趣味の総合サイト ホビダス
 

« 2009年7月 | トップ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月29日

240Zペイント完了

ちょいと仮眠はとりましたが、ひたすら頑張って、ついにボディ塗装までこぎつけました。
アゴの整形を終え、
スジ彫りを追加(ドア下、フロントバランスパネル、ライトベゼル周辺)、
さらにリアバランスパネルのマフラーの逃げを追加。
そしてヘッドライト周りの切り欠き(シュガースコップって呼ぶんですよね)を
大きめに削り直してオメメぱっちり。

これらをすべて終えてから、
ボディを1000番で研ぎ出して、ホワイトサフェーサーをショット。
ついで本塗りのオレンジをエアブラシで吹き、
GSIクレオスのクリアーの缶スプレー(#46)を垂れる寸前まで2コートして完了。

明日一日置いたら、コンパウンドで磨き出して、ディテーリングして完成となります。

何だかいい感じになってきました。

間に合いそうな気がする〜♪

ビール飲んじゃお。

by ウカイキャル吉


投稿者 ウカイ | 2009年8月29日 20:29 | Comments (0)

2009年8月28日

240Z三歩進んで二歩下がる

ここ数日、この240Zのせいで寝不足が続いています。
家に帰って朝方まで作業して、ちょっと寝て出社という日々。
その甲斐あってかリアセクションはほぼ作業が完了。
だいぶそれらしくなってきました。

前回のブログにも書きましたが、
RevellのZは素組みするとバックパネルが下方向にものすごく逆スラントしているのです。
ご参考までにgoogleで発見した、素組の写真を載せておきます。

実車は、ほとんどスラントしておらず、垂直にストンと切り落とされバランスパネル部分のみ下方に絞り込まれていく形状となっています。
これを再現するために、リアクウォーターパネルの下端を、瞬着を使って延長。
さらにバックパネル全体をボディ側に瞬着で一体化してしまいました。
あとはテールゲート下端のエッジを少し先鋭化してアクセントをつけました。
結構イイ感じになってきました。

一方で、もうひとつの課題だった
フロントのバランスパネル(アゴ部分)の整形は上手くいきません。
基本的には瞬着を盛って削るだけなのですが、なぜか削りすぎてしまって、
狙った厚みが再現できません。
ということで、もう一度瞬着を超テンコ盛りにして挑戦。
ほとんどチンスポイラー状態ですね。

今日はここまでですが、今晩家に帰って、アゴを削り込んで、
スジ彫りを終えれば明日サフェが入りそうです。

あとはぶっといAピラーを直すか直さないか。
直してたら終わんないし。。。

あとで手抜きとか言われたらヤダナ。。。

そして眠し。

でもZはカッコよし。

by ウカイキャル吉

投稿者 ウカイ | 2009年8月28日 14:12 | Comments (6)

2009年8月24日

240Zさらに少し進行

さてさて、まったくもって1週間ほど手付かずだったRevellの240Zですが、
このままだと本当に間に合わないので、週末は寝食を忘れて(本当は食いましたし寝ましたが)頑張りました。

まずは一番面倒くさい車高調整。
基本的に世の中、模型といえばだいたい車高は下げますが、私はだいたい上げます。
模型の場合、デフォルトが実車よりも車高が低めなことが多いんです。
なぜってそりゃカッコいいからでしょう。でも上げちゃいます。
トレッドもまたしかりで、しっかりナロートレッドにしてます。
でも、私の場合、カッコよくなくてもいいから実車の雰囲気を出したいんです。
ということで↓の感じに調整。

フロントはストラットをちょこっと加工して上げて、
トレッドは前後ともバックホイールを薄くスライスしてナロード。
リアは完全にデフとアクスルを切り離し、車軸の位置を変更して上げています。
この車高と、ほっそいタイヤと純正ハブキャップがベストマッチ。

車高およびトレッド調整で切った貼ったしていますが、裏からみてもそれを感じさせないようにするのがミソです。シャシーは、アメ車と一緒ですが、電着のグレープライマーにボディカラーを両サイドからうっすらと吹き付けています。

でも、今回の本題はエンジン。
私思いますに、これ、あまたのL型エンジンの模型の中でもベストなんじゃないでしょうか。

キットのエンジンパーツはなぜかほとんどがメッキされているので、
まずは全部はがしてからペイントしています。
メッキはキッチンハイターにつければサラッと落ちますが、
実は一番重要なのはメッキの下に塗られている下地塗料をちゃんとはがすこと。
これをしないと、メッキをはがして、上から色を塗ってもボッテボテになります。
でも、プラグコードとブローバイのホースを追加した以外はキットのままですが、
すごくいい雰囲気です。
L24は意外と資料が少なくて苦労しましたが、J's Tipoを食い入るようにみてディテーリングしました。
下はエンジン単体。L型のブロックは微妙なブルーグレーなので、それを再現するのにシック八苦。
でも、かなりイイセンいっているんじゃないでしょうか。

実機は結構でっかいL型ですが、模型だとこじんまりしていてかわいいもんです。
L独特のムワワワという排気音が思い出されます。

あとは、このキットで一番大変なボディの手直しに着手。
薄っぺらすぎるアゴは、まず瞬着をモリモリ。
このあとゴリゴリ削る予定です。

ついで、ちょっとカッコよくデフォルメされすぎてしまっているリアセクション。
一番上の写真のように、リアのバックパネルが、キットでは大きく下に絞り込まれていますが、
実車はわりと垂直に下にストン、と落ちているんですね。
ということで、そこを瞬着で修正。

写真で白っぽく見える部分が瞬着で伸ばした部分です。
伸ばしたい部分に裏からマスキングテープを張って、表から瞬着をボテボテと盛って、
削り込んでいくとこんな感じになります。
あ、ホイールも塗りました。
エアブラシでタミヤのエナメルのメタリックグレーを全体に吹いて、
メッキ部分はシンナーを含ませた綿棒でメタリックグレーをはがしています。
根気よくやれば、マスキングするよりキレイにできます。

さてさて、締め切りまであと1週間。
果たして間に合うのでしょうか(汗)。

by ウカイキャル吉

投稿者 ウカイ | 2009年8月24日 14:27 | Comments (8)

2009年8月11日

240Zやや進行

ここのところ、全然作業をしていませんでしたが、
週末は少し時間があったので不安定な天気の合間をぬって、ペイント。
なんせ私、基本的には屋外ペインターなので、作業が天候に左右されるのです。

とりあえず、シャシーをニュートラルグレーでペイントしてみました。
しかし実際塗りあがってみると、なんかノッペリしていてイマイチ。
分かりきっていたことなんですが、
このRevell製240Zはシャシーまわりのモールドが結構省略されていまして、
「まあいいか」と思ってシカトしておこうと思っていたのですが、
やっぱり出来ないんですね。
ということで、フロントのスカットルからフロアにつながるサブフレームをエバーグリーンで新造しました。
まあ、無いよりはいいかな……っていう程度ですが。

このあと、もう一度ニュートラルグレーで塗りなおしたら、
ボディカラーをうっすらシャシー横方向から吹き付けます。
ホイールハウスとかが、なんとなくボディ色になるくらいにですね。

と、その前にボディ色を決めなくては。
というか、最初から色は心にきめていたんですが。
そのボディ色は↓。

GSIクレオスの黄色をベースに赤、白、黒を掛け合わせて、日産純正のオレンジを調色。
微妙に野暮ったいオレンジなのがポイントです。
普通は使わない白を入れたのも、ちょっと彩度を下げたかったからなんです。
カラーチップは知り合いの“スーパーZカーフリーク”からお借りしました。

日本仕様好きの方にも「いいな」って思ってもらえる、US仕様を目指して頑張っております。

昨日モデルカーズのバッハ君に確認したら、
8月いっぱいが締め切りだとか。。。
ヤベー。ちゃんと間に合うのだろうか。

by ウカイキャル吉

投稿者 ウカイ | 2009年8月11日 13:56 | Comments (3)

2009年8月 7日

微妙なキット

ここのところ、まったく製作が進んでいないので、雑ネタです。
私、基本的にはアメ車ちゃんですが、
実際のところ何でも好きです。
小さい時に乗りたかったクルマはハコスカのGT-Rで、
家のクルマもスカイラインワゴン数台~グロリアワゴン数台(ワゴンというのがミソです)と、知らず知らずのうちにプリンス派となっていました。
その後タテグロに興味を持ち、それがポンティアックのコピーだということを知り……気がつけば今の道へ。
まあ、昔からカーグラとカーマガを読んでいたこともあって、
欧州車も嫌いじゃないんです。

ranchero%20002.jpg

↑ウチの親にもらった、私のファーストカーがY30でした。
これもイイクルマだった。レアなV6&M/T車でしたから。
2リッターブロアムキャップにホワイトリボンで地味地味系。
オレンジ&車高短時代のランチェロとのツーショット。

でハナシがそれましたが、本題の微妙なキット。
↓がソレ。

コレ、昔、模型屋で見て”カッコワリーポルシェだなあ”とか思ってたヤツなんですが、
久しぶりに海外のサイトで発見して衝動買いしてしまいました。
RX-7みたいなポルシェと揶揄された924です。
ブランドはモノグラム。エンジンレスの簡略シリーズのアイテムで、
他にはS30の280Zとかフォード・カプリとか超ビミョーなヤツがありました。
でこの924ですが、当然バリバリのUS仕様。
日本で実車だったら、もっとも敬遠される5マイルバンパー&サイドマーカー付きですが、
これがタマランのです。
たしか、何号か前のモデルカーズにこの作例が出ていました(すごくキレイな作例でした)。
他にも924ターボとレース仕様があったと記憶しています。
まだシュリンクをあけていないのですが、結構ワクワクします。
ショボイ純正のホイールがまたイイ。
作らないかもしれませんが、こういうキット、好きなんです。

ちなみに、最近、本業は編集からホビダスオートダイレクトという物販系にシフトしているのですが、
個人的にイイと思ったものをガンガン仕入れています。
最近の注目株はコレ↓

ポルシェとロスマンズといえば、やっぱ956ですよね。
タミヤの1/24で作りましたよ。New Manポルシェとかね。
このドライビングシューズは、Porsche design × Adidasの絶版なって久しいものなんですが、
たった5足だけ確保できました。

履くのはちょっとためらわれるデザインと、レアっぷりですが。
近々売り出します。
多分、3万円くらいになる予定ですが、よくないすか?

今週末は、Zの続きを頑張ります。

ではまた。

by ウカイキャル吉


投稿者 ウカイ | 2009年8月 7日 09:56 | Comments (5)

« 2009年7月 | トップ | 2009年9月 »