趣味の総合サイト ホビダス
 

« Jo-han 1970 Cadillac Eldorado ボディワーク編 | トップ | Jo-han 1970 Cadillac Eldorado ボディワーク続編 »

2006年10月20日

開けたら最後!?

しばらく作業が滞っているのですが、海外の通販で注文していたブツが届きました。
上の写真がソレです。結構レアなボブ・シャープ・レーシングのSCCA仕様130Zです。
俳優としてはもちろん、レーシングドライバーとしても有名なポール・ニューマンの写真もばっちり決まった豪華版。カッコいいです。
でも問題は中身。メーカーはエアフィックスときています。
エアフィックスの130Zなんてあったのでしょうか。
ファクトリーシールド(ビニール包装)をビリビリっと破って中身を見たい反面、
開けてしまうと色んな意味で価値が……。とかセコイ悩みを抱えているオトコ33歳。
スケールは1/24なのでひょっとするとアメリカ製じゃないのかもな?

編集部の無駄な知識王チャボの推測(当たるときは当たるが時に大ボケも混じるので要注意)によれば、
グンゼの130Zに同じ仕様のヤツがあるとか。で箱の写真を見せてもらうと、確かにそうかも。
その箱は写真ではなく、イラストでしたが、同じ#33のゼッケンを付けたボブ・シャープ仕様が描かれています。ただし、確かにカラーリングはボブ・シャープ仕様ですが、ノーマルにフロントスポイラーを付けただけのナンチャッテ仕様とも受け取れます。

う~ん、開けりゃ答えは分かるんですがね。
開けた瞬間25ドルの投資が無駄に……、なんてことになりませんかねえ。
ボク、不思議とメイドインUSA以外は反応しないんですよ。
中身がもし日本製だったら……、
う~ん微妙じゃ。

真相を知っている方、コソっと教えてくれませんかね?

by ウカイキャル吉

投稿者 ウカイ | 2006年10月20日 17:13

COMMENTS

コメントする

« Jo-han 1970 Cadillac Eldorado ボディワーク編 | トップ | Jo-han 1970 Cadillac Eldorado ボディワーク続編 »