趣味の総合サイト ホビダス
DESKTOP_GARAGEのトップページはコチラから!!

JAPANESEの最近の記事

MC273_P030_01.jpg
MC273_P030_08.jpg
2018年、最後から2番目の作例となったのが、
アオシマからリリースされたばかりのER34でした。

ER34は2ドアの前期後期がフジミから模型化されていて
BNR34に関してはタミヤ、アオシマ、フジミの競作、
と結構な人気車種でしたが、
4ドアセダンはアオシマのドリ車、
のむけんさんのURAS以外はキットが存在しませんでした。
のむけん号はオーバーフェンダーが特徴ですが、
アオシマのキットはオバフェンをボディと一体成型としており、
ノーマルには組めなかったんです。

ということで、34の4ドアは長年ミッシングリンクとして、
キット化が待望されていましたので、ようやくという感じです。

原型は実車の3Dスキャンデータをベースに制作されたとのことで、
なかなかプロポーション良好です。
同じ工程を経てプラモデル化されたプロボックスは、
まだデータ作成された方が不慣れなのか、
面表現がちょっと「?」な部分もありましたが、
こちらはそういった違和感はだいぶ緩和されました。

アオシマも、今モノづくりの方法が激変しつつある時期なようで、
実車の3Dスキャンデータベースのまだ2作目ですが、
前作のプロボックスに比較してかなりこなれた部分もあり、
今後が楽しみです。

キットは新たな試みが多い部分、
今はキットがたくさん売れないので、
バリエーション展開を考えて設計しなければならないなど、
結果として組み辛くなってしまっている部分もあります。

ひとつは別体のフロントフェンダー。
正直隙間が盛大で、しかもその隙間からボディ内部が見えてしまう、
という難点も抱えていて、僕は結局繋ぎ目をすべてシアノンで接合して、
ドアラインを彫り直す、という方法で対処しました。

もちろん、これもしなければどうこうではなく、
気にされる方はそうした方がいい、
というレベルですが。

あとはガラスの組み付けにかなり癖があるので、
ボディの塗装をする前に、
装着のシミュレーションをしたり、
擦り合わせをしておいた方が無難だと思います。

今回の作例は極力ファクトリーストック感を出すために、
フロントの車高を上げています。
ストラットの延長のみで、
スプリングは活かしてあります。
リアも車高を若干上げましたが、
スプリングを活かすと、
トーインにどうしてガタが出る部品構成なので、
固定してしまいました。

フロントマスクは、
部品の取り付け用の「接着しろ」が曖昧な部分が多いので、
水性接着剤やエポキシなどをつかって、
かなりファジーに接着しました。

ボディカラーはアスリートシルバー。
この年代の日産車に特有の、
地味でも派手でもない、なかなか捉えどころのない色調ですが、
旧8番シルバーに黒とガイアの純色バイオレットを少々添加して調色してみました。

ということで、
何はともあれ僕的には結構実車も好きなER34後期の4ドアが、
ドノーマルで作れる時代がきたことに、
アオシマに感謝したいな、
と思います。

MCT07_P000_17.jpg
MCT07_P000_18a.jpg

こちらも昔はさんざん作ったフジミのR31。
ボディは当時のフジミとしては奇跡的に良い。
というかフジミが急激にクオリティを高めて、
僕らプラモ少年をワクワクさせてくれたあの時代の傑作です。

今年は何とハセガワからR31が新規金型で登場したので、
もはやフジミのR31はお役御免かとも思われましたが、
改めて作ってみるとこれはこれで良いですよね。

ちょっと幅が広めなので、シャコタン映えします。

ということでお世話になったフジミR31に敬意を払って、
結構真面目に作ってみたのがコレ。

基本的にはボディラインをしっかり出して、
ボディサイドから下方にはみ出してしまうシャシーをチャネリングして、
もともとガラスやらシャシーやらと干渉してしまうインテリアのパーツの多くを上下に切りつめてフィッティング。

そしてホイールがちょっとひねりを利かして、
Z31後期用のアレに軽くリム増しして
純正風のカッコいい架空ホイールを作ってみました。
タイヤはオレンジウィールズの引っ張り。
塗装はスパッツスティックスです。

外装はヘッドライトリフレクターを追加した以外は
特に手を入れていませんが、なかなかハンサムな雰囲気に仕上がりました。
ボディ色も純正のツートンを再現。
オートスポイラーとステアリングコラムはキット通り可動式にしています。

「その時、精悍」

岩城滉一さんが出ていたCMを思い出しますね。

そろそろ4D HTの前期セブンスも作りたいです。

MCT07_P000_31a.jpg
MCT07_P000_31b.jpg

70スープラと言えばタミヤ以外ありえないだろう、
なんて昔は思っていましたが、
歳をとると不思議なもので、
アバタもエクボじゃありませんが、
ちょっとイマイチと言われてるキットを「化かす」方が楽しく感じたりするようになるものです。

フジミの70スープラは、
お馴染みの板シャシーと
割とキツめの屋根低デフォルメで知らていますが、
シャコタン系でアレンジするとやたらカッコよくなります。

今回は思いっきり遊んでみようと思い、
テールランプの塗装以外は完全に「架空仕様」です。

イメージしたのはアストンマーティン的な何か。

ホイールは最近までスルーしていた
フジミのOZフツーラ(フッツーラ)ですが、
アオシマの18引っ張りタイヤと、
リアのみのリム増しで、驚きのカッコ良さに。
リムはスパッツスティックスで塗り直して、
スポーク部もシルバーで塗るとものすごくいい表情を見せるんですね。

ガラスを着色し始めたの最近ですが、
これもグリーンガラス化してリアリティをアップしています。

灯火類は意図的にクリアにして、
シックな雰囲気を目指しています。

実車とは全然関係ないですが、
こんなモデリングもまた楽し、でした。

MCT07_P000_02a.jpg
MCT07_P000_02b.jpg
MCT07_P000_10.jpg

昔は避けて通りたかったフジミのペッタンコプラモ。
でもコレがデフォルメだと知ってからは、
妙に愛おしく思えてきて、マークIIに続いて着手。

このGX61系のチェイサー&マークII、
一時市場から消えていたのはウィンドウパーツの金型が無かったという説が有力です。
そして2000年代に入り、ウィンドウパーツが新規金型部品となってからは入手も容易。
窓自体のモールドも綺麗になりましたが、
ヘッドライトのカットが綺麗に入っているのも魅力です。
しかも昔のスモーク成型ではなく、クリア成型になったのも朗報。

さて組むにあたっては、
素組と行きたいところですが、
実車に詳しい人に言わせればエンジンフード中央の「凸」型のプレスラインが実車と違う、と。
実車はエンジンフード中央は「ヘ」の字状に緩やかな山状になっていると。
なのでセンターセクションを切り出して、
「へ」の字に折ったプラ板に置き換えて整形してみました。

あとはヘッドライトリフレクターを追加したり、
ガラスをスモークブラウン(いわゆるブロンズガラス)に塗った程度です。

しかし、オレンジウィールズの引っ張りタイヤのおかげで、
この年代のホイールが非常に魅力的にセットできるのが
本当にモチベーション高まりますね。

似てる似てないはともかく、カッコよくて僕は気に入っています。

MCT07_P102_01a.jpg
MCT07_P102_06.jpg

こちらはストックで組んだモデラーズのプリウスを、
MCT用にロワードしたもの。

ホイールはBEEMAXのコロナJTCC用を使用。
純正オプションのTRDのホイールがコレに似ていたので流用を思いつきました。
ステア、タイヤ回転ギミックを追加しています。

またこのシリーズは作りたいですね。

R35 2017スペックか先代シビックタイプRあたりを狙っています。

GTSR_fr.jpg
GTSR_rr.jpg

ここ数年、ハセガワの新金型キットが出ると
ほとんど作っている気がしますが(N360、ジムニーはなぜか食指が伸びず)、
歴代スカイラインの中で最も好きなR31のオールニューキットとあらば、
作らないわけにはいきません。

最近のキットの常で、
製作にあたっては何も苦労することはありませんが、
強いて言えば「スジボリが浅い」。

今回は市販車仕様なので彫り直さなくてもどうにかなる気もしますが、
グループA仕様など、クリアコートを重ねる場合は、
しっかりスジボリを彫らないとボヤっとした仕上がりになりそうです。

スジボリが浅いのは
■給油口
■窓枠
■サイドモールの分割線
■ドアライン

とつまるところほとんどです。

そして元のスジボリが浅いので、
いきなりタガネを当てても脱線の嵐は必至で、
タガネを当てる前にエッチングソーなどで軽くケガいておくとそのリスクは軽減します。

このキットの美点は
すでに初版が発売されて久しいフジミの傑作(敢えてそう書かせてください)のR31に比較すると、
適切な車幅、プロポーション、灯火類のリアルさ、
そしてシャシーの立体感が挙げられます。

GTSR_chassis.jpg

フジミのGTS-Rは今から30年ほど前の発売当時、
喜々として作りましたが、
当時の一番の難関はボディカラーの再現。
当時の僕はエアブラシなど持っておらず、
グンゼの缶スプレーのブルー(まだ濃紺だった)を
ブラックの下地の上に吹き付けて、
これじゃない感を味わった気がします。

今はGAIAカラーのおかげでかなりイメージ通りに調色できました。
レシピはGAIAの純色シアンの白を数滴添加して明度を上げ、
そこにブラックを少しづつ垂らしながら色味を調整しました。

今回の作例の最大の失敗は
ウィンドウの塗装の色調がヤリ過ぎだった点くらいでしょうか。


MODELERS_Prius_fr.jpg
MODELERS_Prius_rr.jpg

プラモデル感覚で組み立てられるレジンキット。
そんなコンセプトで続々とニューアイテムが登場しているモデラーズのマルチマテリアルキット・シリーズ。
プラモメーカーが新しいクルマのキットを出してくれなくなって久しい今、
お値段こそ張りますが(\9,800/税別~)存在意義は十分にあると思います。

モデラーズといえば、
東京・恵比寿にあったMr.Craftのプライベート・ブランドでしたが、
現在その使用権はHi-Storyなどでも知られる、インターアライド下にあります。

僕自身は、ミスタークラフトも中学生の頃(今から30年くらい前ですね......)から通い、
アメプラをしこたま買わせてもらった記憶、
行くたびにワクワクできる最高のスポットでした。
閉店された時は"ミスクラロス"に陥ったりもしたくらいです。

一方のインターアライドは、大学生時代(今から25年くらい前)に通い始めた
プラモ&スロットカー屋のリトルガレージを母体としている、
これまたなじみ深い存在。

そんな縁というか思い入れもあって、
一度作ろうと思っていたマルチマテリアルキットですが、
念願かなって1台仕上げることができました。

クルマは現行プリウス。
意外に思われるかもしれませんが、
現行プリウス、結構好きなんですね。
そして何といっても、サーモテクトライムグリーンという、
あの独特のカラーリングに目が釘付け。
むしろ、サーモテクト~を塗りたくてこのキットを手掛けたといっても過言ではありません。

調色にあたってはガイアの純色イエロー、純色グリーン、白、そしてパールシルバーを使用しました。
かなりパールシルバーを投入しましたが、
実際はパール感は皆無......。
ハスラーのピンクあたりもそうですが、
現行車のパールカラーは色によってはパールを添加しなくてもいいような気もします。

組み立てに関してはモデル・カーズ266号に詳しいですが、
トリッキーなのはコシの強い塩ビシート素材のウィンドウパーツの貼り付けです。
接着にあたってはWAVEの二分硬化エポキシを使いましたが、
貼ってるうちに別の部分が剥がれて浮いてきたり、
接着剤がハミ出たりと、クリーンに仕上げるにはかなり難儀します。

ウィンドウパーツは仮組をして、
ある程度ボディの曲面に合わせて曲げぐせを付けておくといいと思います。

その他フロントバンパーのドライビングライトがエッチングの一枚板での再現だったりするので、
そこにもエポキシをもってレンズ感を出しています。

昔のレジンキットにあった、
パーツ内の気泡やパーツ自体の歪みもほとんどないので、
下地処理(中性洗剤原液洗浄~1500程度のヤスリで全表面研ぎ出し~メタルプライマー~サフェーサー)さえしっかりすればあとはプラモと同じ手順で塗れます。

次はR35 GT-Rの2017スペックにチャレンジする予定は未定です(笑)

by鵜飼


4.jpg
5.jpg

これまでにも何度かボディを塗ったことがある京商のラジコンMINIZ用ボディ。
いわゆるホワイトボディというもので、
ラジコンユーザーのリプレイス用に売られているものです。
モデラーとしてはそのフォーマット自体はなかなか魅力的なのですが、
いかんせんスケールが中途半端(1/27?程度)というのが玉に瑕。

ところが、今度新しく出たMINIZのFFシャシー用のデミオ・ボディをひと目見て、
ビビっときました。
そう、少なくとも横幅は1/24ピッタリ。

長さはちょっと寸足らずなんですが、
ボディのデフォルメが上手くて、
まったくそれを感じさせません。

なので、結構盛り上がって仕上げてみました。

ホワイトボディはインテリアはおろか、
シャシーすらついていないので、
プラ板で文字通りの板シャシーを作り、
足回りを組み込んでみました。

そのままノーマルで組んでも何も面白くないので、
自分の中でちょっと流行っている、
欧州車の純正ホイールを履かせてみることに。

ホイールはタミヤのニュービートル用を選んでみました。
で、ボディカラーもニュービートルの純正色で一番好きな
サイバーグリーンをそれらしく調色してペイント。

ガラスがかなり濃いめのスモークなのでインテリアはオミットしようかな、
とも思ったのですが、明るい色塗ったら少しは見えてきたので、
ハセガワのミニクロスオーバーの部品を適当に移植してみました。

完全なデッチアゲなんで左ハンドルだったりします。

ライトまわりだけはそれらしく塗りましたが、
あとは完全お気楽モデリング。

たまにはこういうのも良いですね。

京商さん、このデミオみたいな規格のボディ、
もっと出してくれると楽しいんだけど。

MCT02_P002_02a.jpg
MCT02_P002_02.jpg

もうかれこれ2年ほど前の作例ですが、
こんなのも作っていました。

ベースとなったのはアリイ/マイクロエースのシティ。
アリイの1/24といえば、LSやオオタキの古い金型を譲り受けて再生産されたもの、
という印象が強いですが、このシティに関しては、1980年代にアリイが自社製品として金型を起こしたもの。
形状はご覧のとおり、実車の特徴を捉えたなかなかのもの。
ディテールの表現はタミヤがベストですが、
がっかりするほどのレベルではありません。
そして一番のポイントは商用(4ナンバー)のPRO(プロ)グレードのフロントグリルが付属する点。
アリイのシティは当時から5ナンバーのシティRの他、
PRO仕様の箱絵のキットも存在していました。

そんなキットをベースにローダウンし、
オレンジウィールズの6スポークと京商MINIZ(ラジコン)用のショルダーを削って、
引っ張り風にアレンジしたタイヤを装着しています。

ロールケージはタミヤの曲がるプラ棒で製作、
ステアリングなどはタミヤのJTCCアコードのジャンク品わ使っています・

マルボロオレンジは、フィニッシャーズ(たぶん)
のF1用の塗料をエアブラシで吹きつけています。
デカールはタミヤの新橋ファクトリーで買った、1/24用のマルボロを使いました。

こういうことが出来るからプラモは楽しいですね。

1.9_0040.jpg
1.9_0043.jpg

ハセガワの1/24ヒストリックカーシリーズの新金型最新作、
シビックRSをモデル・カーズ262号用の作例として仕上げてみました。

初代シビックは、実車の評価とは裏腹に、
当時はまだ知る人ぞ知る名車といった感もあり、
日産車やトヨタ車のように模型に恵まれず、
もうキット化の夢もあきらめていたファンも多いハズで、
そこにスポットを当ててくれたハセガワには感謝感謝であります。

もはや形に関してはハセガワ・クオリティなケチの付け所のない逸品。
製作にあたっても何の苦労もありません。

N360やBMW2002では気になった、
ステアリングの切れ角の少なさ(小ささ)も改善されて、
しっかり切れますので、完成後の表情の変化を楽しめます。

車高やトレッドも手直し不要でこの感じです。

手を入れたのはドアラインの筋彫りをBMCタガネの0.15mmで
それぞれ20ストロークほどして深め、一部筋彫りを追加し、
リアウィンドウ周りの2重モールをBMCタガネの0.2mmで彫りこんであります。

IMG_4982.JPG

あとはキットのメッキランナーに付属している、
「HONDA」の文字のモールドを切り取ってテールゲートに装着しています。

MC262_P096_08c.JPG

惜しむらくは、ドア内貼りの平板さ。
バスタブ方式のインテリアなので、
側面のモールドが成型の都合上、凹凸がほとんどなく、
インパネやシートの造形が素晴らしい立体感を誇るだけに、
それが際立ってしまう結果に。

IMG_5494.JPG
IMG_5488.JPG

サニトラはドアパネルが別で造形も素晴らしかったのですが、
それ以降のハセガワの旧車はバスタブ方式で、
平板な上に、塗り分け(マスキング)が非常に面倒なので、
次作こそはインテリア側面は別パーツにして欲しいと感じます。

MC262_P096_07a.jpg

シャシー裏も素晴らしい立体感。
そしてパーツ分割もベストなので、
わずらわしいマスキングもなく、
キレイに仕上がります。

ちなみに、
シビックRSの純正ボディ色ですが、
オレンジ、濃緑メタ、モスグリーン、赤、紺などがあったようです。
緑系は写真によってはほとんど黒と紺の中間くらいに見えますね。

今回塗った赤は、ハーマンレッドにマゼンタと黒を足して、
血のようなクラシカルな赤にしてみました。

ハセガワの次作のジェミニ・イルムシャーも完成して、
モデル・カーズ262号にその作例を掲載していますが、
こちらへの掲載は、製品の発売後の2月末を予定しています。

しかし、そろそろ、ハセガワも変化球ばかりでなく、
ナローポルシェとかハコスカの4枚とか、
直球ど真ん中の旧車を出してくれませんかねえ・・・・

もし、変化球で来るなら、
僕的にはトヨタ1600GTあたりは非常に嬉しいのですが。


  • 1

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

リンク

ガレージライフ
ホビダスオート
ホビダス
T'z Factory
アメプラを筆頭にNASCAR、モータースポ―ツ、ダイアリーなどをメインにしたT’zさんのブログ。プロモ風フィニッシュなどオリジナリティ溢れる仕上げも勉強になります。
Final Gear
ストリートロッドやKustom、街道レーサー系まで幅広いジャンルを網羅する美徳さんのブログ。実車もTバケを所有!(深い!)
MS0023msbufjsk-51459
ラリーカーから国産旧車、はたまた働くクルマまで幅広いカテゴリーをフォローするC水さんのブログ。カーガイでもあるため、実車の知識も豊富で、模型好きだけでなく実車好きも唸らせる作品を多数製作。
ゆきおWORK'S
アメリカ車モデラーの第一人者であり、プロモデラーとして名を馳せる畔蒜幸雄さんのブログ。ウカイも相当影響を受けました。
JUNK MODEL(ジャンクモデル)
ジャンクとは名ばかりで珠玉の作品の製作過程が楽しめるこーやんさんのブログ。'50-'60sのアメ車メイン。
ガレージはおもちゃ箱
愛車はトヨタのフラットツイン2台、cubというP&Y_FLAT_TWINさんのブログ。アメ車、アメトラ、バイクのプラモなど読みどころ満載のブログ。
くるまのプラモ製作記
国産キットをFactory Stockスタイルで、見事に化けさせる腕前の持ち主、ながせさんのブログ。題材は違いますが、ウカイと製作スタンスが近く、ここの読者さんも楽しんでいただけるハズ
ROCK a PLA BABY!
国産車をメインに作られているLet's Goマサル!さんのページ。作業工程は参考になることウケアイ。
1/43cu.in.(キュービックインチ)
1/43スケールのアメリカ車のミニチュアをメインテーマとするPonys41さんのブログ。アメ車のミニカーのアーカイブとして資料性高し!写真も美麗!
今日も一日ご苦労さん
トラック乗りにしてスケールトラックモデラーというロードコマンダーさんのブログ。アメトラが濃い!
Sportscar Graphic
1960-1970年代のスポーツカーを題材にした模型、イラスト、ミニチュアカー、ペーパークラフトなどを製作する、プロのイラストレーター、溝呂木さんのページ。
CARMODELS-HOMEPAGE
東海エリアの凄腕モデラーmatsuさんのホームページ。読んで字のごとく、カーモデルオンリーのサイト。内容充実。そして何より清潔感あふれるフィニッシュが素晴らしい!アメ車、国産旧車何でもありのオールジャンルで楽しませてくれます!

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.