはペイントをどう落とすか、ですが、実車用のブレーキフルードで落とす、なんて人もいるようです。僕はクレオスのラッカーシンナーにつけますが、プラスチックが古いと、割れやすくなりますから注意が必要です。JO-HAN、部品請求の紙はボクも見たことがあるような気がします。たぶん'70年代のものだったと思います。それにしてもJO-HANが'69NOVAのキットのリリースを予定していたのは初耳です。実際にはJO-HANからシボレー車のキットが出たことはないので、あくまで予定だったんだと思います。ボンネットはレジンならばサードパーティ製がありますが、プラスチックとなるとかなり珍しいのではないでしょうか?

ウカイさん、古い記事に投稿したにもかかわらずレスありがとうございます。
NOVはNOVAの事ではなく、69年11月リリースの事です。紛らわしくて
済みません。
クレオスのシンナーの件、了解しました!
実は塗装済みのボディをシンナー風呂に入れようと思っていたのですが
43年前のプラですものね。少し冷静に考えます。
持ってるRRのボディは大雑把なアメリカ人が缶スプでパー吹きしただけで
パーティングラインの処理もしてないオリジナルの状態なんですよ!
剥がしたら結構いいものが出てくるだろうと思わず頬が緩んだのですが。
レストアの記事、以前ウカイさんのRRを譲り受けてアビルサンが製作した
記事の中に「レストアのノウハウはおりを見て説明する」、と書かれていたのですが
待ちきれません!
ウカイさん、記事書いてくださいよ〜。
リクロームの方法とか、接着済みの古いキットのバラし方とか、
色々勉強したいです!

とくさん、
そんなことはわかってらっしゃいましたよね。偉そうにスミマセン。。。
で、塗装ですが、ラッカー系だといいのですが、時折エナメルの場合があって、それだと結構やっかいです。エナメルのシンナー風呂だけは、絶対にやめた方がいです。プラスチックがグスグスになってしまうので。
リクロームは、アビルさんの出しているところだと、前後バンパー、ホイール、グリルで一万円くらいかかるそうです。。高い!
接着済の部品は、彫刻刀の平刀でコジリながら、力技で外すか、それでもダメな場合は、接着部分に流し込みタイプの接着剤を流しながら、平刀で、軽くコジれば結構部品を破損せずにバラせますよ。

コメントする

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

リンク

ガレージライフ
ホビダスオート
ホビダス
T'z Factory
アメプラを筆頭にNASCAR、モータースポ―ツ、ダイアリーなどをメインにしたT’zさんのブログ。プロモ風フィニッシュなどオリジナリティ溢れる仕上げも勉強になります。
Final Gear
ストリートロッドやKustom、街道レーサー系まで幅広いジャンルを網羅する美徳さんのブログ。実車もTバケを所有!(深い!)
MS0023msbufjsk-51459
ラリーカーから国産旧車、はたまた働くクルマまで幅広いカテゴリーをフォローするC水さんのブログ。カーガイでもあるため、実車の知識も豊富で、模型好きだけでなく実車好きも唸らせる作品を多数製作。
ゆきおWORK'S
アメリカ車モデラーの第一人者であり、プロモデラーとして名を馳せる畔蒜幸雄さんのブログ。ウカイも相当影響を受けました。
JUNK MODEL(ジャンクモデル)
ジャンクとは名ばかりで珠玉の作品の製作過程が楽しめるこーやんさんのブログ。'50-'60sのアメ車メイン。
ガレージはおもちゃ箱
愛車はトヨタのフラットツイン2台、cubというP&Y_FLAT_TWINさんのブログ。アメ車、アメトラ、バイクのプラモなど読みどころ満載のブログ。
くるまのプラモ製作記
国産キットをFactory Stockスタイルで、見事に化けさせる腕前の持ち主、ながせさんのブログ。題材は違いますが、ウカイと製作スタンスが近く、ここの読者さんも楽しんでいただけるハズ
ROCK a PLA BABY!
国産車をメインに作られているLet's Goマサル!さんのページ。作業工程は参考になることウケアイ。
1/43cu.in.(キュービックインチ)
1/43スケールのアメリカ車のミニチュアをメインテーマとするPonys41さんのブログ。アメ車のミニカーのアーカイブとして資料性高し!写真も美麗!
今日も一日ご苦労さん
トラック乗りにしてスケールトラックモデラーというロードコマンダーさんのブログ。アメトラが濃い!
Sportscar Graphic
1960-1970年代のスポーツカーを題材にした模型、イラスト、ミニチュアカー、ペーパークラフトなどを製作する、プロのイラストレーター、溝呂木さんのページ。
CARMODELS-HOMEPAGE
東海エリアの凄腕モデラーmatsuさんのホームページ。読んで字のごとく、カーモデルオンリーのサイト。内容充実。そして何より清潔感あふれるフィニッシュが素晴らしい!アメ車、国産旧車何でもありのオールジャンルで楽しませてくれます!

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.