趣味の総合サイト ホビダス
 

« amt 1964 Ford Galaxie XL WIP03 | トップ | 2012 Street Car Nationals ストリートカーナショナルズ その2 »

2012年5月 2日

2012 Street Car Nationals ストリートカーナショナルズ

SCN_001.jpg

今年もエントリーしてまいりました。
もうエントリーし続けて何年になるんだろう?
クルマ買ったのが1998年ですから早14年?
一時期はネコパブ社員の同僚と一緒にエントリーすることもあったけど、気が付けばボクひとり。
さびしいもんです。でも、アバンテ組という新しい仲間もいるので、それはそれで嬉しい。
今年は仲間が増えて、4台になった。最初はアバンテの大将の浅草さんとボクの2台のランチェロでしたが、ジワジワと増えつつあります。

今年の我らがアバンテ組のルーキーは佐野君の'64 Falcon Futura Sprint!!

SCN_059.jpg

トラペのプラモ、そのものの実車。
エンジンは289、これに4M/Tの漢(おとこ)仕様。
サフェーサーでボロと思うのは早合点。よくみると素晴らしくストレートなボディ。モール類もバッキバキ。厚化粧でキレイに仕上げられた旧車を買う程怖いことはない。ちゃんと素性がわかるクルマを仕上げて乗るのが一番安心。そのへんしっかり27歳にして分かってる佐野君はエライ。

こっからは気になったクルマ。
今日から五月雨式に紹介していきます。

SCN_004.jpg

ナンバーから推測するに63のファルコン クラブワゴン。バイアスのワイドオーバルを組み合わせるのがツウ。ボディもサビはあってもストレートっぽくてナイス。

SCN_047.jpg

VANつながりでコルベアのGreenbrierワゴン。リアエンジンのワンボックス。要するにでっかいVWタイプ2って感じですね。珍しくてパシゃり。

SCN_049.jpg

A100のVANは非常に素敵なクルマが3台いました。どれもFactory Stockなカラーでビッカビカ。その中で唯一のイジリ物がこのクルマ。古い(もしくは古っぽくみせた)ET(たぶん)のホイールが実にマニアック。エンジンは何が載ってるんでしょう?

SCN_048.jpg

最近、変に派手なVANNINGにしないVANもいて、それが実にササる。このダッジもいい雰囲気。やっぱダッジバンはこの顔が一番好きだなあ。

SCN_055.jpg

決めた、今日はVANだけにしよう。
で、サイコーにヤバいのがこのタイプ2。この低さ。ゴツイバンパーガード(?)が何だか新鮮。

SCN_028.jpg

うーん、懐かしい。ラルゴ!
この辺の国産ワンボックスも愛でる対象になってきたんですね。
レストアしたのか、それとも極上サバイバーか。いずれにしてもすさまじい美しさ。

SCN_029.jpg

これまたきれいにレストアされた初代ハイエース。
カラーリングはFactory Stockなのかしら。とってもハイセンス。
カッコいい。素直に。

SCN_020.jpg

ハイエースつながり。賛否両論。でも、この情熱はスゴイ。

SCN_006.jpg

こんどはライトバン(死語)。ようするにステーションワゴン系です。
当時から全然見なかったファミリアバン。今改めてみても、あまり馴染みがない顔。
でも、現車のコンディションは素晴らしい。ドアミラー化、ホイールのアソビで、SCN仕様に。

SCN_025.jpg

810ブルのアメリカ仕様。230セドグロのホイールはUSではこのクルマ純正。
5マイルバンパーが似合うな。まさにスモールアメ車。なぜに北米仕様のDATSUNはカッコいいのだろう?

SCN_051.jpg

80年前後のマリブワゴン。(たぶん)1964 IMPALA LOWRIDERのりのFAMILY RIDE。
渋いボディカラーに赤い内装ってのがオシャレ。
奥様が運転して入場。カッコいいな。うちも来年はゼファーとランチェロを並べてみたいなあ。

SCN_054.jpg

レガシィツーリングワゴンの祖先。レオーネワゴン。ウッディにアレンジされています。これまたもともと見ないクルマでしたが、今となっては超レア車ですな。結構ハンサムなお顔してたんだなあ、とシミジミ。

SCN_040.jpg

タービンブロンズカラーの'66プリマスwagon。なんてのびやかなカタチをしているんでしょう!ガッチリロワード、珍しい大径テッチン履き。

SCN_033.jpg

こちらは430ワゴン。HT顔が新鮮。英国DATSUN 280Cを意識? クッキーカッターホイールが恐ろしくCOOL。スゴイなこのセンス。

そしてシメは↑の430に続く、顔換えセドグロ。

SCN_027.jpg

これは430HTにセダン顔移植。僕的に、これはノーマルよりもカッコよく思えます。

SCN_032.jpg

こんどは230セダンにHT顔を移植。うーん、これは今まで見たことがない。

SCN_021.jpg

あ、もう一台あった。これまた懐かしい、サニーカリフォルニア。ウッディ無しもこれまた新鮮。ホイールは、今となっては非常に希少な4本クレーガー。似合うなあ。

何だかエライレポートになってしまった。
「ストリートカーナショナルズ」とかネットでググっても絶対出てこないクルマばっかり(苦笑)。

次回に続きます。

by ウカイ


投稿者 ウカイ | 2012年5月 2日 18:10

COMMENTS

こんにちは、やっぱりこうやって見ると当時の国産車は輝いてていいですね。国産車といえば以前2月頃のブログでシグマを作るみたいな事を書いてましたね。もしかしてシグマを作るのはわたくしの影響ですか?(笑)あれから作業は進んでますか?自分も今頃ウカイさんのブログ読みあさって知りました。フジミのシグマ、絶対に再販してほしいですね、今度はノーマルフェンダーで作りたいです。

投稿者 ミズカミ : 2012年5月 3日 20:32

810ブルワゴンのアメリカ仕様がかっこいいです。というか「野暮ったい」という評価の810がまるで別の車のように見えてびっくりです。あとはダッジバンのとぼけた表情に思わず和みました。

投稿者 かわうそ : 2012年5月 3日 21:12

こんばんは、長年の蓄積か?
SCNの帰り、厚木IC通過後しばらく走行後
リヤ横置きリーフスプリングの左マウントナットが飛んで
派手なパフォーマンスしてしまいました。
USAトラッキングDVD見たいな走行中の火花です。
まだ明るいのに、ミラー越しに見えた火花は、凄く綺麗で半端ない量でした。

’64のみに採用のスタビライザーの代用見たいに思ってたら、しっかり車体を支えてた様で、路肩でジャッキ掛けリーフスプリングを外した所、リヤコイルスプリングが有るにも拘らず、ローライダーみたいにリヤが落ち右タイヤが上下動する度ボディとヒットしてました。
スペアーと付け替えたい所でしたが、今年は孫同伴で外したウィールを積み込むスペースが無かったので長男宅まで慎重に走行しました。
交換後は、車体姿勢の他は異常無く走行、帰宅できました。
スペアーと右後輪を付け替え、外したウィールは長男が帰省する際運んでもらいました。

投稿者 はまじま : 2012年5月 5日 00:08

はじめまして。

僕も、このブログで「ストリートカーナショナルズ」を知って、お台場行って
きました!! 
もちろん、目当てはウカイさんのランチェロです(笑)

ランチェロ、写真では見たことがあるんですが、実際に見るとカッコイイですね。  薄いゴールドに木目パネルっていうところがツボですね。

いいもの見れたと、満足しました(笑)

投稿者 ミズキ : 2012年5月 5日 14:03

ミズカミさん、
フジミのΣは、ガキの頃にラメマシーンのヤツを適当につくった記憶があって、ミズカミさんの作例を見て、そのことを思い出し、さらに運よくブツが手に入ったので、作ってみようか、という気になったのです。事情はよくわかりませんが、再販は難しいみたいですね~。

投稿者 ウカイ : 2012年5月 8日 15:42

かわうそさん、
810、カッコいいですよね~。ダッジは確かに可愛い。M5、製作楽しみしています。フジミはそのまんまだと「アレ」なことが多いですが、化けるとタミヤをしのぐ時が(まれに)あるので、憎めないんですよね。

投稿者 ウカイ : 2012年5月 8日 15:47

はまじまさん、
お疲れさまでした~。災難でしたね。でも大事にいたらなかったようでなによりでした。'64のリアサスって、コイルスプリングとリーフを併用しているんですね。はじめて知りました。'61~'62はリアサスがハードコーナリング時にポジキャンになってしまうので、その後改良が加えられたっていう記述は読んだことがあったのですが、それがリーフだったんですね。勉強になりました。

投稿者 ウカイ : 2012年5月 8日 15:54

ミズキさん、
何だ~、せっかく見に来たんだったら声掛けてくれればよかったのに。見るだけじゃなくて、運転席座って、エンジンくらい吹かしてもらってもよかったのだよ。来年はぜひ、声掛けてね。

投稿者 ウカイ : 2012年5月 8日 15:56

コメントする

« amt 1964 Ford Galaxie XL WIP03 | トップ | 2012 Street Car Nationals ストリートカーナショナルズ その2 »