趣味の総合サイト ホビダス
 

« Revell 1966 Pontiac GTO完成! | トップ | Jo-han AMX 続編 »

2007年1月17日

今頃アケオメ。

え~、方々から「最近更新してないね~」などと言われる度に、
あっ、意外と読者がいるんだなどとほくそえみつつ。。。

で、久々のお正月休み、色々と手がけてみました。

まずは↓の写真。

何だか分かった方、おめでとうございます。ただのマニアです。


実はかつて(中学生の時)作ったコレ↓を今のテクニークで作るとどうなるかな?
と思ってはじめたプロジェクトでした。

■front view

■rear view

■engine hood

ベースにしたのは、Jo-hanのShirley Shahanという女性ドライバーの買ったDrag-on-lady(ドラゴンレディって読むんでしょうね)仕様のAMX/SSのキット。これを無理矢理ストック風に組んだわけですが、エンジンフードにはエアファンネル用の穴が開いていたり、ストックのホイール、エンジンなどが付いていなかったりで結構苦戦した記憶があります。ただ、グリルと一体成型だったヘッドライトを繰りぬいて裏からカップをあてて、レンズを入れたり、ヘッドライトカウルのスジ彫りを追加していたりと、なかなかカッコよかったりします。でも、当時はエンジンに対する知識がまったくなかったので、エンジンは作りませんでした。

■box


ちなみに、今回製作をはじめたのが、上のストック版(kit#C-4369)で、かつて作ったのが下のドラッグ仕様(C-3069)であります。


というわけでまずはエンジンを作ってみようと思ってはじめたら、コレが大変。

■C-4369 Box art


だってC-4369に入っているエンジンって、↑の箱絵にあるように、AMXには本来搭載されていない327cu.in.のV8で、エアクリーナーをはじめ、デスビのささる位置、ウォーターポンプ形状、バルブカバー形状など、腰下はたぶんほぼOKなんでしょうが、補器類の取り回しがまったく違うんですよ。
たぶん、これ同社のランブラー・マーリンに入っていたエンジンそのものでしょう。
このへんのいい加減さがJo-hanらしいんですけどね。

ちなみに↓の写真が正しいAMX用の390cu.in.ユニットです。

■AMX 390cu.in. V8

全然ちがうでしょ?

なので、この辺にコダわりだしたらきりがなくなって。。。

続きは近日中に。

by ウカイキャル吉


投稿者 ウカイ | 2007年1月17日 18:11

COMMENTS

コメントする

« Revell 1966 Pontiac GTO完成! | トップ | Jo-han AMX 続編 »