趣味の総合サイト ホビダス
DESKTOP_GARAGEのトップページはコチラから!!

EUROPEAN CARSの最近の記事

MC278_P042_01.jpg
MC278_P042_04c.jpg
MC278_P042_04e.jpg
MC278_P042_06.jpg

久しぶりにフランス車を作りました。
フランス車は実車も結構好きな車種が多いのですが、
このゴルディーニだけは別格。

"速いハコ車"という言葉がこれほどまでに似合うクルマを他に知りません。
あ、シムカラリーも同じくらい好きですが。

エレールのゴルディーニは
ユニオン時代は軍資金不足で買えず、
ようやく手に入れたのはWAVE再販時代のでしたが、
いよいよ本家エレールからも再販になるということで、
サッサと手放したら......

今回のエレールの再販、
結構ボディの成型がよろしくなくて、
2個買って、2個とも盛大にボディが歪んでおりました。
今はエレールはクレオスがインポーターなのですが、
販売店を通して代品を送ってくれたのですが、
それもまた結構な歪みでして、
もう何度もやりとりするのも申し訳ないので、
グイグイとボディを矯正(強制?)しながら力業で組んでみました。

リアのバックパネルを装着する前に、
ボディの歪みを粗方直しておくと、
最後にバックパネルをガッチリつければ、
ある程度真っすぐなボディになることがわかりました。

ボディさえ真っすぐになれば、
あとは割とストレスフリーで組めましたが、
車高を上げたせいもあって、
なかなか4輪設置せず、
シャシーもグイグイと曲げて組んだのは言うまでもありません(笑)

そして、今回ゴルディーニを作る一番のモチベーションとなったのが、
溝呂木画伯設計の純正スチールホイール。

エレールのキットはラリー仕様なので、
アロイホイールしか入っていないのですが、
僕はファクトリーストックの状態がゴルディーニは一番好きでして。

タイヤは古いミシュランが良かったのですが、
タミヤのVWタイプI用など色々試してはみたものの、
どうもハイトがありすぎてタイヤお化けになってしまう。

なので最終的にはハセガワのFFジェミニ用が幅、ハイト共にぴったりだったので、
それを履いています。クルマの年代にミスマッチなラジアルですが意外と悪くないかと。

それにしてもアメプラにも通じますが、
いざ完成させてみると実に良い佇まいですというか、
有り体に言えばリアルですね。

古いキットですが、
ヘッドライトはレンズ、メッキリフレクター
そしてクリア部品のバルブという構成で、
バルブを純色イエロー(敢えてクリアイエローは使っていません)に塗ると、
まさにフランス車なイエローアイ。

これを作ると、
もう手放してしまったHubleyのReanult Dauphine(ルノー・ドルフィン)が
恋しくなります。

ここ数年で一番お気に入りの作例かもしれません。

by ウカイ


11.13_0185.jpg
MC272_P089_06.jpg

これまでにも1/24のミニカーカスタムなどは色々やってきましたが、
今回は童友社取り扱いの中国製トイラジをイジって遊んでみました。

なぜコレか?
といえば、単純に997のロードカーのプラモが無いから、
ということになります。

しかもこのトイラジ、
インテリアは軽い上げ底ながら再現されて、
ガラスもクリアという実にありがたい内容。

価格も2000円ちょっとが実勢価格ですから、
下手なプラモより安いわけで。

しかし意外だったのが、
プロポーションの良さ。
このトイラジは、インテリア下に単三電池を収める関係で、
お腹の下がぷっくりと膨らんで、
車高が恐ろしく高い。

ところがこのシャシーを取っ払うと、
ボディ自体は実に良いプロポーションをしてるんです。

ということでボディ色を剥離して、
パーティングラインを削り落としつつ、
ちょっと丸みが足りないフロント周りを
ナンバープレート除去ついでに削り込んでみました。

ホイールは実車がセンターロックなので選択肢が少ないのですが、
フジミのBMW Z4 GT3の部品を使用。
タイヤはアオシマの19インチ引っ張りを組んでいます。

ボディ色はRS4.0のグラフィックスをそのままに、
すべてGULFカラーに置き換えて、
細いラインを含めてペイントで表現しました。

「RS 4.0」の文字のみ知り合いにデカールで作ってもらいました。

唯一悔やまれるのは
運河のようなドアラインをいったん埋めて、
細く彫り直さなかったこと。

この辺をあらためてフェイズ2を作ってみたくもあります。

トイラジは安い上に、プラモに無い車種も結構あるので、
またこんな感じの遊びにトライしてみたいです。

MC272_P044_01a.jpg
11.9_0503.jpg

これは実際に作ってみて、
結構ダークホースなキットでした。

ハセガワのE36は良いキットだという認識はあったのですが、
いかんせんグレード的に318というのが微妙で、
これが「役付き」なM3やアルピナなら良いのに、
とずっと思っていました。

そんな折、ウクライナのUSCPをやっているミーシャが、
「トランスキットが出来たから送るよ」
ということで送ってくれたのが、
フロントバンパー、タイヤ&ホイール、リアスポイラー、マフラー、
デカールから構成されるレジンパーツセット。

さらにリアリティと立体感を追求した、
インパネ、シート、ドアパネル、ステアリングからなる
インテリアセットも送ってくれたのでフルに組みこんでみました。

出来上がってみるとなかなか雰囲気も良くて、
かなりのお気に入りとなりました。

ハセガワのキットはとにかく車高が低いので、
前後共に上げています。

本当はグリーンに金ストライプの予定が、
色々失敗して定番のブルーと銀ストライプになりましたが、
これはこれで良かったような。

E36はまた作りたいです。
今度はドラゴンのM3ですかね。

MCT06_P071_09a.jpg
MCT06_P071_09b.jpg
MCT06_P071_10c.jpg
MCT06_P071_10e.jpg

このポルシェはモデル・カーズ・チューニング(modelcars Tuning)その6のために製作。
ベースはフジミの964カレラ4の初版で、
フジミの964特有の"フロッグアイ"なフロントマスクに
ちょっとだけ手を入れてそれらしく見せています。

基本的にはフロントのヘッドライトを下方に下げ、
前方にオフセットしただけですが、
だいぶ印象は変わったと思います。

それ以外はミラーとステアリングを後期型に変更した以外は素組です。

タイヤはアオシマの14?引っ張り。
ホイールはオレンジウィールスのFORGEDの18リムをセットしています。
リムはスパッツスティックスでクローム風に。

テールライトの雰囲気が独特の964ですが、
基本はバックライトをマスキングして裏からクリアレッドを薄めに吹き付け、
表面からスモークを吹き付け、
反射板の部分に普通のレッドのエナメルを色挿ししています。

車体裏側もネットで拾った実車画像をもとにそれらしく。

ちなみにこのミントグリーンは純正色で、
カスタムカラーではありません。

作り出すとハマるポルシェ。
次はイタレリの993あたり狙っています。

以下は改修ポイントのカット。
作業はすべてシアノンで行っています。

MCT06_P071_11b.JPG
MCT06_P071_11a.JPG

MC259_P108_05a.jpg
1013_0162.jpg

ついにハセガワのマルニこと、
BMW2002のプラモデルの"真打"登場ですね。
すでに登場している丸テール前期型のバリエーションキットですが、
ボディは部分改修(金型のコマ替え)で後期の角テール化を行った上で、
オーバーフェンダーやエアダムといった分かりやすい部分から、
ターボ付きのエキマニ、マーレーの純正アルミ、シート、ステアリング
さらにミシュラン風のタイヤまですべて新金型部品を追加しています。

作例はフロントの車高を1.7mmほど上げて、
トレッドを左右各1mmづつ広げて、見た目の安定感を持たせています。

組むにあたっては、ボディ外周を取り巻くモールが相変わらずシンドイですが、
それ以外はサクサク組めます。

メッキ部品はバンパー以外はすべて上から缶の艶消しクリアを吹いて、
ドイツ車的な光物の質感に似せています。

しかしまあ、本当にハセガワの技術力とセンスを感じさせる、
素晴らしい佇まいに仕上げられるキットです。

私としては今年のベストキットに選出決定です(笑)

7.12_0100.jpg
7.12_0116.jpg

ハセガワのマルニ、前回のファクトリーストックに続き
2代目を本誌のチューンドカー特集のために製作しました。
いつもどおり素組ですが、
裏から見てもリアリティを損なわないように、
サスペンションを細かく加工しています。
ホイールはドイツのScale Production製のピレリホイールを履いています。
タイヤはアオシマの浅リム引っ張りの前輪用くらいしか入らなかったので、
そちらを使用しています。

この作例は製品版(テストショットではない)を使っています。
ボディ外周のハチマキモール、フロントグリルなどは、
軽くツヤ消しクリア(#30クレオス・缶スプレー使用)を吹いて質感調整をしています。

7.12_0513.jpg

MC255_P090_03_R.jpg
MC255_P090_13_R.jpg
MC255_P090_08a.jpg

ついに発売になったハセガワのBMW2002。
サニトラ以降、そのプロポーション表現はまさに「神ってる」ハセガワですが、
今回のマルニも本当に素晴らしい内容に仕上がっています。

僕はインテリアにほとんど執着しない、というかこだわらないのですが、許容範囲ですが、
インテリアのドアトリムに関してはほぼディテールがオミットされているので、
インテリアにこだわる方はちょっと物足りないかもしれませんね。

気になるのは本当にそれだけ。

あとはメッキモールの別パーツ化、
メッキパーツに塗装させないという設計者のこだわりが嬉しいです。
フロントグリルもメッキの枠と中の黒いグリル部分は別パーツで、
バンパーに関してもコーナーラバー、オーバーライダーのゴムなども別パーツなので、
メッキパーツにフラットブラックを塗るという非常に骨の折れる作業をしなくても済むわけです。

窓枠は、作例はハセガワの曲面追従シートの艶消し黒に、
メッキモールをベアメタルで貼り重ねて表現していますが、
こちらはデカールも用意されています。

シャシーも「ザ・FR」なサスペンションがしっかりと確認できます。

あとは本命のターボを待ちたいですね。
たぶん、ハセガワさん、出してくれますよね??

このノリでナローポルシェとか出してくれたら最高なんですけどね。

いずれにしても素晴らしいキットで、ホントにオススメです。

2016_09_01.jpg
2016_09_02.jpg

以前、1974年型の911をタミヤのスピードスターベースに製作しましたが、
これはその第二弾。
今回もベースは同じくタミヤのスピードスターですが、
さらにナローポルシェのバンパーやウィンカー類をドッキングさせて、
1973年型のカレラRSを目指しみました。

フジミからも1973年型のカレラRSのキットは出ていますが、
ちょっとズングリムックリしていて僕の好みではないのです。
特にサイドウィンドウのグラフィックスがいまひとつなので、
タミヤの911ターボのルーフセクションを移植しています。

フジミのバンパー類ですが、
タミヤが幅広いのかフジミが狭いのか、
横幅や前後オーバーハング長が足りないので、
すべてプラ棒とシアノンで延長してあります。

内装もタミヤのスピードスターをメインに、
フジミのカレラRSのパーツを移植して仕上げています。

ホイールはタミヤの911ターボのディスクに
スケールプロダクションのアルミを組み合わせています。

出来上がってみて・・・・ですが
なんかいまひとつ。幅が広いのと、フロントオーバーハングの長さが目立ちます。

そんな反省点を踏まえて、
今年も創作ポルシェを作ってみようかな、
などと思っています。

次は911Rか1969年の911Sあたりを狙っています。

2016_04.5_01.jpg
2016_04.5_02.jpg

いったい何年ぶりに作ったスーパーカーだったのでしょうか。
と思ったら2015年にマセラティ・ボーラを作ったので、
そんなインターバルはなかったですけど、
最新のスーパーカーとなると、
タミヤのテスタロッサが出た時以来?

このキットは省略する部分とこだわる部分のバランスが良くて、
組みやすく、それでいてリアルというのが好印象。
僕はドアが開くキットの制作が苦手なので、
ワンピースボディゆえに印象が良かったという気もします。

作例は本国および日本仕様のクリアマーカー仕様では味気ないので、
オレンジとレッドのUS仕様に変更してあります。
ボディ色もアメリカのスーパーカーディーラーで販売されていた、
ミントグリーンとスカイブルーの中間のような色で仕上げました。

また違う色で作ってみたいキットです。

ランボはフェラーリと違って色々なカラーに塗れるのが楽しいですね。

2015_07_01.jpg
2015_07_02.jpg

かねてより作りたいと思っていた、イタリアのESCI(エッシー)の
レンジローバーS1(シリーズ1)のキット。
本当に良くできたキットで、ヘッドライトにメッキのリフレクターを仕込んだのと
タイヤをタミヤの1/35ミリタリー・トラック用のゴムタイヤに変更した以外は素組。
フェンダーミラーにしたかったので、ドアミラーの穴をシアノンで埋めています。
ミラーはタミヤのミニMk1用を流用しています。

エッシーのFJ44ランクルと並べたいです。
いつの日か。

  • 1

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

リンク

ガレージライフ
ホビダスオート
ホビダス
T'z Factory
アメプラを筆頭にNASCAR、モータースポ―ツ、ダイアリーなどをメインにしたT’zさんのブログ。プロモ風フィニッシュなどオリジナリティ溢れる仕上げも勉強になります。
Final Gear
ストリートロッドやKustom、街道レーサー系まで幅広いジャンルを網羅する美徳さんのブログ。実車もTバケを所有!(深い!)
MS0023msbufjsk-51459
ラリーカーから国産旧車、はたまた働くクルマまで幅広いカテゴリーをフォローするC水さんのブログ。カーガイでもあるため、実車の知識も豊富で、模型好きだけでなく実車好きも唸らせる作品を多数製作。
ゆきおWORK'S
アメリカ車モデラーの第一人者であり、プロモデラーとして名を馳せる畔蒜幸雄さんのブログ。ウカイも相当影響を受けました。
JUNK MODEL(ジャンクモデル)
ジャンクとは名ばかりで珠玉の作品の製作過程が楽しめるこーやんさんのブログ。'50-'60sのアメ車メイン。
ガレージはおもちゃ箱
愛車はトヨタのフラットツイン2台、cubというP&Y_FLAT_TWINさんのブログ。アメ車、アメトラ、バイクのプラモなど読みどころ満載のブログ。
くるまのプラモ製作記
国産キットをFactory Stockスタイルで、見事に化けさせる腕前の持ち主、ながせさんのブログ。題材は違いますが、ウカイと製作スタンスが近く、ここの読者さんも楽しんでいただけるハズ
ROCK a PLA BABY!
国産車をメインに作られているLet's Goマサル!さんのページ。作業工程は参考になることウケアイ。
1/43cu.in.(キュービックインチ)
1/43スケールのアメリカ車のミニチュアをメインテーマとするPonys41さんのブログ。アメ車のミニカーのアーカイブとして資料性高し!写真も美麗!
今日も一日ご苦労さん
トラック乗りにしてスケールトラックモデラーというロードコマンダーさんのブログ。アメトラが濃い!
Sportscar Graphic
1960-1970年代のスポーツカーを題材にした模型、イラスト、ミニチュアカー、ペーパークラフトなどを製作する、プロのイラストレーター、溝呂木さんのページ。
CARMODELS-HOMEPAGE
東海エリアの凄腕モデラーmatsuさんのホームページ。読んで字のごとく、カーモデルオンリーのサイト。内容充実。そして何より清潔感あふれるフィニッシュが素晴らしい!アメ車、国産旧車何でもありのオールジャンルで楽しませてくれます!

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.