趣味の総合サイト ホビダス
DESKTOP_GARAGEのトップページはコチラから!!

MITSUBISHIの最近の記事

MC251_P052_01a.jpg
MC251_P052_03.jpg

今まで、「何で"ボディ塗装という楽しみ"を放棄してしまうのか?」
などと存在意義が理解できなかったプリペことプリペイントボディ(塗装済)キットですが、
このアオシマのエボのプリペを見た瞬間考えが変わりました。
「何でこんな綺麗なプリペイントボディがあるのに、塗装なんてするのか?」と(笑)

まあちょっと大げさに言えばそんなことなんですが、その塗装クオリティには感動がありました。
あとは、"完成させる喜びを簡単に味わえる"ということでしょうか。

僕もこのランエボを作るまでは知らなかったのですが、
ひと口にアオシマのプリペイントと言っても、
年代によって仕上げはマチマチだそうです。
少なくともここ1年くらいで出ているものの塗装は非常に良好だと思います。
あとはこのランエボに関しては、金型の継ぎ目(パーティングライン)の位置が絶妙で、
パーティングラインの処理をせず、塗らざるを得ないプリペキットの生産都合から見ても
"アタリ"のキットと言っても良いと思います。

今回はさすがにプリペを素組しても何のネタにもならないので、
足回りだけ加工してみました。
改修メニューは以下の通り。

皆さんも息抜きにプリペいかがですか?

■純正ホイール改修
リムをアオシマのWALDの何とか、というホイール(笑)のリム部分のみを移植。
タイヤはアオシマの18インチ引っ張り。
リムを増した分、ホイールは薄くスライス
■ロワーアーム&タイロッド延長
アッパーマウント側は未加工でロワーアームだけ伸ばしてキャンバーを付けている
■フェンダー裏削りこみ
ツライチでステアさせるため
■グリルまわりのみリペイント

2016_01_01.jpg
2016_01_02.jpg

その昔、童友社から旧ヤマダ製品がノスタルジックヒーローズ・シリーズから再販された時、
唯一購入したのがこのギャラン。
カタチが抜群に良かったので。

ヤマダ時代はチェリー、117他色々作りました。

そしてそのキットの良さを活かすべく、
超素組に挑戦。
変更点は車高&トレッド、タイヤ(タミヤのミシュラン)、
ヘッドライトのリフレクター&レンズ化などを行い、
レインガーターはエバーグリーンで作り直しています。

これがきっかけで童友社のノスタルジックヒーローズ・シリーズの蒐集にはまりましたが、
結局このギャランしか作っていません。イカンですね。

FUJIMI MITSUBISHI STARION(フジミ 三菱 スタリオン)

| Category: | コメント(0)

大変遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
さて、今日は昨年完成させたものですが、
詳細をアップしましょう。

作ったのはちょっと懐かしいフジミのスタリオン。
1980年代の初頭に発売された同キットですが、今でもわりと簡単に入手が可能です。
この年代のフジミのキットは、「当たりハズレ」も大きく、
車種によっては実車と「かろうじて似ている」的なものもありますが、
このスタリオンは間違いなく「当たり」の類。
今見ても、スタリオンの特徴をよく捉えた好キットだと思います。
シャシーはこの年代のフジミではお約束の共通シャシーなので、
裏側からは見れたものではありませんが、まあ、それもアジ。
唯一残念なのが、最近の再販にはノーマルホイールが入っていないという点です。
なので、今回はホイールをOrange Wheelsのテッチンホイール、"M Steel"に交換してみました。

それでは写真をば。

sta_01.jpg

sta_02.jpg

MC225_P026_10b.jpg

MC225_P026_14c.jpg

MC225_P026_14d.jpg

ボディは本当に素組。
スジ彫りはデザインナイフの刃の背なかで少し彫り込みました。
どうしてもバンダイ1/20の箱絵のドン臭いツートンに塗りたくて、
というかそれだけがしたくて仕上げてみました。

ホイールはM-Steelを使いながらも、
イメージしたのは1980年代にジムカーナで大人気だったスーパーラップ。
敢えて色を塗らずに成型色の白のままで使用しています。
ただ、ハブベアリングキャップはプラ棒で再現して、
リアのホイールセンターは黒く塗り、ホイールナットはスパッツスティックスを筆塗りするなど、
一応ディテーリングしてあります。
タイヤはキットに入っていたアドバンの前輪を4輪に履かせています。

ミラーはキットに入っていたものが形状が実車に程遠い形状だったので、
アオシマのハチロクに入っていた前期用を流用しています。
でも厳密に言うと、これもスタリオン用とは似ていない・・・・(要は雰囲気ですね)

車高は、ドリフトともジムカーナともとれる、
軽いシャコタン。フロントは少しキャンバーをつけましたが、
最近流行のスタンス系とは狙ったものが違います。

内装はキットのままですが、
それらしい赤系のカラーに塗ってみました。

こうして完成したフジミ・スタリオン、
何気に結構カッコいですよね。

by ウカイ


  • 1

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

リンク

ガレージライフ
ホビダスオート
ホビダス
T'z Factory
アメプラを筆頭にNASCAR、モータースポ―ツ、ダイアリーなどをメインにしたT’zさんのブログ。プロモ風フィニッシュなどオリジナリティ溢れる仕上げも勉強になります。
Final Gear
ストリートロッドやKustom、街道レーサー系まで幅広いジャンルを網羅する美徳さんのブログ。実車もTバケを所有!(深い!)
MS0023msbufjsk-51459
ラリーカーから国産旧車、はたまた働くクルマまで幅広いカテゴリーをフォローするC水さんのブログ。カーガイでもあるため、実車の知識も豊富で、模型好きだけでなく実車好きも唸らせる作品を多数製作。
ゆきおWORK'S
アメリカ車モデラーの第一人者であり、プロモデラーとして名を馳せる畔蒜幸雄さんのブログ。ウカイも相当影響を受けました。
JUNK MODEL(ジャンクモデル)
ジャンクとは名ばかりで珠玉の作品の製作過程が楽しめるこーやんさんのブログ。'50-'60sのアメ車メイン。
ガレージはおもちゃ箱
愛車はトヨタのフラットツイン2台、cubというP&Y_FLAT_TWINさんのブログ。アメ車、アメトラ、バイクのプラモなど読みどころ満載のブログ。
くるまのプラモ製作記
国産キットをFactory Stockスタイルで、見事に化けさせる腕前の持ち主、ながせさんのブログ。題材は違いますが、ウカイと製作スタンスが近く、ここの読者さんも楽しんでいただけるハズ
ROCK a PLA BABY!
国産車をメインに作られているLet's Goマサル!さんのページ。作業工程は参考になることウケアイ。
1/43cu.in.(キュービックインチ)
1/43スケールのアメリカ車のミニチュアをメインテーマとするPonys41さんのブログ。アメ車のミニカーのアーカイブとして資料性高し!写真も美麗!
今日も一日ご苦労さん
トラック乗りにしてスケールトラックモデラーというロードコマンダーさんのブログ。アメトラが濃い!
Sportscar Graphic
1960-1970年代のスポーツカーを題材にした模型、イラスト、ミニチュアカー、ペーパークラフトなどを製作する、プロのイラストレーター、溝呂木さんのページ。
CARMODELS-HOMEPAGE
東海エリアの凄腕モデラーmatsuさんのホームページ。読んで字のごとく、カーモデルオンリーのサイト。内容充実。そして何より清潔感あふれるフィニッシュが素晴らしい!アメ車、国産旧車何でもありのオールジャンルで楽しませてくれます!

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.