趣味の総合サイト ホビダス
 

2009年8月 7日

微妙なキット

ここのところ、まったく製作が進んでいないので、雑ネタです。
私、基本的にはアメ車ちゃんですが、
実際のところ何でも好きです。
小さい時に乗りたかったクルマはハコスカのGT-Rで、
家のクルマもスカイラインワゴン数台~グロリアワゴン数台(ワゴンというのがミソです)と、知らず知らずのうちにプリンス派となっていました。
その後タテグロに興味を持ち、それがポンティアックのコピーだということを知り……気がつけば今の道へ。
まあ、昔からカーグラとカーマガを読んでいたこともあって、
欧州車も嫌いじゃないんです。

ranchero%20002.jpg

↑ウチの親にもらった、私のファーストカーがY30でした。
これもイイクルマだった。レアなV6&M/T車でしたから。
2リッターブロアムキャップにホワイトリボンで地味地味系。
オレンジ&車高短時代のランチェロとのツーショット。

でハナシがそれましたが、本題の微妙なキット。
↓がソレ。

コレ、昔、模型屋で見て”カッコワリーポルシェだなあ”とか思ってたヤツなんですが、
久しぶりに海外のサイトで発見して衝動買いしてしまいました。
RX-7みたいなポルシェと揶揄された924です。
ブランドはモノグラム。エンジンレスの簡略シリーズのアイテムで、
他にはS30の280Zとかフォード・カプリとか超ビミョーなヤツがありました。
でこの924ですが、当然バリバリのUS仕様。
日本で実車だったら、もっとも敬遠される5マイルバンパー&サイドマーカー付きですが、
これがタマランのです。
たしか、何号か前のモデルカーズにこの作例が出ていました(すごくキレイな作例でした)。
他にも924ターボとレース仕様があったと記憶しています。
まだシュリンクをあけていないのですが、結構ワクワクします。
ショボイ純正のホイールがまたイイ。
作らないかもしれませんが、こういうキット、好きなんです。

ちなみに、最近、本業は編集からホビダスオートダイレクトという物販系にシフトしているのですが、
個人的にイイと思ったものをガンガン仕入れています。
最近の注目株はコレ↓

ポルシェとロスマンズといえば、やっぱ956ですよね。
タミヤの1/24で作りましたよ。New Manポルシェとかね。
このドライビングシューズは、Porsche design × Adidasの絶版なって久しいものなんですが、
たった5足だけ確保できました。

履くのはちょっとためらわれるデザインと、レアっぷりですが。
近々売り出します。
多分、3万円くらいになる予定ですが、よくないすか?

今週末は、Zの続きを頑張ります。

ではまた。

by ウカイキャル吉


投稿者 ukai : 09:56 | コメント (5)

2008年3月24日

久しぶりにキットを購入

近頃はコレクション(在庫?)減らしに躍起になっています(ヤフオクにて鋭意出品中ですので、皆様よろしくお願いします)が、うっかりキットを買ってしまいました。
しかも、アメ車ではなく、ドイツ車でございます。
元々、ノンポリなところもあって、結構色んなクルマが好きなのですが、
914は何故か相当ササります。でもその理由を聞かれると、まったく説明がつきません。
昔は「プアマンズ・ポルシェ」などと揶揄されて、輸入中古車屋さんの片隅にポツンと売れずに放置されている姿を見かけた914ですが、最近は見なくなりましたね。
以前在籍していたカーマガジンで、チョロっとだけ914(2.0リッターの4気筒車)のステアリングを握る機会がありましたが、華奢そうな見た目とは裏腹に、フロアがしっかりしていてボディの剛性感も高く、
エンジンも思いのほか軽快でニンマリしてしまった記憶があります。

で、本題の模型ですが、実はコレ、ずっ~と欲しかったヤツなんです。
再販も幾度かされ、
日本でも一時期タカラが日本語パッケージで販売していたように記憶していますが、
コレが探すと見つからないんですね。
ところが、今回ゲットしたのは1971年製造の初版モノ(たぶん)。
パッケージは実車写真多用で、妙にいい雰囲気です。
以前紹介したamtのゴルフとかシロッコもそうですが、何でアメリカの模型メーカーが出すヨーロッパ車のプラモデルってこんなカッコいいんでしょうかね。

この時代のレベルって他にも240Zとかポルシェ911とか、510ブルーバードとか出していますが、
何故か箱がいいんですよね。911はさておき、240Zとこの914は中身も素晴らしいですからね。
ちなみにボディはこんな感じです↓。

結構シャープなんですよ。
この時代のポルシェって、色がいいんですよね。オレンジ、黄色、黄緑。。。
いったい何色に塗ろうかなあ、などと妄想してしまう今日この頃。

早くボンネビル仕上げなきゃ。

by ウカイキャル吉


投稿者 ukai : 16:15 | コメント (0)