趣味の総合サイト ホビダス
 

« 円高って喜んでる場合じゃないですが | トップ | ついにというかやっとというか。 »

2010年9月 1日

JO-HAN 1/25 1964 RAMBLER AMERICAN (06)

今日も昨日の続きです。ほぼリアルタイムでツイッター状態で更新(笑)。
塗装自体は昨日の出勤前に完了していまして、帰宅後塗装表面の状態を確認してみると、うーん、なかなかの仕上がり。
'64年当時のSales Brochure(アメリカではカタログのことをこう呼びます)の前に並べてパシャリ。

body_brochure.jpg

「あれっ? 全然色味違うじゃん」
おそらく皆さんそう感じると思います。ボクも当然そう思います。
まあ、カラーチップをとるか、カタログの雰囲気をとるか、というところになるでしょうか。
カタログの方が若干、退色が進んでいるせいもあるでしょうが、
何かホンワカしてて、イイ感じです。模型の方はちょっと鮮やかすぎ?

そうそう、注目してもらいたいのはルーフ部分の写り込み。
磨いていないのですが、たぶんこのままでOKでしょう。
ビバ猛暑です。

さて、今日は帰宅後、シャシーの続きをやりましょう。

by ウカイ

投稿者 ウカイ | 2010年9月 1日 18:50

COMMENTS

お久しぶりです、いい調子に進んでいますね。

たぶんご存知かもしれませんが、同じ色でも小さい面と大きい面とでは光の反射加減が違い、だから実車の方がやや薄く見えるかもしれませんね。

そのイメージでカタログは印刷されているのかな。

どちらをとるかは迷いますね。

それからブログはじめました。

よかったら覗いてみてください。

投稿者 ロードコマンダー : 2010年9月 3日 12:02

面積による、色の違い、ボクもそれをつくづく実感しているところで、カラーチップより若干薄め(このグリーンの場合だと白を多め)に調合しているのですが、それでも実車よりかなり「濃い」印象になってしまうんですよね。
やはり最終的には「勘」と「感性」が頼りです(笑)。
ブログ、ちょろっとのぞいてきました。
車輌の輸送方法とか、なかなか興味深いものがあります。
相互リンクします?

投稿者 ウカイ : 2010年9月 3日 14:01

そうですか、薄めになるように調合してたんですか。

そして「勘」と「感性」のエッセンスが入ることによって人それぞれの作品が出来るんですよね。

ここに集まる方々はそのウカイさんの調合された作品に波長が合う方々と思います。

かくして私もその一人、ちょっと違った味付けもしますが、
もしよかったら、相互リンクお願いします。

投稿者 ロードコマンダー : 2010年9月 3日 19:36

ドイツ機プラモマニアのバイブル的な本でThe Official Monogram Painting Guide to German Aircraft 1935-1945
と言う大著が有るんですが、そこに模型の色調のスケール効果についての実験&考察の項目が有って、それによると一つの目安として、スケールの数字の半分のパーセンテージの白を入れて色を明るくすると 色彩光学的に良いそうです。例えば・・・アメ車プラモは1/25ですから、「25の半分の12.5%の白を入れる」と言う訳ですね(実際には迷彩色の飛行機よりカラフルな車模型に適用するには色味のバランス調整をする必要が有るかもしれませんが・・・)。

投稿者 TYPE25筋肉車 : 2010年9月 4日 00:20

TYPE25筋肉車さん、
へえ〜って感じです(笑)。そんな具体的な数値まで出ていたとは。ウチのランチェロ(実車)も模型と同じ約3㎠のカラーチップをもとに塗ったのですが、厳密に言うと、当時の色が再現できているかいないかは分からなかったりします。実車でもそうですから、模型となると殊更難しい。
でも、何となく勘でやっていたことが、理論的に実証されたようで、少し嬉しかったりして。

投稿者 ウカイ : 2010年9月 4日 02:02

RAMBLER AMERICAN実にオシャレなツートーンですネ!
誌上での公開を含めて楽しみにしています。
カラーチップを使用しての調色・・・理想形ですネ。
以前このブログで紹介されていた塗料メーカーの情報、参考にしていたのですが何故か閉鎖されてしまったようで残念です。

PS. Promotional Cars & Trucks 1934-1983入手出来ました。
チープなモデルからプラスティックプロモまで載っていて歴史が判り凄く良いです。
PLASTIC PROMOTIONALSのページでは欲しいモデルばかりで思わず見入ってしましました。
(もちろん入手は無理ですが)
1964RAMBLER AMERICANはツートーンの組み合わせは逆なのですがウカイさんのカラーに似た感じのモデルが載っていました。
調色、バッチリじゃないでしょうか!

投稿者 P&Y : 2010年9月 4日 20:48

P&Yさん、
すみません、ランブラーが今朝まで最後の追い込みだったもので、お返事できませんでした。本、買えたみたいでよかったです。かなり面白い本ですよね。目の毒ですよね(笑)。ちなみにランブラーアメリカン、すっかり載っていたことを忘れていました。パラパラと見返してみると、確かにウチのと逆のツートーンですね。さらに、一か八かで塗ったインテリアの塗装が間違っていたことが判明。ウレシイような悲しいような。

投稿者 ウカイ : 2010年9月 7日 15:11

コメントする

« 円高って喜んでる場合じゃないですが | トップ | ついにというかやっとというか。 »