趣味の総合サイト ホビダス
 

« すさまじくご無沙汰です。そしてなぜかMR2が! | トップ | GEO STORM promotional model car 考察 »

2006年3月28日

またまた日本車ネタ

■mpc 1/25 Toyota Supra, amt 1/25 Datsun 280ZX Turbo and monogram 1/24 Mazda RX-7

domestic.jpg

いきなり宣伝めいていて恐縮なんですが、ワタシがヘンシュウチョーを務めている雑誌、『J's tipo』はチェックしていただけましたか?
っていうのも、実車の本ではあるんですが、ワタシのアタマの片隅には「模型作りの参考にしてもらえたら嬉しいかも」って考えもあったりするので、是非手にとってみてください。

オススメはフルオリジナルをキープした、
極初期型S130の280Zと、S30の最後期にあたる輸出専用モデルの280Zの2台。
特にS30の280Zはドデカイ5マイルバンパーを装備したヤツでキモ・カッコいいでっせ。

そんなこんなで集めてみたのが上の3キット。
280ZXは'81年に当時マッチボックス傘下だったamtがリリースしたキットの'96年再販版。S130のキットといえば、タミヤの1/24という傑作キットがありますが、あちらはエンジンが上げ底式。でもってこちらはフルディテールな上に、輸出専用モデルであるL28ターボエンジン仕様というのがポイント高し! ですね。ボディはプロポーション抜群ですが、ちょっとモールドが甘かったりしますが、全然許容範囲です。
タイヤだけどうにかしてやれば、かなりいい線いくんじゃないかな。

で、RX-7は、'79初版のこれまた'96年再販ものですが、これもいいんですね。
スケールも1/24ですから、アメプラ、というか1/25スケールが駄目ってひとにもオススメです。
しかも当然エンジンも再現してあります(メチャいい出来!)。
たぶん1/24スケールの12Aロータリーって日本製キットにはないでしょうから、これは貴重です。
ボディのプロポーションも最高です。

最後はスープラですが、コイツもなかなかよいです。
日本ではセリカXXとして親しまれたモデルですが、アメリカでは2代目のスープラにあたります。
その最大の特徴であるウレタン製のオーバーフェンダーもしっかりとボディにモールドされています。
その辺が北米マニアにはたまらないところですね。
確かタミヤの1/24にもオーバーフェンダー付のペースカー仕様があったような気がしますが、
あれ左ハンドルも作れたんでしたっけね?(だれか知っていたら教えてください!)

あ~、作りたいなあ。
他にもブラットとか、620ダッツンとかいっぱい買ってあるんだけど。

by ウカイキャル吉

p.s. 投稿者がengakuとなっていますが、書いているのはウカイです。単にシステム上の問題ですのでご勘弁を。


投稿者 ホビダス | 2006年3月28日 21:14

COMMENTS

コメントする

« すさまじくご無沙汰です。そしてなぜかMR2が! | トップ | GEO STORM promotional model car 考察 »