趣味の総合サイト ホビダス
 

« amt 1929 Ford ようやく完成!!!! | トップ | おいおい、この再販は嬉しすぎじゃないですか!? »

2011年7月12日

珍キット倶楽部 mpc 1/25 Toyota 2000GT

1929 Fordはちょっとハードコアすぎたので、お口直しに。
ということで、いつまで続くかわかりませんが、珍キット倶楽部という企画をスタートさせました。
時々やります。時々ね。

0712_box_main.jpg

記念すべき第一回は、何とmpcのトヨニことToyota 2000GTです。
ニチモ、ハセガワ、オオタキ、ナガノ......etc.
名車中の名車だけあって、2000GTのキットはイロイロ出てますね。
がしかーし、コイツは何を思ったかコンバー。しかも箱絵は謎の茶色のクルマ。
そもそも2000GTにはコンバーチブルの設定がない。

0712_box_002.jpg

でも、箱絵は自信たっぷりにコンバー。
わかっちゃいますよね。これボンドカーですもん。
ボンドガールのフィギュア付き。世界の浜美枝さんですわな(ティーポのナカジーよりご指摘を受けまして、2000GTを運転するのはもうひとりのボンドガールの若林映子さんなので、このフィギュアは若林映子さんである可能性が高いとのことでした、、、失礼しました)。
そう、実はこのキット、中身はmpcではなく、エアフィックスのボンドカーのアレ。
エアフィックスのボンドカーといえば、泣く子も黙る超プレミアキットですが、
このmpcの2000GTコンバーはそんな価値もない。アメリカの相場は50~60ドルってとこでしょうか。
そういえば、エアフィックスのアストンDB5もmpcから出てたような気がします(やや記憶が不確実)。

さて、肝心の中身ですが、コレがまたなかなかイイ。

0712_fr_main.jpg

前後のバランスパネルは別パーツとなっていて、ちゃんと組もうと思ったら、ボディにバランスパネルを接着してからシャシーとドッキングさせなきゃいけないので、シャシーにひと工夫必要となってくるでしょう。その昔フジミのエンスーシリーズのDino246GTを作った時に、同じようなことでエライ苦労した記憶があります。

0712_chassis.jpg
0712_wheel.jpg

ボンドカーの名残でホイールはセンターロックワイヤー。シャシーのモールドもなかなか。

でもさ、こっからが盛り上がるのです。このキットは。

まず箱絵。

0712_box_003.jpg

うおー、全然カッコ良くない。
実車をこんな風にして乗っていたら、間違いなく世界の2000GTエンスージアストに非難されるでしょう。

でも、コレがいいのです。
で、そのカスタムパーツの中のメインアクターがハードトップ↓。

0712_top.jpg

何ともmpcらしいクリアパーツです。
やばいね。コレ。

そして、デカールがまたたまりません。

0712_decal.jpg

上の箱絵では謎のカスタム仕様なのについているのはSCCAトランザムカーらしいレーシング仕様。ゼッケン44(グループ44?)に「CP(Cプロダクションカテゴリー)」、USAC、SCCAと、アメリカンレーシングファンにぶっ刺さる素晴らしい絵柄。

でもキットはコンバー、みたいな無茶苦茶な感じがサイコー。

これいざ作るとなったら、仕様に悩みそう。

結局白に塗って、無難にボンドカーとかにしてしまいそうな気が。

by ウカイ


投稿者 ウカイ | 2011年7月12日 17:06

COMMENTS

前々から気にはなっていました。このキット。
是非、ハードトップ付けたBOXストレートで拝みたいと思っているのは私だけ?!
お願いしまぁ〜す ♪(´ε` )

投稿者 美徳 : 2011年7月13日 07:18

美徳さん、
BOXストレートとは、すなわち、このブラウンメタ?
2000GTは、クルマ自体は絶対前期派なんですが、色は後期のブルーグリーンメタリックというかターコイズメタが一番好きなんですよね。ということで、完全セオリー無視のトヨニコンバー、やりたいです。
ホイールはワイヤーにレッドリボン、ってのがイイかも。

投稿者 ウカイ : 2011年7月13日 08:47

ウカイ様
前回のRiversideにつづく人モノ塗装期待してますよ。しかも女性フィギュア!こっちのほうがハードコアっぽいような気がします。CP,USAC,SCCAとアメリカンレーシングファンにぶっ刺さるときたところで、うちにはSCCAのShelby2000GTデカールがありました!

投稿者 ange : 2011年7月13日 09:03

完全セオリー無視で、逝っちゃいましょう(笑)
ブラウンメタはヤッパリ似合わないし、綺麗なターコイズメタのトヨニコンバー素敵だと思います(^_-)
そして、是が非でもバブルトップのようなハードトップ付きの姿が見たいデス。

投稿者 美徳 : 2011年7月13日 18:55

みなさまお久しぶりです
なんかすごいのが発掘されたようですね。
ボンドカーで使われた固体の車体色が思い出せませんが、インパクトはデカイですね
デタッチャブルトップが当時実在していたかも検証材料になりそうですね

2000GTにはあえて谷田部最高速じのあのカラーリングをと思うのは反則でしょうか?

投稿者 変態ブラザーズ弟 : 2011年7月18日 20:51

angeさん、
ヒトもの、、、うーん、どうでしょうね(笑)。
あのSCCAカーはカッコイイですよね。でもリアルSCCA車の一台は、トヨタ博物館にある谷田部走行記録車のレプリカにコンバートされてしまったんですよね。なにもあのクルマベースでレプリカを作る必要なんてないと思うんですが。いかに日本でアメリカンレースの重要度が低かったかを象徴してます。残念。

投稿者 ウカイ : 2011年7月19日 08:49

美徳さん、
やっちゃいますか(笑)。
ハリブランドつながりでキドニービーンもありかな〜。
ハードトップ、塗らずにクリアーかボディ色か?
悩みます。まだ作ってもいないけど。

投稿者 ウカイ : 2011年7月19日 08:52

コメントする

« amt 1929 Ford ようやく完成!!!! | トップ | おいおい、この再販は嬉しすぎじゃないですか!? »