趣味の総合サイト ホビダス
 

« 偶然じゃない | トップ | 脱線の脱線 »

2010年9月27日

マッスルカーナショナルズ (Muscle Car Nationals)遠征!?

マッスルカーナショナルズ全参加車画像アップしました!!
(万が一写っていなかったクルマのオーナー様ごめんなさい)
下記リンクからご覧下さい。

マッスルカーナショナルズ画像トップページ

カテゴリー別は下記をご覧下さい。

カマロ一覧はコチラ
マスタング一覧はコチラ
シボレー一覧はコチラ
シェベル/エルカミーノ一覧はコチラ
Mopar現行車一覧はコチラ
Mopar旧車一覧はコチラ
SUV&ピックアップ一覧はコチラ
上記以外のクルマ一覧はコチラ

いきなり寒くなってきましたね。
何もしていないうちに夏が終わってしまう~。来週夏休みだっていうのに。
さて、昨日は去り往く夏を惜しみつつ、愛知県の蒲郡まで旅に出てきました。
目的はマッスルカーナショナルズというイベント。
片道ちょうど300kmくらいで、旧車にはまあまあハードルが高い距離でしたが、
鈴鹿のストリートカーナショナルズに辿り着けなかった、というトラウマを克服する意味でも、チャレンジしたかったのです。
前日入りして、蒲郡に宿泊しようとも考えたのですが、安い宿は埋まっていて、非常にエクスペンシブな宿ばかりだったので、無謀にも日帰りトリップの決行となりました。
荷台には「交通費とガソリン代くらいになったらいいな」ってレベルの私財(ガラクタ?)を積み込んでいざ出発。まあ「イキはよいよいカエリはコワイ」とはよく言ったもので、蒲郡までの道は順調そのもの。タイヤが少々劣化しているので、80~90km/hくらいのスピードでチンタラ走っていきましたが、深夜3時半に家を出て、7時には会場周辺に到着。
300km走ってガソリンはまだひと目盛り残っていて、燃費を計算すると5.6km/リッターとなかなか良好。OH前は5km/リッター走れば御の字だったので、ちょっとうれしい。

会場に着くと、20台くらいのクラシックがすでに並んでいます。
関東ではあまり見かけないクルマばかり。やっぱりきた甲斐があった。
駐車場所を指示されて、まずはクルマなぞ磨こうか、と思っていたところ、
主宰の岡本さんより、「物販されるんでしたら、あちらの広い場所に移って、自由にやってください」とのありがたいお言葉。といっても、自分のうちからかき集めたアメ車のミニカーやらプラモデルやら本やらで、どうにも場所負けしそうな品揃えでしたが。
でも、他に物販している人もおらず、ウカイ商店もおかげさまで大賑わい(?)で、何とか交通費とガソリン代はチャラとなりました。でも、そのせいで、あまり他のクルマを見たり、そのオーナーさんと話も出来なかったのが心残りでしたが。

RANCH.jpg


ちなみに参加台数は120~130台くらい(目視で数えただけなので、実際はもっと多いかも)。
一応、写真は全部撮ったのですが、ここにそのすべてをアップするのは大変なので、ボク的に気になったクルマをピックアップしてお見せしましょう。

まずこの日、ウカイ夫婦的にベストオブショーだったカマロ。
最初、ウチの奥さんが発見して「すごくカッコいい」というので、店番を代わって見にいったら、本当に素敵だった'73のLT(たぶん)。

73_camaro.jpg

色というかクルマ全体の雰囲気がなんともイイ。
サメカマっていうと、派手なカラーにレーシングストライプ、さらにケツ上げってのが定番ですが、これはその真逆をいく感じ。シットリ感がたまりません。サラッと普段乗り出来そう。こうやって見ると、2代目のカマロって、かなりヨーロッパ車的だったんだな、と思う。

カマロといえば、この2台も気になる。

CAMAROS.jpg

左はこのイベントの発起人、岡本さんのZ11のペースカー。エンジンはスワップされていますが、オリジナルも尊重した絶妙なサジ加減の1台。右は、あのボールドウィン・モーションスタイルにアレンジされた2代目。マニアックだなあー。

同じFボディのファイアーバードもイイクルマ多し。

FIREBIRD.jpg

'70年代末のトランザムといえば、ケツ上げホットロッドスタイルで無茶乗りされて、最終的に解体屋行きというのが定番パターンでしたが、こうやってオリジナルで大切にされてきたクルマもいるんですね。なんだか嬉しくなってしまいます。左下は日本に正規輸入されなくなった第四世代。改めてみると相当エグイスタイル。そしてもう一台は静岡のフラッグシップが手がける'68のファイアーバードコンバー。白人ノリのロッダー系アレンジがカッコいい。

そして、東海地区で一番人気といえば、シボレーのインターミディエイト。
'64~'65はウジャウジャいます。エルカミも多し。

CHEVELLES.jpg

左上の'69SSはビッグブロック搭載でナロードデフのプロストリート。ボディはオリジナルを尊重っていうのがツウ好み。'71も日本じゃあまり見かけないので新鮮。'64はこのイベントに誘ってくださったニワさんの'64ツードアWGN。'70エルカミSSはため息モノのコンディション。

CHEVYS.jpg

シェベル以外も濃い。注目は右上の'69。オリジナルを完全キープで、エンジンフードのエンブレムから427搭載車ということが分かります。このワイヤー風のホイールカバー履いているクルマが日本にいたんだなー。カッコよすぎ!'64のシェビー2はスリーパーライクな雰囲気がヤバイ。'71モンテもジェントルマンズマッスルカーな感じがGood。'67インパラもワイヤー履きのローライダーじゃなくて、ムッチムチのホワイトリボンにラリーホイールを組み合わせてます。イイネ。

ELD.jpg

ラストフルサイズコンバーのFFエルドラドも2台。どっちも衝撃的にキレイ。でもってオリジナル。グリルの意匠がちょっとづつ違うので、どちらかが'75で、どちらかが'76のハズ(ちゃんと調べないとダメですね)。この頃のエルドラドコンバーといえば、今でいうベントレーコンバーみたいな存在。たぶん2台ともディーラー車でしょうから、初代のオーナーはおそらく"やんごとなき"方なんでしょうね。眼福です。

MOPARS.jpg
RR.jpg

やっぱりMoparはどこへ行っても人気モノ。ちなみに白の'70年クーダはFUELER/IGNIGHT編集人でHotwire主宰のイシバシさんのクルマ。新幹線とレンタカーのプリウスに乗ってヘラヘラと取材にくるような人たちとは違います。2台の'70 RRはハイインパクトカラーと渋めなメタリックと対比的ながら、素晴らしくカッコいい。

マスタングも新旧モデルがたくさん。その中で気になったのはこの4台。

MUSTANG.jpg

エレノアのオーナーさんは間接的に知っている方だったのですが、やっとお会いすることができた。よかったよかった。'73のマッハワンはシボレーのラリーホイール履きという裏技を披露。でもこれが何故か似合う。

GTO.JPG

アメリカでは押しも押されぬ元祖マッスルカーのGTOも日本では超レアカー。とってもキレイな'67。エンジンが見たかったなあ。これでトライパワーとか載ってたら倒れます。

TORINO.jpg

'73あたりのグラントリノ。スタハチ路線ではないのがイイ。この野暮ったい(失礼)けどカッコいい感じが好きです。

そしてイベント終盤近くなって会場に"滑り込んできた"のがこのパンテーラ。

PANTERA.jpg

ウチのランチェロとまったく同じエンジンが搭載されているとはにわか信じがたい。でもそれ本当。1.8トンの車体でも軽々走らせるクリーブランドなのに、こんな小さくて軽い車体と組み合わされたら、どんな感じなんだろう。一度乗ってみたいなり。

さて、以上、超独断と偏見で選んだクルマたちでした。
運悪く(?)これをお読みになられたオーナー様。決して他意はございません。
旧いアメ車を頑張って乗り続ける同士として、リスペクトしてます。

そして、ウキウキと帰路についたのも束の間。
御殿場からボクが降りる横浜町田インターまで、東名は45kmという大渋滞。
会場を出たのは14時半、家に着いたのは20時半。シンドカッター。

雨天未使用なランチェロのはずが、土砂降りの中、約4時間の渋滞。
しかもワイパーつけてない。。。途中、ちょっとエンジンがグズりましたが、何とか帰ってこれました。ああ楽しかった。

TAG.jpg

これは記念に販売されていたパーキング・タグ。カッコいい。ちゃんとアメリカ的。
ゼファーとランチェロの2台分を購入。

ということで、会場でお会いし、お買い上げいただいた方、ありがとうございました。
またどこかでお会いしましょう。

by ウカイ

投稿者 ウカイ | 2010年9月27日 15:10

COMMENTS

お疲れ様でした!
帰りの渋滞は大変でしたね。
お誘いした64ツードアワゴンのニワです。
日ごろ、ここまでマッスルカーが集まることは皆無ですから大変貴重な時間だったと思います。
結局、エントリー車総数はトータル140台オーバーだったと言うことです。
来年も開催する予定ですので是非エントリーしてください。


投稿者 64ツードアワゴン : 2010年9月27日 16:23

64ツードアワゴンさん、
お疲れ様でした。
140台もいっていましたか!
全部写真をアップしようかとも思ったのですが、あまりに台数が多いので、あきらめました(笑)。
来年といわず、来月でもいきますよ~。
主催サイドの皆さまにもよろしくお伝え下さい。
あとお子様にも、遊んでくれてありがとう、と(笑)

投稿者 ウカイ : 2010年9月27日 16:36

遠いところをお疲れ様でした。
こちらに来られるという事で、お邪魔しようと考えていましたが、スミマセン、すっかり忘れていました。

日中天気は幸いよさそうでしたが、夕方からの雨と一緒に帰られたみたいで、大変でしたね。
来年こそは忘れずにいなくっちゃ。

ところで、「名古屋オートモデラーの集い」が11月7日(日)に決定したみたいです。
オフ会どうですか?

PS.’77トランザムは知り合いです。(映画トランザム7000バンディット仕様)

投稿者 ロードコマンダー : 2010年9月27日 22:04

はじめまして!
64ツードアワゴンさんに招待いただいて
参加させていただいたCAMACAMINOと申します。
黄色の73 CAMAROです。

ブログでいっぱいお誉めいただきまして
ありがとうございました。
ほんとうにこのカマロのこと
良くわかっておられて読んでいて感動しました。
毎日、通勤に乗っているのですが
外装は特に何もいじっていないので
2nd カマロのちょっとヨーロピアンで
RSパッケージにはないエレガントな部分が
出ていると思います。

ちなみにType LTではなくて
スタンダードのスポーツクーペです。
ペイントもオリジナルのライトイエロー。
1オーナーカーとして30年大事に乗ってこられた
前オーナーに敬意を表す意味でも
改造せずにこのまま乗るつもりです。

また、こんな機会がありましたら
よろしくお願いいたします!

投稿者 CAMACAMINO : 2010年9月28日 00:09

ロードコマンダーさん、
ひょっとしたら、と思っていたのですが、お忘れになられていたんですね(笑)。'77、アンテナの立て方とか、本国仕様に戻しているところとか、たぶんアレ仕様なんだろうな、とは思いましたが、その辺結構ウトイのでサラッと紹介してしまいました。

投稿者 ウカイ : 2010年9月28日 10:12

CAMACAMINOさん、
はじめましてー。せっかくだったらお話したかったですね。あのクルマが通勤車というのは素敵過ぎます。昔はRS、Z28こそカマロと思っていましたが、最近は「素」のカマロのスマートな雰囲気にグラグラきます。リアスポイラーの下に、こんなキレイなラインが隠されていたんですね。1本バンパーにオーバーライダーというのも最高です。決してホメゴロシではなく、心からそう思ってます(笑)。
大切にオリジナルをキープして乗ることの方が、下手にいじくり倒すよりも大変だったりします。お互い頑張っていいコンディションを維持し続けたいですね。
またどこかでお会いできる日を楽しみにしています。

投稿者 ウカイ : 2010年9月28日 10:23

エルドラド、左が1975年、右が1976年です。

投稿者 swift_dodge : 2010年10月 2日 16:54

コメントする

« 偶然じゃない | トップ | 脱線の脱線 »