趣味の総合サイト ホビダス
 

« 2006年9月 | トップ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月27日

Jo-han 1970 Cadillac Eldorado 完成!でもね……

ついにエルドラド完成です。
でも、ちゃんとしたカメラがなくて、
きちんとコダワリのディテールの数々をお見せすることができません。

でも雰囲気はバッチリだと思いません?
自画自賛ですが。

今回はフードセンターのモールやロッカーモールディングはベアメタルではなく、
GSIクレオスのクロームシルバーで仕上げてみました。
結構いいですよ、コレ。

近日中にきちんとした写真をアップしますね。

byウカイキャル吉

投稿者 ウカイ | 2006年10月27日 16:16 | Comments (0)

2006年10月23日

Jo-han 1970 Cadillac Eldorado ボディワーク続編

コツコツ進行中のエルドラドですが、
考えたら全体像をあまりお見せしていなかったので、
今日はその辺を。

フロントグリル&バンパーとリアバンパーを仮留めしてみました。

■Front View

■Rear View

何となく完成像が見えてきたような。

そういえば、今作ろうとしているJo-hanの箱写真仕様ですが、
もう少し鮮明な元写真がゲットできたので貼っておきます。

1970_cadillac_eldorado01_68bc_big.jpg


こんな感じに仕上がるのでしょうか。

by ウカイキャル吉


投稿者 ウカイ | 2006年10月23日 15:20 | Comments (0)

2006年10月20日

開けたら最後!?

しばらく作業が滞っているのですが、海外の通販で注文していたブツが届きました。
上の写真がソレです。結構レアなボブ・シャープ・レーシングのSCCA仕様130Zです。
俳優としてはもちろん、レーシングドライバーとしても有名なポール・ニューマンの写真もばっちり決まった豪華版。カッコいいです。
でも問題は中身。メーカーはエアフィックスときています。
エアフィックスの130Zなんてあったのでしょうか。
ファクトリーシールド(ビニール包装)をビリビリっと破って中身を見たい反面、
開けてしまうと色んな意味で価値が……。とかセコイ悩みを抱えているオトコ33歳。
スケールは1/24なのでひょっとするとアメリカ製じゃないのかもな?

編集部の無駄な知識王チャボの推測(当たるときは当たるが時に大ボケも混じるので要注意)によれば、
グンゼの130Zに同じ仕様のヤツがあるとか。で箱の写真を見せてもらうと、確かにそうかも。
その箱は写真ではなく、イラストでしたが、同じ#33のゼッケンを付けたボブ・シャープ仕様が描かれています。ただし、確かにカラーリングはボブ・シャープ仕様ですが、ノーマルにフロントスポイラーを付けただけのナンチャッテ仕様とも受け取れます。

う~ん、開けりゃ答えは分かるんですがね。
開けた瞬間25ドルの投資が無駄に……、なんてことになりませんかねえ。
ボク、不思議とメイドインUSA以外は反応しないんですよ。
中身がもし日本製だったら……、
う~ん微妙じゃ。

真相を知っている方、コソっと教えてくれませんかね?

by ウカイキャル吉

投稿者 ウカイ | 2006年10月20日 17:13 | Comments (0)

2006年10月12日

Jo-han 1970 Cadillac Eldorado ボディワーク編

先週末は三連休だったので作業も少々進みました。
その成果は下のとおり。レザー(バイナル)トップ部分を仕上げてみました。

どうでしょう?
結構いい雰囲気だと思いませんか。
レザートップの表現方法は人によって様々だとは思いますが、
ボクは塗装で表現するやり方が一番やりやすいんですね。
世の中便利なもので、模型用のレザートップなんてものも出ていますが、色が白と黒しかないのと、キレイに張り込むのが結構難しかったりもするんです。

塗装の手順としては下記のとおり。
①しっかり脱脂する。
②レザートップ化したい部分以外をマスキングする。
③実車用のサフェーサー、プラサフ(ソフト99製)を遠目から表面がザラザラになるように吹く
④GSIクレオスの缶スプレーのツヤ消し黒(#33)を遠目から満遍なく吹く。
⑤ボディカラーのブラウンメタリックにツヤ有りの黒を足して、
 ダークブラウンとした塗料をエアブラシで吹く

上記の作業に当たって注意したいのは、行程⑤。
塗料はエアブラシの塗料噴出ノズルが詰まるか詰まらないかくらいの、
かなり濃い目にするのがポイントです。
あんまり薄いとツヤが出てしまったり、表面がクタっとなってしまったりするのです。
それと②のマスキングですがこれも重要。
例えばリアウィンドウの窓枠などはレザートップと同じ質感になっては困るので、
しっかりマスキングしてやる必要があります。

さて、レザートップが仕上がったら、今度はモールディング類を再現するために、
↓ベアメタルフォイルという糊付き金属箔を貼りこみます。

といっても今回は作業の途中であまりにモールディングが多くて挫折。。。
中途半端なままでの画像アップをお許しください。

それにしても一難去ってまた一難とはまさにこのエルドラドのこと。
車高が普通に組むとえらいことになっています。↓

この前上がり車高もローライダーっぽくてカッコいいですが、
目指すはFactory Correctスタイルということで要調整です。

何とか年内には完成にこぎつけたいもんです。

by ウカイキャル吉


投稿者 ウカイ | 2006年10月12日 15:04 | Comments (0)

« 2006年9月 | トップ | 2006年11月 »