趣味の総合サイト ホビダス
 

« 2013年3月 | トップ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日

GWの成果!?

ここのところ、facebookばかりで、ブログの更新が全然出来ていませんでした。
ブログでは製作記をメインでいこうと決めたのですが、つまるところ全然「製作」できていなかったわけですが、一念発起して、「お手付き君」を2台、突貫工事で塗ってみました。

まずはamtの1963 Corvette。
色はシルバーと最初っから決めていたので、予定通り。
シルバーはクレオスの#8をエアブラシで塗りました。
今回は調色なしのストレート。やっぱりこのシルバーが旧車には一番しっくりきます。

0430_01.jpg

0430_02.jpg

とりあえず、エッジはたてて、スジ彫りをしっかりやってという程度でキットのまま、
「最高の素組」を目指しています。
工程としてはいつも通り。

①デザインナイフの刃の背で、徹底スジ彫り。
②600番のペーパーでモールドライン、テーパーライン削除。ボディ表面のヒケや波打ちは400番で均す。
③1200番で完全にボディ表面を研磨(ここが肝心で、全体がまんべんなく1200番の磨き傷がつくイメージ。400とか600番の番手の磨き傷が残っているとサフェーサーでは消せません)
④洗浄。中性洗剤「JOY」がおすすめ。歯ブラシを使って念入りに。
⑤乾燥後、ホワイトサフェーサー1000を吹く。ボテボテしない程度にまんべんなく1コート。(僕は、ここで研ぎません。400~600番の磨き傷が残っているようでしたら、シンナー風呂でサフェーサーを落として、再度1200番で研ぎ直す)。
⑥シルバーをエアブラシで吹く。塗料は濃いめ。表面がざらついても、少ないコート数できっちり色をボディにのせることを優先。
⑦シルバーを塗ったら、多少砂ぶきにに近い形で、少しずつGSIクレオスの缶スプレー#46でコーティングしていきます。一気に厚塗りするとシルバー垂れたり、流れたりするので、少しづつが基本。で、ワンコート、しっかりのってツヤが出たら、1時間ほど乾かして、そこから2コートほどクリアーをボテ塗りします。たっぷり乗せて、表面が少し流れるくらいがベター。

という感じです(今回はいつもより詳しくニュアンスを書いてみましたが、コレが正解というわけではないので、皆さんも自由にトライしてみてください)。

あとは乾燥を待って、磨くのみです。
ボクは、この後もヤスリを当てず、ネルクロスとコンパウンドだけで鏡面にもっていきます。

そしてもう1台、「KAIDOU-ROD」も塗装完了。

0430_03.jpg

悩みましたが、オレンジにしてみました。
色味は1970年代の日本車のベレットGTR、ギャランGTO、カペラ、TE27レビンあたりの雰囲気を狙ってミカン色っぽい野暮ったいオレンジに。
ロールバーも共色にしました。

日本の'70年代とアメリカの'70年代のミクスチャーですね。

どうなることやら。

by ウカイ

P.S. 近々、ウカイ商店をここのブログでやる予定ですが、興味ある人いますかね~?

投稿者 ウカイ | 2013年4月30日 16:24 | Comments (4)

2013年4月11日

出るみたいですね。

430.jpg

アオシマ、頑張ってますね~。
昔だったら2.8リッター版が最初に出る感じでしたが、
いきなりSTDから来るとは。。。。

何にせよ、楽しみです。

by ウカイ

投稿者 ウカイ | 2013年4月11日 15:40 | Comments (6)

« 2013年3月 | トップ | 2013年5月 »