趣味の総合サイト ホビダス
 

« Moebius BIG RIG Wheel setきた! | トップ | STANCED AMC PACER by Carmodels-Homepage »

2014年5月21日

Revell 1970 PLYMOUTH HEMI 'cuda FINISHED!!!

いやはや、実に9カ月ぶりの新作完成です。
ここのところ、落ち着いて模型を作る時間がなく、
会社から帰宅後にコツコツと作り続けて完成にこぎつけました。

作ったのは、Revellが昨年末に新金型で発売した1970 PLYMOUTH HEMI 'cudaです。
Revellといえば、1995年に1/24で1970 AAR 'cudaを新金型で出したものの、
これが残念なことにイマイチ君で、2007年にリベンジとばかりに、もう一度新金型で
1970 AAR 'cudaを出したらこれまたイマイチ君という残念過ぎる経緯がありました。
あまり、酷評的なことをネットで書くのをためらうアメリカ人ですら、
この前2作はクソミソに言われてました。

そして、昨年末に1/25でリベンジと相なったのです。
がしかし、少なくともモックアップの写真が世に出回った時点では、
「あらら・・・もしかして・・・またやっちゃった・・・?」
と正直僕も思ったのですが。

実際組んでみると・・・・・・・。

もう細かいことは抜きで、写真を大量に貼りますね。
製作過程はfacebookで紹介していますので、省きます。
facebookは「Desktop Garage Japan」で検索してください。

70_cuda_front_03.jpg
70_cuda_front_04.jpg
70_cuda_front_02.jpg
70_cuda_front_73_01.jpg
70_cuda_shomen.jpg
70_cuda_side.jpg
70_cuda_side_02.jpg
70_cuda_side_03.jpg
70_cuda_rr_02.jpg
70_cuda_rr_03.jpg
70_cuda_rr_01.jpg
70_cuda_rr_shomen.jpg

どうですかね?
確かにフロントフェンダーアーチの上からボンネットのまでのラインが厚ぼったいですが、
意外と気にならないように思います。
やっぱり模型は組んでから批評しないとダメだと思います。
それにいつも書いてますが、ボディの印象って車高で結構変えられますからね。
今回は僕としては珍しく、フロントを3mm近く車高を落としています。
ひょっとしたらキットに入っているロワードサスペンションの方がしっくりくるかもしれません。
さらにバンパーをフロントに少し(1.5mm程度)せり出すように付けてノーズの寸詰まり感を緩和しています。
組み立てにあたって苦労した箇所は一か所だけ。
リアのバランスパネルのフィッティングが悪く、リーフスプリングのリアマウントと干渉してしまったので、バランスパネルの裏側を削り、さらにリアマウントも削っています。

70_cuda_wheel.jpg

基本的に素組ですがタイヤのみamtの別売りのPOLYGLAS GTに変えました。
(このタイヤ、最高です。まだウカイ商店に在庫ありますので、欲しい方はコメント欄からオーダーください。2200円で8本セットです)。基本、ホイール径とぴったり合いますが、さらにフィッティングを良くするために、タイヤ内径のフランジを削り落としました。
クライスラーのペンタスターはMCGのエッチングパーツを使用しています。

70_cuda_engine.jpg
70_cuda_chassis.jpg

エンジンはプラグコードを追加した以外は素組です。
そう、このキットのエラーのひとつにデスビが7気筒用?になってしまっいる点があります。
こればかりは仕方ないので手持ちの8気筒用に変更しました。
作例では貼っていませんが、ヒーターホースにプリントされた文字を再現したデカールまで付属しています。
シャシーはいつも通りのFactory Stock仕様です。

70_cuda_int.jpg

インテリアも素晴らしい出来なのですが、
出来あがってしまうと、ぜんぜん分かりませんね。
インテリアのリアリティもこのキットの美点だと思います。

70_cuda_rr_qtr.jpg

リアクウォーターには「ホッケースティック・ストライプ」と呼ばれる「HEMI」の文字の入ったデカールを貼りました。確実なことは言えないのですが、外装色がこのInvioletの場合、内装色が白だと白ストライプ、黒だと黒ストライプになるようです。

ちなみに外装色はGAIAカラーの「純色バイオレット」にGSIクレオスの「#8シルバー」を混ぜています。仕上げはいつも通りGSIクレオスの「#46クリアー」の缶スプレーです。

70_cuda_front_yori.jpg

そして、もうひとつの鬼門がこのフロントグリルのディテーリング。
まず塗り分けが面倒です。さらに、グリルの中央の赤いストライプ部分を塗る際に、
ひと工夫必要です。というのは、これもエラーでエンブレムのモールドが左右両方に入っているのです。
本来は向かって右側だけですから、左側は赤いストライプだけに戻さなくてはいけません。
赤いストライプ部分をエバーグリーンなどのスティレン棒で作り直すことも考えましたが、
結局は赤いストライプを塗った後、エンブレムの部分を上下から黒で塗り潰して誤魔化しました。
(たぶん、ここのくだりは作った人にしかわからないと思いますが・・・)

70_cuda_box_top.jpg

最後は箱とともにパシャリ。

しかし、まだネタがあった。
そうそう、傑作の誉れの高いmpcのオリジナルのビルドと比較してみたのでした。

70_cuda_duo_fr_02.jpg
70_cuda_duo_front.jpg
70_cuda_shomen_duo.jpg
70_cuda_duo_rr.jpg

やっぱりmpcは偉大ですね。
でも、Revellも大したもんです。

ちなみに、アメリカではほぼ市場からRevellのクーダが消えています。
SOLD OUTのようです。二次入荷がないようなのですが、ひょっとして金型改修してたり・・・?

今度はSox&Martin仕様が出るみたいです。

長いブログでしたね、今回は(笑)。

あと、ナンバーは最近出た、文字を自分で貼るCAナンバーに変えました。
「426 PLY」はもちろん426HEMIエンジンを積む、プリマスってことです。

by ウカイ

投稿者 ウカイ | 2014年5月21日 11:41

COMMENTS

Awesome ! Congratulations good job !

完成お疲れ様です。
各部セットアップでこのかっこ良さはすばらしいです。
キットの少し気になったところも気にならずこっちが正解?と錯覚してしまいます。
Revellクーダは遊べますね!

mpcとの合体も凄いことになりそうですね。

投稿者 T'z : 2014年5月22日 23:58

T'zさん、
ありがとうございます。
やっぱり作ってみないとわからないものですね。
僕もあれほどよく思えていたmpcを今改めて比較してみると、
Revellも決して悪くないですし、むしろ当時再現できなかったであろう、
ボディの面の張りとかラウンド感、グリルの造形、ディテールなど、
良いところがたくさんあるように思えてきました。
今回はT'zさんの素組みのプロモクーダが非常に参考になりました。
mpcとの合体もいいですし、久々に同じ模型をもう一度作ってみたい気もしています。エラストメリックバンパーで。

投稿者 ウカイ : 2014年5月23日 09:33

コメントする

« Moebius BIG RIG Wheel setきた! | トップ | STANCED AMC PACER by Carmodels-Homepage »