趣味の総合サイト ホビダス
 

« 2006年7月 | トップ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月16日

君はダッシュカーを知っているか?

とちょっと古臭く、そして久々に更新。
ネタはプラモデルではなく、ミニカー。
正直、プラモデルはともかく、ミニカーに関してはあまり興味がない私。
しか~し、このダッシュカーだけは別。
妙に心惹かれてしまうのです。
簡単に言えば、1/43スケールのABS樹脂製(ちょっとしなりのあるプラです)のミニカーで、
下のイラストのようにオシリからブスっと棒を突っ込んで、
リリースボタンを押すと、車体に組み込まれたバネの弾性で、
シュポーンと発車(発射といった方が的確かも)する仕組みです。

昔、まだ私が名古屋に住んでいた頃(小学生の時分です)、トヨタへ工場見学に行った際に同じ構造をした2000GTのミニカーをもらった記憶があります。

ということで、まずはそのラインナップのマニアックさに唸ってください。う~む。と。

■1971 Ford Torino GT

■1972 Ford Torino GT

■1971 or 1972 Ford Mustang Mach-1

■1970 or 1971 Ford Thunderbird

■1971 or 1972 Mercury Cougar XR-7

どうですか?コレ。結構ヤバいですよ。
たぶん、もう一車種、マーキュリー・モンテゴがあるハズなのですが、
ずっと探し続けているにもかかわらず未入手です。
(10数年前、ダッシュカーに興味がない頃、どっかのスワップミートで見かけた記憶が……、今さら買わなかったことを後悔。たしか300円もしなかった)

ハナシがそれましたが、驚くのは、このダッシュカーが日本のメーカーの製品ということ。
O.K StarというメーカーがFUNMATEという会社に製作を依頼していたようです。
(ひょっとしたらO.K StarイコールFUNMATEという可能性もあります)
単品での販売もあったようですし、下のBOXの写真をご覧いただければ分かるように、
フォードGTシリーズとして、2台一セットでの販売も行なわれたようです。

■開封前

■開封後

そういわれてみると、どことなく、近鉄モータースっぽい?ラインナップですよね。
まだまだ日本でアメリカ車がステイタス性を保っていた時代の名残を感じることもできますね。

ネタはまだまだ続きます。

実はこのダッシュカー、同じ車種でも単品販売(もしくはノベルティ配布?)された場合で若干仕様が異なっていたようなのです。下の写真3点を見ていただければ分かるかと思いますが、ホイールが違うのです。

■1971 Ford Torino Wheels(右がセット販売仕様、左が単品販売仕様)

■1971 or 1972 Ford Mustang Mach-1 Wheels(右がセット販売仕様、左が単品販売仕様)

■1970 or 1971 Ford Thunderbird Wheels(右がセット販売仕様、左が単品販売仕様)

さらにパイゲンCという健康飲料?(オロナミンCみたいなヤツらしい……)のノベルティバージョンも存在するようなのです。ちなみにコイツをはじめて手にして以来、私はダッシュカーの虜になったのでした。

■パイゲンCノベルティ版

このダッシュカーについて詳しいことをご存知の方、是非コメントください。
あと、モンテゴを持っていて、譲ってもOK!という方、是非コメントください。

最後にダッシュカーの発射シーンを。

このダッシュ力、実車ならゼロヨン5秒フラットはカタい!でしょう。

by ウカイキャル吉


投稿者 ウカイ | 2006年8月16日 18:44 | Comments (1)

« 2006年7月 | トップ | 2006年9月 »