趣味の総合サイト ホビダス
DESKTOP_GARAGEのトップページはコチラから!!

2012 オートモデラーの集いIN名古屋  アメリカ車&VW

| コメント(12)

さて、今回で「2012 オートモデラーの集いIN名古屋」の報告は最終回です。
ちなみに、今回撮影させていただいた作品のごく一部は、12月26日発売のモデルカーズ201号に2ページほどにわたって掲載予定です。そちらも合わせてチェックしてみてください。

で、本題の今回はアメリカ車&VW編です。
どんどんいきましょう。

A_49ford.jpg

amtの1949Fordをクリーンに仕上げた作例。ちょっと深いスチールリム、フェンダースパッツなどでマイルドカスタムっぽくもありますが、エンジンルームはFactory Stockなディテーリング済み。カッコいい。

A_49merc.jpg

中谷くん作のRevell Merc.。ミラーフィニッシュなペイントが最高。ゴテゴテさせないのが好感が持てます。やっぱりキャデラックのソンブレロキャップはマーキュリーに似合うなあ。

A_65vette.jpg

ホイールから察するにモノグラムの1/24 1965コルベットをサラっと清潔感たっぷりにフィニッシュ。エンブレムのデカール類は自作でしょうか?

A_67_CAMARO_SCCA.jpg

amtの1967 CamaroをSCCA Trans Amレーサー風に仕上げた1台。フェンダーのレタリングから察するに架空のマシーンかしら? マーシャルとかNGKのステッカーが貼ってあるので、完全なアメリカンテイストともちょっと異なるユニークな作例。
※こちら作者様より正しい情報をいただきました。
1972年の全日本ストックカー選手権で活躍した個体を再現したもの、とのことです。ここに改めて訂正させていただきます。

A_67bird.jpg

P&Yさんのamt製1967 Thunderbird。貴重なキットを素晴らしいクリーンフィニッシュ。ブログでは拝見していましたが、実物の美しさはひとしお。

A_70bird.jpg

こちらもP&Yさん作のamt(modelking)製1971 Thunderbird。完成後も車軸位置の適正化など、細かな調整を加えて今回のお披露目。カラーリング、ディテーリング文句無し。このキットをここまでちゃんとフィニッシュした人は、世界的にもレアかな!?

A_tbirds.jpg

ロードコマンダーさんが持ち込んだ、T-bird三兄弟。手前からRevellの'89(違うかも)、amtの1966、amtの1957の順。僕も1966を持ち込みましたが、こんな良い表情には作れなかったです。さすがベテランの技。

A_67chevelle.jpg

Revellの1967 Chevelle SS396。ホイールだけ遊んで、ボディはFactory Stockなゴールドってのがボク的にはツボ。

A_67GTO.jpg

映画Night and Dayでキャメロン・ディアスが乗ってた1966GTOを再現。ディスプレイも上手い。このキットは僕も組みましたが、意外とバンパーなどのフィッティングが悪いのですが、この方はそのあたりもキッチリ詰めています。

A_69_camaro_snap.jpg

RevellのSNAP版の1969 Camaroかな? こうやってみると車高とかトレッドとか、フルディテール版よりいいかもしれません。

A_69chevelle.jpg

こちらも中谷くん作のamt 1969 Chevelle。ちょっとストリートマシーンテイストなのがNice。キッチリ組もうと思うと手ごわいキットですが、見事このクリーンな仕上げ。

A_70cuda.jpg

Revellの改修後の1970 AAR 'cudaかな?factory stockなLimelight color、ボンピンの追加、おそらくエンジンルームもフルディテーリングな作例。素晴らしい。

A_1970bee_PS.jpg

amtの1970 Super Bee Pro Streetをキレイに仕上げた作例。カッコいい。エンジンはDOHCヘッドではなくOHV HEMIに換装されているのかな?

A_abiru.jpg

相変わらずクリーンなアビル御大作品群。ウカイの1964 Galaxieと1960 Galaxieも一緒に並べさせてもらいました。作風が似ているので、どっちがウカイ作例で、どっちがアビル作例か見わけがつかなかった人も多いかも(笑)。

A_cadi_1930s.jpg

イタレリの1933 Cadillac。ホワイトながらもボテボテ感無くシャープな仕上げ。

A_cadi_limo.jpg

ロードコマンダーさんが持ち込んだ、Jo-hanベースの'79 Cadillac Limo、amt 1963 Galaxie、そしてレアなフラットルーフの1963 Galaxieのプロモの3ショット。

A_chevy_PU.jpg

P&Yさんが持ち込んだ'57 & '65のChevy Pick Up。非常に清潔感あるフィニッシュ。

A_chevy_wethered.jpg

ウエザリングがとにかく上手なamtの1950 Chevy 3100。ドラム缶の質感にも脱帽。

A_citation.jpg

ちょっとユニークなのが、このスポコン風味なサイテーション。レアベースすぎて、この車種が分かった人は少なかったでしょう。おそらく。

A_cobra.jpg

切り取った箱の文字から察するにmonogramのSNAP式の1/32コブラ? ベアメタルを貼りこんでスステンボディを再現した力作。ひょっとしたらメッキ系塗料かも。

A_cobra_and_viper.jpg

Revellのバイパー、MonogramのCobra 427、amtのCobra 289を並べて、キャロル・シェルビーをトリビュートしたかのような一角。

A_desktopgarage.jpg

これがウカイブース。マニアック過ぎて、あまり会場では注目を集めていなかった模様(笑)

A_duster_hella.jpg

何とamtのDusterベースでヘラフラというか、街道レーサーアレンジを試みた一台。新鮮。でもカッコいい。

A_lark_cord.jpg

どこのメーカーかわからないのですが1937 コードとJo-hanの1962 Studebaker Larkが並ぶマニアック過ぎる一角。どちらもディテールまで手抜きなし。

A_OP_01.jpg
A_OP_02.jpg
A_OP_03.jpg
A_OP_04.jpg

今回、会場内でも1、2を争う注目を集めていたのが、オレンジパパさんの手による、Revell Chevy Vanベースのドーナッツ屋さんの移動販売車。これはベース車両をしっかりノーマル化した上で、移動販売車両のディテールをスクラッチ。うーん、素晴らしすぎますね。絶対に真似できません。

A_RC.jpg

こちらはおそらくRCボディベースの作例。ってことはたぶん裏塗りだと思うのですが、まあそのペイントの美しいこと。気の遠くなるようなマスキング作業の賜物なんでしょうね。

A_thirills.jpg

これもスゴかった! P&Yさんの大作、トーナメント・オブ・スリルスのコンプリートセット。4台、手抜きなし! 素晴らしいですよね。

A_ukai_saku.jpg

アビル御大コーナーで、ひそかにウカイフィニッシュをアピール。
このシャシーのカラーリングは、普通の方たちの目にはどう映ったのかな?
タラデガもお腹を見せて展示してました。

A_Superbee.jpg

monogramの1969 Super Beeを徹底的にディテールアップした作例。上手いですね~!
惜しむらくはホイール。コレでSuper Beeには標準の黒テッチンを履いていたらパーフェクトでしたね。

A_vinvin_type2.jpg

クニちゃんさんがZingerの向こうをはって持ち込んだのが、サニー(たぶん)製のバンバンデリバン(みたいな名前だと思います)改のタイプ2。確かタイヤに溝切ってあって、そこに紐をひっかけて綱渡りが出来るヤツだと思います。RevellのDeals Wheelsにも通じるカッコ良さ。
これ、確かスカイラインRSとかトランザムとか、ポルシェとか色々ありましたよね~。

A_vinvin_VW.jpg

クニちゃんさんは、何とタイプ2にとどまらず、ビートルも手掛けていて、チョップ仕様まで作成していたというヘンタイぶり(笑)。でも、コレ、面白いかも。

ということで、今回のレポートは終了です。

来年も皆様にお会いできるのを楽しみしています!

by ウカイ

コメント(12)

ウカイ様、web上では初めまして。昨年の名古屋及び某オークションでお世話になりました、ハンドルネーム、トリノ・タラデガと申します。 いつも楽しく拝見させて頂いております。
今年の名古屋もお疲れさまでした。 そしてこのデスクトップガレージに今回私が出品した作品を取り上げて頂けましたこと、光栄の至りであります。

今回私が持ち込んだ作品は6点でした。
童友社・改230セドリックのストックカー仕様、AMT改67年カマロのストックカー仕様、レベル・スナップ69カマロ、ハブレィ62ロールス、JO-HAN62ラーク、そしてリンドバーグ37コードでございます。

230と67カマロは実車が存在しまして、共に72年の全日本ストックカー選手権で活躍した個体です。AUTOSPORTS別冊日本の名レース100選“72年むつ湾300㎞レース”を資料に作りましたです。

37年コード812は旧PYRO・現リンドバーグのキットです。大変な難物でありましたf^_^; 全く似ていないのでボディー各部を切り刻んで、同車のキットとして名作のモノグラム製になるべく近づけるように手を加えました。二度と作りたくないキットでした(ρ_;)

比して、同年代製造であろうJO-HANのラークやハブレィのロールスは古いながら大変素晴らしいキットでありました。

私は基本素組み、缶スプレー吹きで研ぎ出し、磨きは一切行いませんですf^_^;
お手軽モデリング・手抜きをコンセプトでやっておりますので誰も見向きもしないであろうと思っておりましたので、本ページにて取り上げて頂けましたことには少々驚いておりますです(°□°;)

また来年の名古屋でお会いできることを楽しみに、そしてウカイ様の今後のご活躍を祈念いたします。
長文失礼致しました。

待ってました! いやぁ、流石ウカイさんのお目に留まるのは高レベルで、どれも素晴らしいです。
実車の世界でも散々弄って、売るときノーマルに戻して「あれ?こんなに乗り心地良かったんだ」的にストックの良さを感じるときがありますけど(笑)、模型も突き詰めていくとストックに行き着くのでしょうね。
ちなみに、バンバンデリバンの完成品って初めて見ました(汗)。このシリーズ大好きで結構在庫持っていたんですけど10年くらい前の湘南で叩き売ってしまい・・現在後悔中。このデリバンは結構弄られているようですね。タイヤとかも。
十分目の保養をさせて頂きました。有難うございマッス!

トリノ・タラデガ(マニアックなHNですね・・・笑)さん、
コメントありがとうございます。カマロの記述、失礼いたしました。セドリック、見事でした。コード、PYROでしたかー!スゴイですね。僕も中身を見て逃げ出した記憶があります。他のリンカーンなども。完成形を見る限り、正直PYRO製かどうかが判断できなかったので、相当作りこまれたであろうことは理解できます。製作スタンスは色々あると思いますが、完成させることに一番意義があると最近は思っています。僕も仕上げは缶スプレーですから。
来年は是非お話ししましょう!

美徳さん、
お待たせしました(笑)
考えてみるとアメリカ車はストック系が多かったかもしれませんね。このサニーのシリーズで、他の車種も結構魅力的だったように記憶しています。そしてデフォルメのセンスが抜群だった。確かファミリアもありましたよね?
このデリバンはタイヤは例の溝は埋めているそうです。
思わず集めたくなるのをぐっとこらえてます。。。

ウカイさん
アメリカ車&VW編に取り上げて頂きありがとうございます。
それにしても何も気付かずに見ていた作品群もウカイさんの解説でその凄さが判り目から鱗でした。

レポートお疲れ様でした!
シェビーバンの掲載もありがとうございます。
ウカイさんにキレイに撮ってもらうと嬉しい反面、
映りすぎてアラが見える・・・(笑

このシェビーバン、オーナーはヒルバレー在住のジェニファーなんです。
で、VWピックアップ(ビートル改)のオーナーはマーティ。

で、since1985ということは!?

バックトゥザフューチャー!!

初めまして、AAR CUDA, SUPER BEE作者まーさん(堤)と申します。
今回の掲載ありがとうございました。
 実は展示会自体初めてで、みなさんのレベルがすごく高く緊張してました。挨拶もできずにすみませんでした。

さてクーダですが、実は旧レベル作品です。新レベルは結構気になる点が多く、頓挫中です・・・。ウカイさんの情報ではまた新しくでるとか・・・今度はどうなんでしょうね。
SUPERBEEではホイールの指摘ありがとうございます。なんちゃってアメ車モデラーなので箱絵のまんま仕上げてしまいました・・・。
今後もアメ車にトライして行きますので機会ありましたら宜しくお願いします
 余談ですが一応当サイトのアドレスも貼ってみました

P&Yさん、
今回はお土産までいただいてしまい、ありがとうございました。ひそかにサンダーバード祭り、楽しかったです。来年はコルベット祭りでしょうか?(笑)
紹介したのは、僕もかけ足で撮影した範囲で気になった作品だけなので、他にもたくさんいいものがあったんだと思います。

オレンジパパさん、
ありがとうございます。シェビーバン、アラなんてあったんですか? かなり完璧だと思いますよ。それにしても、そんな深い裏テーマがあったとは・・・!

まーさんさん、
コメントありがとうございます。クーダ、まさか金型改修前だとは思いませんでした。ブログ拝見しましたが、フロントグリルのボディ外周部分、伸ばしてたんですね。サイドウィンドウの拡大も、まったく気づきませんでした。素晴らしいですね。Super Bee、すみません、他の部分の完成度が高かったのでつい生意気言ってしまいました。
新作も期待しております。今後ともよろしくお願いいたします。

トラックに続きアメ車乗用車の掲載、ありがとうございます。

ずいぶん前に作った作品で、埃、色あせなどが目立つものもありましたが枯れ木も山の賑わいで出品させてもらいました(汗)。

以前からアメ車中心に作ってきましたが、最近アメ車を作られる方が増えてきて嬉しいと共に、まだまだ腕を上げなければという思いに駆られています。

ロードコマンダーさん、
こちらこそ、掲載させていただき、ありがとうございます。OLD BUILDも結構味わい深くて、ボクは好きです。
アメ車、確かに良い作品が増えてきたのが嬉しいですよね。日本のキットもさんざん作り倒したからこそ言いたいのですが、やはりアメプラは作る楽しみが、日本のそれの比ではありませんからね。
来年はコルベット祭? P&Yさんに巻き込まれてみようと思います(笑)

コメントする

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

リンク

ガレージライフ
ホビダスオート
ホビダス
T'z Factory
アメプラを筆頭にNASCAR、モータースポ―ツ、ダイアリーなどをメインにしたT’zさんのブログ。プロモ風フィニッシュなどオリジナリティ溢れる仕上げも勉強になります。
Final Gear
ストリートロッドやKustom、街道レーサー系まで幅広いジャンルを網羅する美徳さんのブログ。実車もTバケを所有!(深い!)
MS0023msbufjsk-51459
ラリーカーから国産旧車、はたまた働くクルマまで幅広いカテゴリーをフォローするC水さんのブログ。カーガイでもあるため、実車の知識も豊富で、模型好きだけでなく実車好きも唸らせる作品を多数製作。
ゆきおWORK'S
アメリカ車モデラーの第一人者であり、プロモデラーとして名を馳せる畔蒜幸雄さんのブログ。ウカイも相当影響を受けました。
JUNK MODEL(ジャンクモデル)
ジャンクとは名ばかりで珠玉の作品の製作過程が楽しめるこーやんさんのブログ。'50-'60sのアメ車メイン。
ガレージはおもちゃ箱
愛車はトヨタのフラットツイン2台、cubというP&Y_FLAT_TWINさんのブログ。アメ車、アメトラ、バイクのプラモなど読みどころ満載のブログ。
くるまのプラモ製作記
国産キットをFactory Stockスタイルで、見事に化けさせる腕前の持ち主、ながせさんのブログ。題材は違いますが、ウカイと製作スタンスが近く、ここの読者さんも楽しんでいただけるハズ
ROCK a PLA BABY!
国産車をメインに作られているLet's Goマサル!さんのページ。作業工程は参考になることウケアイ。
1/43cu.in.(キュービックインチ)
1/43スケールのアメリカ車のミニチュアをメインテーマとするPonys41さんのブログ。アメ車のミニカーのアーカイブとして資料性高し!写真も美麗!
今日も一日ご苦労さん
トラック乗りにしてスケールトラックモデラーというロードコマンダーさんのブログ。アメトラが濃い!
Sportscar Graphic
1960-1970年代のスポーツカーを題材にした模型、イラスト、ミニチュアカー、ペーパークラフトなどを製作する、プロのイラストレーター、溝呂木さんのページ。
CARMODELS-HOMEPAGE
東海エリアの凄腕モデラーmatsuさんのホームページ。読んで字のごとく、カーモデルオンリーのサイト。内容充実。そして何より清潔感あふれるフィニッシュが素晴らしい!アメ車、国産旧車何でもありのオールジャンルで楽しませてくれます!

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.