趣味の総合サイト ホビダス
DESKTOP_GARAGEのトップページはコチラから!!

NISSAN-DATSUNの最近の記事

MCT08_P064_01c.jpg
MCT08_P064_01b.jpg

思えばS13の実車が登場し、
タミヤとフジミがプラモデルをリリースしたあたりから、
僕の国産キットや国産車への興味が希薄になっていったような記憶があります。

S13と180SXはタミヤを作りましたが、
フジミのは入手こそしたものの、フロントのバンパー分割箇所の処理が思い浮かばず、
結局作らずに手放してしまいました。

そもそも当時はタミヤが一番だと思っていましたので、
フジミを作る必然性をあまり感じなかったんです。

ところが最近、Creativityやモデルカーズチューニングで、
他の方が作られた作品を拝見していると、
フジミのS13が一番イメージに近い形をしているように思い、
作りたくてウズウズしておりました。

そんなところで、折からのフジミの迷シリーズ、
ジャストチューニング回顧ブーム(ごく一部ですが)が訪れまして、
便乗して形にしてみました。

といってもジャストチューニングのキットを組んだわけではなく、
ホイールのみ別売りのフジミ製赤リムBBSを使って"デッチアゲた"ものです。

さすがにタイヤも古いハイトのあるタイヤを使うと、
味わい深さよりも、「びみょー」と言われてしまいそうなやぼったさが残るので、
オレンジウィールズのストレッチを履かせています。

車高もがっちり落としてスタンス風味に。
それ以外はひたすら素組に意欲を燃やしてフィニッシュしています。
ヘッドライト表現などもキットの部品をフル活用しつつ頑張ってみました。

ここ最近、フジミのキットにはまっております。

作り手の個性が反映されるプラモデル懐の深さをしみじみとかみしめつつ。


MCT08_P051_03a.jpg
MCT08_P051_03b.jpg

最近、たぶん歳のせいだとは思うんですが、
自分が小・中学校の頃に作っていたプラモデルがどうも一番ハマっているところで、
中でもフジミが結構ツボだったりします。

フジミは1980年代から急激に「良く」なった時期、
というか板シャシーの中に、時折、完全新金型の傑作が混じるようになった頃で、
このニュー・ミッド4(当時はそう呼んでいました)などはその典型的なもの。

初代ミッド4のようにエンジン再現こそはオミットされましたが、
それでもプロポーションやディテールのシャープさはズバ抜けており、
即購入して作った記憶があります。

思えばこの頃は、
レストア特集と縮刷版のカタログ欲しさに
『カー&ドライバー』誌を熱心に読んでおり、
その中にかの福野礼(礼一郎)さんが担当されている模型コーナーがあって、
そこでもこのニューミッド4は紹介されていました。

今でも覚えているのですが、ニュー・ミッド4の回では、
ドアラインを鋭利な針などで深く彫りこむと良い、
みたいなことが書いてあり、
即実践に移したのが僕も最古の「筋彫り」の記憶かもしれません。

今回は製作に当たって、
今更素組しても面白くもなかろう、
ということで実車ではアリエナイ車高短仕上げとしてみました。

これもまた模型の醍醐味ですね。

by 鵜飼


MC273_P030_01.jpg
MC273_P030_08.jpg
2018年、最後から2番目の作例となったのが、
アオシマからリリースされたばかりのER34でした。

ER34は2ドアの前期後期がフジミから模型化されていて
BNR34に関してはタミヤ、アオシマ、フジミの競作、
と結構な人気車種でしたが、
4ドアセダンはアオシマのドリ車、
のむけんさんのURAS以外はキットが存在しませんでした。
のむけん号はオーバーフェンダーが特徴ですが、
アオシマのキットはオバフェンをボディと一体成型としており、
ノーマルには組めなかったんです。

ということで、34の4ドアは長年ミッシングリンクとして、
キット化が待望されていましたので、ようやくという感じです。

原型は実車の3Dスキャンデータをベースに制作されたとのことで、
なかなかプロポーション良好です。
同じ工程を経てプラモデル化されたプロボックスは、
まだデータ作成された方が不慣れなのか、
面表現がちょっと「?」な部分もありましたが、
こちらはそういった違和感はだいぶ緩和されました。

アオシマも、今モノづくりの方法が激変しつつある時期なようで、
実車の3Dスキャンデータベースのまだ2作目ですが、
前作のプロボックスに比較してかなりこなれた部分もあり、
今後が楽しみです。

キットは新たな試みが多い部分、
今はキットがたくさん売れないので、
バリエーション展開を考えて設計しなければならないなど、
結果として組み辛くなってしまっている部分もあります。

ひとつは別体のフロントフェンダー。
正直隙間が盛大で、しかもその隙間からボディ内部が見えてしまう、
という難点も抱えていて、僕は結局繋ぎ目をすべてシアノンで接合して、
ドアラインを彫り直す、という方法で対処しました。

もちろん、これもしなければどうこうではなく、
気にされる方はそうした方がいい、
というレベルですが。

あとはガラスの組み付けにかなり癖があるので、
ボディの塗装をする前に、
装着のシミュレーションをしたり、
擦り合わせをしておいた方が無難だと思います。

今回の作例は極力ファクトリーストック感を出すために、
フロントの車高を上げています。
ストラットの延長のみで、
スプリングは活かしてあります。
リアも車高を若干上げましたが、
スプリングを活かすと、
トーインにどうしてガタが出る部品構成なので、
固定してしまいました。

フロントマスクは、
部品の取り付け用の「接着しろ」が曖昧な部分が多いので、
水性接着剤やエポキシなどをつかって、
かなりファジーに接着しました。

ボディカラーはアスリートシルバー。
この年代の日産車に特有の、
地味でも派手でもない、なかなか捉えどころのない色調ですが、
旧8番シルバーに黒とガイアの純色バイオレットを少々添加して調色してみました。

ということで、
何はともあれ僕的には結構実車も好きなER34後期の4ドアが、
ドノーマルで作れる時代がきたことに、
アオシマに感謝したいな、
と思います。

MCT07_P000_17.jpg
MCT07_P000_18a.jpg

こちらも昔はさんざん作ったフジミのR31。
ボディは当時のフジミとしては奇跡的に良い。
というかフジミが急激にクオリティを高めて、
僕らプラモ少年をワクワクさせてくれたあの時代の傑作です。

今年は何とハセガワからR31が新規金型で登場したので、
もはやフジミのR31はお役御免かとも思われましたが、
改めて作ってみるとこれはこれで良いですよね。

ちょっと幅が広めなので、シャコタン映えします。

ということでお世話になったフジミR31に敬意を払って、
結構真面目に作ってみたのがコレ。

基本的にはボディラインをしっかり出して、
ボディサイドから下方にはみ出してしまうシャシーをチャネリングして、
もともとガラスやらシャシーやらと干渉してしまうインテリアのパーツの多くを上下に切りつめてフィッティング。

そしてホイールがちょっとひねりを利かして、
Z31後期用のアレに軽くリム増しして
純正風のカッコいい架空ホイールを作ってみました。
タイヤはオレンジウィールズの引っ張り。
塗装はスパッツスティックスです。

外装はヘッドライトリフレクターを追加した以外は
特に手を入れていませんが、なかなかハンサムな雰囲気に仕上がりました。
ボディ色も純正のツートンを再現。
オートスポイラーとステアリングコラムはキット通り可動式にしています。

「その時、精悍」

岩城滉一さんが出ていたCMを思い出しますね。

そろそろ4D HTの前期セブンスも作りたいです。

GTSR_fr.jpg
GTSR_rr.jpg

ここ数年、ハセガワの新金型キットが出ると
ほとんど作っている気がしますが(N360、ジムニーはなぜか食指が伸びず)、
歴代スカイラインの中で最も好きなR31のオールニューキットとあらば、
作らないわけにはいきません。

最近のキットの常で、
製作にあたっては何も苦労することはありませんが、
強いて言えば「スジボリが浅い」。

今回は市販車仕様なので彫り直さなくてもどうにかなる気もしますが、
グループA仕様など、クリアコートを重ねる場合は、
しっかりスジボリを彫らないとボヤっとした仕上がりになりそうです。

スジボリが浅いのは
■給油口
■窓枠
■サイドモールの分割線
■ドアライン

とつまるところほとんどです。

そして元のスジボリが浅いので、
いきなりタガネを当てても脱線の嵐は必至で、
タガネを当てる前にエッチングソーなどで軽くケガいておくとそのリスクは軽減します。

このキットの美点は
すでに初版が発売されて久しいフジミの傑作(敢えてそう書かせてください)のR31に比較すると、
適切な車幅、プロポーション、灯火類のリアルさ、
そしてシャシーの立体感が挙げられます。

GTSR_chassis.jpg

フジミのGTS-Rは今から30年ほど前の発売当時、
喜々として作りましたが、
当時の一番の難関はボディカラーの再現。
当時の僕はエアブラシなど持っておらず、
グンゼの缶スプレーのブルー(まだ濃紺だった)を
ブラックの下地の上に吹き付けて、
これじゃない感を味わった気がします。

今はGAIAカラーのおかげでかなりイメージ通りに調色できました。
レシピはGAIAの純色シアンの白を数滴添加して明度を上げ、
そこにブラックを少しづつ垂らしながら色味を調整しました。

今回の作例の最大の失敗は
ウィンドウの塗装の色調がヤリ過ぎだった点くらいでしょうか。


12.8_0012.jpg
12.8_0018.jpg
MCT05_P054_01b.jpg

すっかりスカイラインの人です。
子供の時(1970~1980年代)はスカイライン小僧でした。
その後、家のクルマがグロリアに代わり、
タテグロに興味を持って、それがアメリカ車のコピーであることに気づき、
興味の対象がアメリカ車に移り変わっていきました。

アオシマのケンメリもかつては何台か作りましたが、
最後にちゃんと作ったのはL型パワーが出たばかりの頃。

なので30年くらいは触っていなかったと思います。

昔からデカくて四角いイメージが強いアオシマのケンメリでしたが、
子供の時は形を直すとか、そんな意識は皆無でした。
しかし、大人になると、色々出来ることも増えて、
自分の理想に近い形に近づけてみたくなるわけです。

そんな折、アオシマのスカイライン60周年企画の一環で、
前期のグリル&リアガーニッシュが新金型パーツで登場することになりました。

なので、その新金型パーツとボディの改良を合わせて、
自分なりベストな一台を模索してみることにしました。

ボディは基本的にはフロントのバランスパネル(アゴ)と
リアのバランスパネルおよびリアホイール後方のリアフェンダー下部の丸め込みを行っています。
その際にサーフィンラインの抑揚を強くして、
さらにゴツすぎるフロントグリル外枠をボディと一緒に削って、
顔回りをシャープに見せる工夫を凝らしてみました。

ちなみにリアガーニッシュは新金型部品は使わず、
従来の部品にグラチャンキットに入っている、
ワンテール部品のベゼルを流用加工して装着しています。

ホイールはアオシマの深リム・ハヤシですが、
本来のフロント用をリアに、
本来のリア用のリムを切り詰めてフロントに装着しています。
タイヤは最近お気に入りのフジミの引っ張りです。
適度にハイトがあるので実車っぽいんですよね。

さて、全体像としては、
ザ・チューニングカー・シリーズのヨンメリの初版の、
シリーズ・バリエーションの小枠のみに姿を現したイラストの再現になっています。
製品はあのカリーナテールの箱絵だったので、
言ってみれば"幻の箱絵仕様"といった感じでしょうか。

実は、これに飽き足らず、
新金型の後期グリル仕様も作っています。
今度はボディサイドも折り込んで、
さらにタイトな印象のケンメリを目指しています。

japan_01.jpg
japan_02.jpg

アオシマのジャパン2ドアと言えば、
アオシマが1981年に自社で出したザ・チューニングカー・シリーズ由来の金型と
アオシマが廃業したイマイから引き継いだ後期型の金型の2種類が存在します。

僕は旧イマイ金型のボディの方が伸びやかで、
ジャパンの印象を上手くとらえているように感じます。

そんな旧イマイ金型のジャパンに、
アオシマがスカイライン60周年に合わせて
気の利いた前期型グリル&リアガーニッシュ、前後バンパーを
新金型で追加してくれました。

前期型といえば、その昔、LSのキットを作って以来ですので、
模型として見るとなんだか新鮮です。

そしてこのグリルの出来のいいこと!

さて、今回、新金型グリルの前期ジャパンを作るにあたって、
せっかくなので旧イマイボディの"クセ"みたいな部分にも
手を入れてみることに。

一番のクセはとにかくフェンダーアーチがでかい。
これはおそらくモーターライズ時代の弊害で
ステアを切って走らせる際にタイヤがボディに当たらないように、
クリアランスが大きめに設定されていることに起因しているのではないでしょうか。

なので、そちらにシアノンを盛ってアーチ形状を修正してみました。
下の2点の写真で光が透けて見えるのが、シアノンで延長した部分です。

MC261_P030_05b.jpg
MC261_P030_05c.jpg

あとは、ジャパンのデザインの見せ場のひとつ、
サーフィンラインの印象がやや希薄なので、
谷を強調するようにカッターとヤスリで削り込んでみました。
下の写真は改修前です。

MC261_P030_06b.jpg

最後にジャパンのプラモデルを触ったのがイマイかマルイのジャパンでしたので
30ウン年ぶりの、ジャパンモデリングでしたが、
当時は考えもしなかった、アオシマが新金型グリルを追加したイマイのジャパン前期制作、
出来上がってみるとかなりカッコよくて気に入っています。

ホイールはフジミのパナスポーツに
オレンジウィールズのユーロスタイルのリムをドッキングしたリバレルしたものをセットしています。

ボディカラーは純正色のイエローをイメージして、
あまり作例としては見ない雰囲気に仕上がったのではないでしょうか。

7.12_0078.jpg

7.12_0091.jpg

アオシマのケンメリの新金型フロントグリル&リアガーニッシュ仕様の
発売に合わせて作ってみました。
ボディはフロントとリアのバランスパネル部分を下方に削りこんで
スマートに見せる加工を行っています。
元々四角くて平たい前後バンパーを、
丸く立体感豊かな造形に削り、
仕上げはスパッツスティックスのメッキ調塗料で仕上げています。

足回りはフロントのワイドトレッド加工(ストラットを外側に移設、各アーム類延長)、
リアサスペンションはネガキャン&ロワードを行ってます。

ホイールはキットに付属のスピードスター、
タイヤはフジミの引っ張りを組み合わせています。

アオシマのヨンメリ、ウン十年ぶりに完成させましたが、
カッコいいですね~。

MC256_P034_12b.jpg
MC256_P034_13a.jpg


MC253_P016_01a.jpg
MC253_P016_01b.jpg

今回もプリペ(プリペイント/ボディ塗装済)キットのご紹介です。
こちらも前回のランエボ同様、ボディは素組みして、
あまった体力(集中力)を足回りのカスタムに費やしています。

ホイールは同じくアオシマのロケットバニー86に
ジャンクホイールの18リムをドッキングさせた架空ワイドホイールです。
足回りはロワアーム&タイロッド延長でロワリングしています。
一応ステアも可能になっています。

R34のプリペ、色調も素晴らしく満足度は高いです。
しかし、ランエボに比べると惜しいポイントもあります。

まずパーティングラインが割と目立ちます(特にトランクまわり)。
ヘッドライトリフレクターに色挿ししないとちょっと実車と表情が異なります。
前後バンパーのフィッティングがイマイチ。
バンパーは塗装済ゆえに、手で曲げてボディに合わせたりすることができず、
結局シアノンと硬化剤で文字通り力技でガッチリ接着してしまいました。

プリペ、近々、現行クラウン前期型のモモタロウや
イニシャルDのハチロクが出るみたいですね。

クラウンは自分では調色が難しいあの色や、
これまた調色の面倒なインテリアも塗装済なのと、
ハチロクは非常に面倒なあのパンダ塗り分けをしなくて済むのが
最高に魅力的ではないかと思われます。

2017_04_01.jpg
2017_04_02.jpg

今まで完全スルーしていたアオシマのS30(S31)。
旧グンゼの260Zレース仕様の金型改修品、だと思っていたのですが、
ボディはシャコブギのアキラのZを再現するために、なんと完全新金型で
作られたものだとか。
そして、よーく見たら結構カッコいいことに気づいて、
一気に作ってしまいました。
テールが後期型(S31)っていのうのもこのキット最大の特徴ですね。

敢えて和風はさけて、欧州風味で仕上げてみました。
ボディ色はR34の純正色のミレニアムジェイドをイメージして調色。

改造ポイントはほとんどありませんがアゴ(フロント・バランスパネル)だけ
改修しています。

MC254_P000_06.jpg

以下は改造メニュです。

■トレッド拡張&ネガキャン加工
■ホイールはフジミのケーニッヒ911に付属の17インチ?相当の極深BBS RSに変更。
■タイヤはアオシマの引っ張り(テーパー無し)
■フロントバランスパネル修正
■インテリアの改造
(ゼンチボックス除去、シート後退、ドア内貼りをハセガワの240Zから流用)
■リアバンパー付用穴を瞬着で塞ぐ
■ヘッドライトリフレクター追加(MFHのアルミリフレクター)
■フジミの金属製マフラー装着


  • 1

2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

リンク

ガレージライフ
ホビダスオート
ホビダス
T'z Factory
アメプラを筆頭にNASCAR、モータースポ―ツ、ダイアリーなどをメインにしたT’zさんのブログ。プロモ風フィニッシュなどオリジナリティ溢れる仕上げも勉強になります。
Final Gear
ストリートロッドやKustom、街道レーサー系まで幅広いジャンルを網羅する美徳さんのブログ。実車もTバケを所有!(深い!)
MS0023msbufjsk-51459
ラリーカーから国産旧車、はたまた働くクルマまで幅広いカテゴリーをフォローするC水さんのブログ。カーガイでもあるため、実車の知識も豊富で、模型好きだけでなく実車好きも唸らせる作品を多数製作。
ゆきおWORK'S
アメリカ車モデラーの第一人者であり、プロモデラーとして名を馳せる畔蒜幸雄さんのブログ。ウカイも相当影響を受けました。
JUNK MODEL(ジャンクモデル)
ジャンクとは名ばかりで珠玉の作品の製作過程が楽しめるこーやんさんのブログ。'50-'60sのアメ車メイン。
ガレージはおもちゃ箱
愛車はトヨタのフラットツイン2台、cubというP&Y_FLAT_TWINさんのブログ。アメ車、アメトラ、バイクのプラモなど読みどころ満載のブログ。
くるまのプラモ製作記
国産キットをFactory Stockスタイルで、見事に化けさせる腕前の持ち主、ながせさんのブログ。題材は違いますが、ウカイと製作スタンスが近く、ここの読者さんも楽しんでいただけるハズ
ROCK a PLA BABY!
国産車をメインに作られているLet's Goマサル!さんのページ。作業工程は参考になることウケアイ。
1/43cu.in.(キュービックインチ)
1/43スケールのアメリカ車のミニチュアをメインテーマとするPonys41さんのブログ。アメ車のミニカーのアーカイブとして資料性高し!写真も美麗!
今日も一日ご苦労さん
トラック乗りにしてスケールトラックモデラーというロードコマンダーさんのブログ。アメトラが濃い!
Sportscar Graphic
1960-1970年代のスポーツカーを題材にした模型、イラスト、ミニチュアカー、ペーパークラフトなどを製作する、プロのイラストレーター、溝呂木さんのページ。
CARMODELS-HOMEPAGE
東海エリアの凄腕モデラーmatsuさんのホームページ。読んで字のごとく、カーモデルオンリーのサイト。内容充実。そして何より清潔感あふれるフィニッシュが素晴らしい!アメ車、国産旧車何でもありのオールジャンルで楽しませてくれます!

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.