趣味の総合サイト ホビダス
 

« AMC Pacer磨き完了 | トップ | Revell 1968 Volkswagenもやっと 完成! »

2009年6月 5日

AMC Pacer完成!

VWをアップしたばっかりですが、出し惜しみしても仕方ないので、こちらもご覧くださいませ!
細かい説明はあとまわして、写真をバシバシといきます。

このペーサーは基本的に素組というやつですが、
エンジンフードとボディのチリ合わせやスジ彫りなどは徹底して手を加えました。
タイヤはRevellの'66GTO用を使い、GoodyearのロゴはSHABOのインレタを使用しました。ホイールはメッキのギラつきが気になったので、GSIクレオスの#46クリアーのスプレーをさらっと吹き付けて、トーンを落としています。
一番手を入れたのはヘッドライトまわり。
まずは一度モールドされたヘッドライトをくり抜いて、裏からメッキのカップ(今回はamtの'65エルカミのキットに入っていたカスタム用ヘッドライトのカップを利用)をあてて、クリアーレンズを付けています。
ボディサイドのペーサーの文字は
キットでは凸モールドで表現されていますが、実車はステッカーなので、
モールドを削り落としてTAKIGAMI製デカールを貼っています。

エンジンはできる範囲でディテーリング。
プラグコードとヒーターホースを配管しました。
両方ともModel Car Garageのディテーリングパーツを使っています。

うーん、なかなかいい感じじゃないすか?

この時代のmpcってちょっと手を加えてやると、トンでもなくいい雰囲気になります。

さて、山ほどの作りかけキットの仕上げを続けましょうか。

ではでは。

by ウカイキャル吉

投稿者 ウカイ | 2009年6月 5日 18:05

COMMENTS

こんばんわ♪

ペーサー完成スゴイ&カワイイです。
私はジャンクのHWパッキンペーサーをレストア中です。
プラモサイトでミニカーの話スミマセン(笑)

このペーサーも左右ドアの長さが違うのでしょうか?

シャシーの色が毎回参考になります。

投稿者 Susie : 2009年6月 8日 02:25

Susieさんこんにちは~。
コメントどうもです。
ホットウィールのカスタムも7~8年前にデイトナ/デュース編集部時代にさんざんやりましたので、全然OKです。最近はご無沙汰ですが、マッスルカーはチマチマ買っています。510ブルーバードも思わずゲットしてしまいましたが。ペーサーは左右ドアの大きさはちゃんと違います。と書いていて、写真をよくみたらキーホールを付けるのを忘れていたことに気付きました。
シャシーはAMCに関しては、実は確証がなくてやや想像に任せたところもあるのですが、モノコックボディですからたぶん合っていると思います。
レストア、完成したら是非、写真送ってください。

投稿者 ウカイキャル吉 : 2009年6月 8日 11:05

こんにちは、ご無沙汰しています。
ペーサー完成、おめでとうございます。
この年代のアメ車(乗用車)はあまりパッとしない頃なので、完成車を見るといいもんですね。
逆にトラックはこの年代が花盛りでしたので、脇役として大変興味があります。
マタドールの4DRなんか特に注目しているのですが・・・。

投稿者 ロードコマンダー : 2009年6月 8日 11:52

ロードコマンダーさん、お久しぶりです!
体調はいかがでしょうか?
ペーサー、自分で言うのもなんですが、作例をこれまで見たことがなかったものですから、すごく新鮮です。マタドールはどこかの映画でパトカーを見たような……。でもキットがないですもんね。amtからキットの出ている2Drは全然カタチが違いますから、さすがにベースにならないですからね。REBEL THE MACHINEあたりをベースにするのはちょっともったいないですし。
トラックといえば、こーやんさんがスゴイモノを作ってますね。しかもスゴイペースで。
私もひそかにA100の製作をスタートしました。あとコルベアを。

投稿者 ウカイキャル吉 : 2009年6月 8日 14:12

そういえば、HWのサンダーボルトのコンテストやっていましたね♪

ぶしつけな質問で失礼します。
完成したプラモの写真どこに送れば良いのでしょうか?

復活モデラー?なので完成は100万光年先の話ですが(笑)

ウカイさんに見ていただけるだけで満足です。

投稿者 Susie : 2009年6月 9日 02:55

Susieさんどうもです。
サンダーボルト、懐かしいですね〜。
タンポ印刷はがしたり、車高変えたりとかやってました。
写真は、もしコメントする時に書いていただいているメアドがリアルでしたら、
そちらに私からメールします。アドレスが別にあるようでしたら、
コメント欄にお書きください(もちろん公開しませんので、ご安心ください)
楽しみにしてます。

投稿者 ウカイキャル吉 : 2009年6月 9日 08:53

こんばんは。

完成おめでとうございます。トミカと同じ黄色が懐かしいです。デカールとカップまわりはグッときました。(笑)
これは76エルドでチャレンジしたいですね。

マタドールのセダン。私も欲しいです。(爆)
あの冴えない感じがイイですよね。
が、当然ないので別な車をセダン化(また)してます。

投稿者 5マイルバンパー : 2009年6月 9日 21:46

5マイルバンパーさん、こんばんは。
デカール、ボクは作れないので、人任せなんですが、ホントいい出来なんですよ。それにしても角4灯のカップはハードル高いですよね。'82エルカミとか'76カプリスとか、それでめげてる感じですから。
何か国産のキットにないもんですかね?
クレスタの角4灯あたりでありそうな気もするんですが。
次の作品、楽しみにしてますね。

投稿者 ウカイキャル吉 : 2009年6月 9日 22:36

すばらしいです。

実は私の実家は当時、AMC社の代理店をしており、ほとんど全てのAMC車に乗った経験があります。
その中でも、印象の深いペーサーにマニアがいること自体うれしい事です。

その父もなくなった今、なんだか改めて
心惹かれています。流行のオールディズっぽい方に受けそうにない雰囲気が最高にしびれます

多分実際に所有する事はないと思いますが、
ナッシュやスチュ-ドベーカ等から親しんだ年代には、当時の自動車に賭ける父の姿が忘れられなくも懐かしいのです

投稿者 kirara : 2009年7月 1日 22:29

kiraraさん、こんばんは。
素晴らしいメッセージありがとうございます。
AMCの代理店をされていたとのこと、非常に驚きました。
昔のカーグラフィックなど見ると、確かにランブラーの代理店の広告などみましたが、子供の頃にはPacerとEagleくらいしか、日本の路上で遭遇した事がなかったので、何とも貴重なお話です。一度お父様にお会いして、当時のお話などをおうかがいしたかった……。当時のお写真などもおありなのででしょうか?
もし、kiraraさんもブログなどされているようでしhたら、是非お教えください。
この場で非公開でもコメントは拝読できますので。

投稿者 ウカイキャル吉 : 2009年7月 2日 00:07

ありがとうございます。

昔のカーグラを見ると実家の宣伝があったりしますので、ちょっと冷や汗モノです(^^;)

イーグルの頃は既にメイン代理店の山洋さんが不景気でしたので私の記憶は
ホーネット(*1)、キャッシーニ(*2)、ペーサー付近で終わっています。

それ以前なら鮮明に覚えていますので(年齢が解かってしまいますが)、アンバサダーやらマタドールセダンやら、ジャベリン、グレムリンなど詳細までしっかり覚えています。
ジャベSST(*3)は当時無名のギタリスト、今では巨匠と呼ばれる方が愛用していたので、子供心にカッコいいと憧れたものです。

当時の写真も幾らかありますが、車をバックに撮った家族写真ばかりです。

古き良きアメリカの夢を実現したナッシュやスチュードベーカーの意思を引き継ぎ、巨大化する一方の他社を尻目に小型化を進め、時代を先取りしすぎた悲劇の合同体企業。
デロリアンより挑戦的だった企業が忘れられているのは悲しい事です。

しかしこうしてマニアの方が支えてくれているので、なんとなくほっとしますね。
尚、私はブログというものを持っていません。
何かありましたら、メールのほうへお願いします。

(*1)イーグルの前身でセダンからクーペまで揃っていたミドルサイズのシリーズ。クーペは007黄金銃でボンドカーだった。
蜂のマークがカッコよかった。
(*2)マタドールのクーペモデル。007の黄金銃を持つ男で空を飛んだ、ちょっとイタリア車っぽいラインが素敵だった。
(*3)ジャベリンのロングノーズモデル。スポイラーの無いスマートさが売りだった。ショートのホットモデルはAMXとコンセプトカーのネーミングが付いていた。

投稿者 kirara : 2009年7月 6日 21:49

kiraraさん、お返事ありがとうございます。
やはり、カーグラの広告の……!
私は36歳ですので、リアルタイムでは知る由もないのですが、あの広告の時代をリアルタイムで過ごされていたのが、何とも羨ましく思います。今と違って、'80年頃まではカーグラの中古車屋の広告にはアメリカ車が溢れていますよね。クーガーやリンカーン、マスタングなどに混じってAMCのクルマがひっそりとまぎれていたりすると何だかうれしくなったものです。それなりにAMCには興味を持っていたつもりでしたが、キャッシーニという車名ははじめて耳にしました。
ジャベリンSSTもちゃんと日本の路上を走っていたのですね。それにしても、あの時代の広告に載っていたアメリカ車たちはどこへ行ってしまったのでしょう。
おそらくは解体屋で潰されきってしまったのでしょうが。
ちなみにAMXの2シーター車も日本に新車で入っていたのでしょうか?
すごく興味があります。

投稿者 ウカイキャル吉 : 2009年7月 6日 22:45

速攻のレス!ありがとうございます

まさにリアルタイムでしたね。
特に実家が自動車業でしたので普通の人より遥かに大量接触をしているはずです。

キャッシーニはマタドールクーペキャッシーニという名前だったかと記憶していますが、「007黄金銃を持つ男」の中で敵側の人が愛車で使用していました。最後は空を飛んでどこかへ行ってしまうのですが、映画で雄姿が確認できます。

ジャベSSTは数台のみ輸入されましたが(確か5台)現在はどうなった事やら・・・
AMXそのものはショーカーのため見たことがありませんが、ジャベリンAMXの2シーターは通関を通すための最初の1台を見ました。しかしその後2+2になり日本で発売されました。確か400万ちょっとで当時の初任給が5万位の時代に凄く高い車だった記憶があります。
なお、グレムリンにもAMXがありました。AMXはAMC社のホットモデル共通のネーミングだったのかもしれません。

ペーサーも本国で一世風靡したらしいですが、コンセプトがホンダシビックをアメリカサイズにしたようなものですから、オイルショックをまともに受けたのでしょう。現物はかなりでっかい車でしたから。

本国でもめったにお目にかかれないAMC車、粗悪だったのかある一定距離を走るとガタが来るようだったし、GMと異なり部品の供給がほとんどできなかったので解体の運命をたどったのでしょうね。

意外と覚えているもんですね(^^)

投稿者 kirara : 2009年7月 7日 09:57

kiraraさん、こんにちは。
素晴らしいお話に何だかワクワクします。
AMX、通関はしていたんですね。
昨今は'68~'69年モデルが並行輸入で、2~3台は入っているようで、イベントなどで見かけたことがあります。'71~のモデルも何台か存在するようです。グレムリン時代のAMXはニュルブルクリンクの24時間レースに出ていたんですよね。
ペーサーは2台ほど乗ったことがあります。どちらも直6のモデルでエンジンこそあまり面白みのないフィーリングでしたが、独特のルーミーさが今も記憶に残っています。
AMC車はグレムリンとペーサーに関しては、何度か実車を買おうと思ったことがありますが、パーツ面でどことなく不安なので、なかなか手が出せないんです。
結局今は2台のフォード('70 Ford RANCHEROと'83 Mercury ZEPHYR)を飼ってるんです。
すでにご覧になっていただいているかもしれませんが、下記アドレス、以前製作したAMXの記事です。
http://www.hobidas.com/blog/j-tipo/desktop/archives/2008/06/amx_finished.html
取り留めの無いコメントで申し訳ございません。

投稿者 ウカイキャル吉 : 2009年7月 7日 11:09

コメントする

« AMC Pacer磨き完了 | トップ | Revell 1968 Volkswagenもやっと 完成! »