趣味の総合サイト ホビダス
 

« JO-HAN 1/25 1964 RAMBLER AMERICAN (03) | トップ | 東京コンクールデレガンス雑記 »

2010年7月28日

FUELER MAGAZINE でたどー!

fueler_cover.png

えー、弊社の本じゃありませんがちょいと宣伝。
知るヒトぞ知る、カルト系(?)アメ車フリーペーパー、「IGNITE(イグナイト)」が書店売りの雑誌として、いよいよメジャーデビュー。名前はFUELER(フューラー)に改名。

内容的にはイグナイトの延長線上にあり、HOT WIRE主宰のイシバシさんテイスト全開と言う感じで、無駄に読者に媚びない感じがGoodです。

マーケティング先にありきの商品は万人向けのツマラナイものになってしまうものですが、
逆にマーケットを作ろうと作り手が意気込んで作ったものは万人ウケしないけど、エッジな存在になる。
まさにそんな感じの1冊。

ボク的にはフォードのイベントページがウッシッシな感じかな。
ちゃんとサイクロンスポイラーとか出てます。
あとはMoparも完全ヘソマガリ系で、サヴォイのワゴンとかダートのポスト2ドアとかにスポットが当たっています。
バイクもちょいと変化球。アメノリ、イコール、ハーレーじゃなくてカワサキ。

そして模型ページも超変化球。
なんつってもウカイ作のZingersがババーンとフィーチャーされてます。

後ろの方のページには、いきなりフェラーリ458とか出てきますが、アメリカの金持ちのクルマ好きのノリを理解しているヒトには「ああ、あのノリね」ってにやけてしまう感じ。

普段はクラシックに乗ってモーニングクルーズに乗ってやってくる、
リタイヤした金持ちのオッサンが、ある日洒落で買った新車のエキゾチックスポーツで登場する感じ。で、まわりは「どこでそのクルマ盗んできたんだ?」、で、ゲラゲラみたいな。

日本だけなんだよな~、クルマ好きがやたらジャンル分けしたがるの。

その点アメリカは自由。
速くてカッコいい、あるいはウンチクとか歴史があるクルマは、
誰彼かまわず「Cool!」ってthumbs upしてくれますからね。

イシバシさんと直接話したワケじゃないけど、
たぶん彼が目指したのはその世界観。

ボク的には好きだな。

誌面のデザインはMr. TAKIGAMI。
たぶんこのヒト無しにFUELERは有り得なかったんじゃないかな、って思えるくらいイイ仕事してます。

ということで、是非チェックしてみてください。
値段は1200円、出版元は文踊社ってとこです。

by ウカイ

投稿者 ウカイ | 2010年7月28日 11:21

COMMENTS

IGNITE!!フリーペーパーなのに、中身が濃くてよく読んでました。
個人的にはお菓子を紹介するコーナーが好きでした。(笑)

ジャンル分けすると、後々行き詰っちゃう感が苦手です・・・。最初は居心地良いんでしょうけど。
私も「330乗っててアメ車ばっか作ってんじゃねーよ。」なんて言われそーな気が(汗)

うちもエアコンレスですが、気合で1台作りました。
あっでも、インパラじゃないですよ。

投稿者 5マイルバンパー : 2010年7月28日 13:44

FUELER遂に出ましたね。日曜日にリンドバーグでモデルカーズと共に買って来て拝読致しました。まさに待ち望んでいた本です。
>日本だけなんだよな~、クルマ好きがやたらジャンル分けしたがるの。
そうなんです。そこが昔から引っかかっていました。そのことで悩んだ事が実は幾度もあります。いつの日になったら見えない線引きが無くなるのでしょうか?

投稿者 原 敬洸 : 2010年7月28日 16:07

IGNITE大好きでした!
内容も楽しいし、表紙もUSの"Hemmings Muscle Machines"あたりに似ていてよく読んでました。
置いてあるお店になかなか足を運べなくて数冊しか持ってませんが・・・
洋服、お菓子やダイナーなどを紹介する"Pumpit Up"というコーナーが好きでした。

たしかに日本にはジャンル分け多いですね。
ウチの知り合いには車好き少ないのですが、いたとしてもドリ車好きが多くて、私もドリ車は好きなのですが国産はやっぱりセドグロとかが好きです。しかし、向こうはなかなか良さを理解できないみたいで、彼と話すときはやっぱ彼にあわせてしまいますね。

投稿者 Judy : 2010年7月28日 16:45

5マイルバンパーさん、
IGNITE読者がこんなところにも(笑)。気合で作った1台、ヒジョーに気になります。また写真送ってくださいませ。

原君、
まあ線引きが無くなる日はこないだろうなあ~。自分が分からないこととか興味の無いことは基本的に否定したがる人が多い世界ですから。ただの食わず嫌いなのになあ。。。

Judy君、
お菓子ページが人気だね(笑)。まあ、色んなジャンルを分け隔てなく興味を持って理解して、その中から自分にピッタリくるものを見つけて、そこにとことんコダワルっていうのが一番楽しいんじゃないだろうか。
まあ、かくいうボクも、日本車雑誌の編集長もやって、ホンダ車専門誌の編集長もやって、軽自動車の本を作って、ヨーロッパの旧車の本も作って、アメ車の本もやって、とイロイロ楽しんで、どれも好きで、でも自分でお金払ってでも乗りたいのがアメ車ってとこなんだよな。

投稿者 ウカイ : 2010年7月28日 19:49

遅れ馳せながら・・・・私めも本日購入してまいりました。
最近は狂う人ですら買うのを躊躇うほどでしたが、こちらはパラパラとめくり、そのままレジに並んでました(笑)
イグナイト。勿論大好きでした。日本のアメリカンな雑誌って、やっぱりホットロッドの原点であるドラッグがどうも抜けているような気がしていて。そういう意味でとっても、今後が楽しみではあります。

皆さんのお言葉のように、日本はジャンル分け大好き。まさしく社会の構造そのもの。そして、あるジャンルに属さないモノは異端児扱い。自由な発想に乏しい。う~ん寂しい。

模型も実車も、好きなモノは好き。自分の好き勝手に作るのが楽しいと最近再認識し始めてます。
アメ車と軽貨物。有る意味究極の対極に位置している存在かも。
もし宝くじがあたったら、それこそガヤルド欲しいし・・・(爆)

私的にも、フォードのイベントページが壺でした。

投稿者 美徳 : 2010年7月28日 22:13

コメントする

« JO-HAN 1/25 1964 RAMBLER AMERICAN (03) | トップ | 東京コンクールデレガンス雑記 »