趣味の総合サイト ホビダス
 

« オートモデラーの集いin横浜 続編 | トップ | 新たなリンク先紹介! »

2012年2月 8日

素組で満足している場合じゃない!?

さて、標題にもあるように、すっかりオートモデラーの集いで刺激を受けてしまい、素組の作品並べて喜んでいるだけじゃダメだな、と思い(単純)、ちょっと頑張ってみることにしました。

ベースとなるのは↓の2キット。

0208_box.jpg
0208_nova_box.jpg

どちらも以前に紹介しているので、
amtのポンティアック・ヴェンチュラに関してはコチラ
Revellのシボレー・ノバに関してはコチラ
をご覧ください。

で何をするかというとニコイチです。

ヴェンチュラは実車もそうですが、ノバをベースに、ポンティアック風に仕立て上げたバッジ・エンジニアリングカーで、エンジンもシボレーのままだったりする「なんちゃってポンティアック」なのです。
そういう生い立ちもあって、amtはもともとVenturaをバリエーションで出せるようにNovaのキットのフロントフェンダーをボディと別パーツにするという手法を採ったように思えます(推測ですよ)。

amtの'72 NovaはRevellが新金型で'69を出すまでは、唯一の2世代目Novaのキットでしたし、プロポーションも良く、いいキットであることは今も変わりありません。
ただ不幸にして、Revellの'69の出来があまりに良すぎたため、最近は急にその存在価値をさげてしまった感が否めないな、と。

0208_UC02.jpg

↑ということで、その出来のいいRevellのNovaに、Venturaのフロントセクションを合体させれば、究極のVenturaができるのでは、と考えたわけです。

思い立ったら、即実行であります。
何と言ってもオートモデラーの集いで受けた刺激が、背中を押しまくってくれます。

まずは、RevellのNovaのフェンダーを切ります。
普通に考えたら、Venturaのフェンダーをそっくりそのま移植すればいいのですが、なるべくNovaのボディを活かした方が、左右の対称性とか、水平方向の整合性とかで精度の高い工作ができると考えました。

0208_UC_03.jpg

切り取りは、プラスチックソーでもよかったのですが、精度を上げたかったので、デザインナイフの背中で、スジ彫りをする要領で、どんどん彫っていき、切り離しました。
この切り離しラインは、Venturaのフェンダーについているエンブレムをそのまま活かしつつ、Novaのボディを最大限残す、という狙いのもと決定しました。

0208_UC04.jpg

↑Venturaのフェンダーもこの切り欠きに合わせてカットして、とりあえず合わせてみます。
なかなか良い感じです。

0208_UC05.jpg

VenturaのフェンダーをNovaのボディに接合します。ほぼピッタリあうように、ヤスリで削って、何度もフィッティングを試したので、少量の瞬間接着剤でピタリとひっつきます。で、今度はフロントカウルをフィットさせるために、写真の黒くペンで塗った部分を切り落とします。しかし、これでフロントカウルがあっさりつくと思ったら大間違いでした。

0208_after.jpg

結局、ツジツマを合わせるために、さらに切り貼りが必要になって、まずフロントフェンダー前輪後方のサイドシルにつながるラインが、Venturaの方が下方への絞りがきつく、Novaのボディに合わず、そこはのみ、再びNovaのフェンダーから移植。さらに、Novaのフロントフェンダー前端上部のと、Venturaのフロントカウルがまったく合わず、前端上部はVenturaのものを切り出してフィットさせました。だから結構ツギハギです。ただ、ツギハギする度に、フィッティングは丁寧にやったので、キレイに面が出ています。ポリシーとしてパテは使いたくないので、少量の瞬着をパテ的に使いましたが、この上にサフェーサーを吹けるレベルには達しています。

0208_after73.jpg

うーん1日でやっつけた割には、良い感じです。
これでシャシーもしっかりディテーリングすれば、かなりリアルなVenturaが作れそうです。

と言っても、Venturaなんてマイナー過ぎて、誰も知らないですよね。。。(笑)

そう、Ventura、正確にはPontiac Ventura Ⅱのamtのキット、前にもお伝えしましたが、結構レアで、eBayに出ても高いです。僕が切った貼ったしてるのは組み立て済みの、ややジャンクベースですので、たぶんバチはあたらないと思います。

さて、そろそろ締め切りで忙しくなってきたので、更新ペースが落ちます。たぶん。

by ウカイ


投稿者 ウカイ | 2012年2月 8日 14:38

COMMENTS

さっそく始まりましたネ!
しかも、Ventura! 切り貼り付き(笑)。
切った貼ったは自分のオハコですけど、スリアワセ&瞬接攻撃は大正解だと思います。そして、この快感を覚えてしまったら・・・あ~、後へは戻れない(笑)
今後の進展を超楽しみにしていマッス!る。 

投稿者 美徳 : 2012年2月 8日 20:13

美徳さん、
あと、ワイパーカウルの移植と(実は違うんです、コレが)、エンジンフードのフィッティングがうまく行けば、あとは素組みに近いんですけど。がんばりマッスル。

投稿者 ウカイ : 2012年2月 8日 22:35

「納得のいく物が欲しい!」の一途ですね。
もうなんだかえらい展開になってきました(感心笑)。
そこらじゅうで切った貼ったの板金屋さんが始まりそうな予感がします。

投稿者 ロードコマンダー : 2012年2月 9日 06:38

毎回、ウカイさんが更新する記事を読みながら、コチラのファルコンを完成させてから、
ウカイさんのお部屋に、コメすると決めていましたが…我慢できずに(汗)ゴメンなさい。

DATSUNの240、510、620軍団以来のレベル製ノバ改ベンチュラの大改造!
模型会社愛を、踏まえたモデリング…。私的に、宇宙一~っす。
マネ出来ませんが。

ベンチュラ。子供の頃、米国のB級映画で鑑賞した、
顔がファイヤーバードみたいな、乗用車が「ベンチュラ」なのかとスッキリしましたね。
ホントは、過去ログのウカイさんの記事でスッキリしていましたが(笑)

コチラのファルコン…。完成したら、「皆さまからの投稿」に応募する予定です。
酷い出来なら「ボツ」して下さいね。その後、トランザム再開いたします。

デスク前の壁に「一日、30分モデリング!休みはフルに活用!
用事あったら、仕方ないね(笑)」って今日、壁紙張りしたよ。
トホホ。頑張れ!自分。←ダイエット中の女性にありがちな張り紙(汗)
今日はといあえず、ファルコンのシャシーのペーパー作業しました。

横浜、オートモデラー集いの会の記事スゴイっすね!!!!
すべての作品が素晴らしく、とても感動しました。

日産のプリンスロイヤルのエンジン、とても、勉強になりました。横浜を、プラプラと、
旅行したい気持ちであります。日産、MOONEYES、中華街と、横浜赤レンガ倉庫を。

PS あの、ミニカーのEBBROさんが模型世界に来ましたね。
今までのような、ミニカーみたいに製品化だと、嬉しいんだか怖いんだか(笑)
でわ。

投稿者 Susie : 2012年2月 9日 07:03

ロードコマンダーさん、
こうなってくると、単に腕試しですね(笑)。
でも、この手の切った貼った車は往々にして完成しないので、ボディ加工以外は、さっくりといこうと思っています。

投稿者 ウカイ : 2012年2月 9日 18:24

Susieさん、
完成重視でいきましょう。やっぱり模型はカタチにしてなんぼですから。よく考えたらスージー作品、見たことない(笑)。
頑張ってくださいな。
ま、無理して作るのもなんだと思いますよ。

横浜観光は、たぶんスミ○ワさんが案内してくれると思います(笑)。

投稿者 ウカイ : 2012年2月 9日 18:48

スージー作品!頑張ります!
とても、元気もらいました!!!!

ウカイさん有難うございます、カーマガ編集仕事中の忙しい中の、
返信、感謝、感謝の感激であります。

頑張りマッスル!

投稿者 Susie : 2012年2月10日 04:06

こういう企画モノ(?)、お待ちしてました(笑)

ワタクシ、とっても横着者かつ臆病者なので
72にレジンのフェンダーをそっくり取り付けて満足して
しまいがちですが・・・レジンベースだとここまで微妙な修正は
厳しいですよね。


「バチは当たらないかも~」、とっても意味が分かりました(爆)

投稿者 5マイルバンパー : 2012年2月10日 18:02

5マイルバンパーさん、
そうですね、やはりプラスチックではないと。一応、レジンボディも買ってはあったのですが、やるからにはやるか、と。
バチ、当たってないですよね?(笑)

投稿者 ウカイ : 2012年2月11日 10:55

コメントする

« オートモデラーの集いin横浜 続編 | トップ | 新たなリンク先紹介! »