趣味の総合サイト ホビダス
 

« 東京コンクールデレガンス雑記 | トップ | オススメな本 »

2010年7月30日

第86回モデルカーズコンテストに挑みませんか?

新しいモデルカーズが出来上がったとのことで、パラパラと眺めてみると、
フムフム巻頭特集はアオシマの新金型カウンタックの大特集で、実車の変態的ディテールファイルも載っていて、こりゃ参考資料には必携の書ですぞと思いつつ、アオシマ、タミヤ、マルイ(!)、フジミのカウンタックの作り比べに感心しつつ、国内外の大量のカウンタックプラモが紹介されていて、JO-HANの'70ロードランナーをかのアビル先生が製作していたりと、パラパラ。

そうそう、このロードランナー君、ボクがebayで買って、いつか作ろう(リビルド?)しようと思っていたジャンクなんですよ、元は。でもそんなことをまったく感じさせない、素晴らしい仕上がり。さすがアビル先生。ちなみにmonogramの'70 RRやGTXもぜんぜん好きですが、やっぱりJO-HANを見てしまうと、こっちの方がイイのです。ということで是非堪能してやってください。

でもって、さらにページを進めると、巻末の方にちょいと気になるページが。
そこにはこう書かれています。

第86回のテーマ アメリカのクルマ
応募受付期間:2010年9月1日~10月20日(編集部必着)
応募作品発表予定:モデルカーズ176号
「アメリカ車はもちろんのこと、日本車やヨーロッパ車の輸出仕様車および現地生産車も含めた、"北アメリカの自動車"を募集します。カナダや南アメリカの車輌は対象外となります」

■モデルカーズコンテスト応募要項
○モデルのスケール、ジャンルは限定しません。
○応募の作品は2L(キャビネ版)のカラープリント2~10カット、およびモデルの解説(ベースモデル、改造箇所など)を分かりやすくまとめたものを下記住所まで郵送してください。なお原則として、応募していただいた写真と原稿の返却には応じかねますのでご了承ください。
○住所・氏名・電話番号を明記してください。
○初投稿の方、および投稿3回未満の方はその旨を明記してください。
○作品がテーマの対象となるか否か、判断に迷う場合は編集部までお問い合わせ下さい。

■すべての宛先
〒152-8545
東京都目黒区碑文谷4-21-13
株式会社ネコ・パブリッシング
モデルカーズ編集部 モデルカーズコンテスト"アメリカのクルマ"係 宛て

とのことです。

どうでしょう?

何となくダラダラ作っていると、何となく何も完成しない、、、という悪循環にはまっているアナタ(ボクもですが。。。)参戦しませんか。

ボクは参戦します。

一緒に盛り上がりましょう!

そういえば昔使ったシリーズですが、まだありました。
これは正確にいえば17年前の作品です。旧っ!
モデルはmonogramの1969 Dodge Super Bee SIXPAK。
基本素組ですが、ホイールはどうしてもこのブラックテッチンホイールにしたくて、
THUNDERBOLTのキットに入っていたリアホイールを4本流用しました。
タイヤは手書きのレッドリボン。当時はインレタとかなかったので、マジで手書きです。
カラーはタミヤのイタリアンレッド。今見るとちょっと「?」な色調ですが、レッドボディにホワイトインテリア、というのがコダワリでした(ちゃんとこの仕様の実車があります)

69_bee_fr.jpg

69_bee_rr.jpg

仕上げはモデラーズのスーパークリアだったような気が。懐かしい。
そうそう、monogramのGTXの写真も撮ったので、以前紹介したことがあるやつですがついでにコッチもアップしときます。

70GTX_Re.jpg

なかなか悪くないんでないかい? と思いますが、JO-HANと較べちゃうとやっぱりね、って感じ。

昔はmonogram派だったんですが、いつの間にこんなにひねくれちゃったのかしら(笑)。

ということで、皆さんヨロシクです!

by ウカイ


投稿者 ウカイ | 2010年7月30日 20:03

COMMENTS

ウカイさん、こんにちは!
スーパービーもロードランナーもキレイに仕上がってますね。
経年劣化を感じさせない仕上がりも見事です。
製作される際、何か特別な対策をされているのですか?
自分も20年位前に製作したモーターとムギ球を仕込んだマルイのハコスカがあるのですがダンボールに放り込んだまま放置していたのですが
この前、久しぶりに発掘してみたら案外キレイでした。プロの方はウレタンコートしたりしますが、基本、触らない、日光に当てない、サフでプラは全部覆うようにしておくと、結構保つみたいです。
現在は、ウカイさんが以前、ブログでおすすめされていた
レベルのリニューアル版の'70のAARクーダを製作してます。
下回りはリニューアルされてないので、トレッドがものすごくナローで
参っています。どうやってトレッド調整しようか考え中です。

投稿者 銀行ギャング徳吉(とく) : 2010年7月31日 15:41

とくさん(でいいんですよね?)、
対策はらしい対策はないですよ。たぶん、このスーパービーを作った頃はタミヤのワックスを仕上げに使っていたような。その後はハセガワのポリマーコート、ここ最近はポリラックという実車用のワックス、というかコーティング剤を使っています。あとはメッキ部分は絶対素手で触れないのは基本ですかね。それとベアメタル(メタルック)を貼った部分にワックスは禁物です。経年変化を早めます。あとはホコリが付着しないようにamtの1/25用クリアケースに入れてます(安いので)。
AAR、Revell/Monogram系らしくカッチリ組めてしまうので、トレッド調整は大変ですよね。エバグリーンの丸棒や角棒を駆使して、地道に強度を保てるようにやるしかないと思います。参考にならずにすみません。

投稿者 ウカイ : 2010年7月31日 18:57

コメントする

« 東京コンクールデレガンス雑記 | トップ | オススメな本 »