趣味の総合サイト ホビダス
DESKTOP_GARAGEのトップページはコチラから!!

OLDSMOBILEの最近の記事

インパラ祭再開!? amt 1967 Impala SS WIP(1)

| Category: | コメント(6)

ここのところ、こーやんさんやP&Yさんが続々とフィニッシュさせているインパラ。
何となくムズムズしてきてしまいまして、昨年末に仕上げたRevellの'66に続いて、amtの'67に「お手付き」してしまったのは先々週。

がしかーし、何となく始めたのが良くなかったのか、工具(GSIクレオスのラインチゼル)に慣れていなかったのが祟ったのか、いきなり簡単なスジ彫りで失敗。修正しようとすればするほどド壺にはまり、取り返しのつかないことに。

で、先だって、こちらで'67のスペアボディのご提供を募ったところ、5マイルバンパーさんとSumiさんが名乗りをあげてくださり、5マイルバンパーさんのが塗装済みのジャンクということで、そちらを譲っていただくことに。Sumiさんは手つかずのものを譲ってくださるとのことだったのですが、それはあまりにも申し訳なくもあり、もったいなくもあり。

で、ソッコー5マイルさんが送ってきてくれたのが↓のボディ(ありがとうございます)。

0801_67_before.jpg

なかなか素敵なグリーンに塗られていて、モールドラインをサンディングした以外は、色を塗っただけの状態とのこと。ちなみに色はタミヤのカストロールグリーンメタ。ボクもこの色を'69カマロのYenkoに塗った記憶があります。なかなかキレイでしたのでもったいないですが、そのままシンナー風呂に直行していただき、見事↓の状態に。

0801_67_after.jpg

ほとんど新品です。5マイルさんがあまり接着剤を使わずに組み立てていただいていたおかげで、接着剤跡はもほとんど無し。もうベースとしては文句のない状態です。

ちょっと横のプレスラインがダレていたので、サンディングでエッジを立て直し、スジ彫りをゴリゴリと。結局クレオスのラインチゼルはやめて、デザインナイフの刃の背中で彫り直しました。ラインチゼル、彫れるんですが、曲線がかなり難しい。あと深く掘ると、刃の通過地点が一定にならず、結構とめどなくラインが深くなっていきます。定規をあてて、まっすぐスジ彫りするには最高ですが、曲線への使用はあまりお勧めできません。

amtの'67 Impalaは、確か'97年頃のamtの名作ラッシュ時に新金型で出たもので、タミヤばりにあっさり組めます。ただ、素組ではあまりに味気ないので、ホイールだけ、amtの'67 annualのフルホイールカバーに変更予定です。キットにはラリーホイールが付いていますが、たぶん新車時からラリーホイールを履いていたインパラってそんなに多くない気がしています。なので、もっとも主流であったはずのフルホイールカバーがいいかな、と。ホイール自体は、MODELHAUSのリプロを使用します。

あ、もちろんFordもやってますよ。
近々'64 Mercury Cometは塗れると思います。

それと、実はずうっと探していたヤツを入手しました。
Jo-Hanの1960 Oldsmobile 98です。

0801_60olds_fr.jpg

0801_60olds_rr.jpg

未組み立てのは相当高いのですが、ビルドも安くはありません。
ただ、最近思うのですが、接着方法さえよければ、未組み立てのものに比べて、ビルドの方がボディにダメージを受けている可能性が低いような気がします。
この頃のJo-Hanはご存じのようにあのちっちゃな箱に部品がギュウギュウ詰めで入っていて、その状態で保管されていると、ファクトリーシールドでも、ピラーがバッキリ折れていた、なんてことも珍しくありません。その点ビルドは組まれていることで、車体の剛性があがっていて、結果、程度は悪くなかった、ということもあります。まあメッキパーツはだいたい終わっていますが。

これも、MODELHAUSのバンパーなどをおごって、キレイにリビルドしてやる予定です。

後ろ姿は、'60年型のGMフルサイズの中で一番好き。
安定感があって、派手すぎなくて、まとまりもある。
インパラ、ボンネビル、エレクトラ、そしてこの98を並べてみたいもんです。

by ウカイ

脱線してる場合じゃないですが

| Category: | コメント(0)

今年こそ「お手つき」はナシにしようと思っていたのですが、
気分転換になんとなく箱を眺めていたら、そいやイロイロあったな、と引っ張り出してきたのがトロネード。一時期、必死で集めたので、'69以外は揃っています。といってもワケありやジャンクばっかりですので、ヒトスジナワではいかないシロモノばかりですが。

223_torobox.jpg

トロネードこと、Oldsmobile Toronadoのキットは結構不思議なメーカーのすみわけがなされていて、
まず'66年はJo-Hanから平箱で初版が登場。
ついで'67年はamtとmpcが担当。でもややこしいことにmpcのはmpcの自製ツールですが、amtのキットは実のところ中身はJo-hanだったりします。
'68も同じ展開でmpc自製とamtの中身Jo-hanの2種が存在。
'69はたぶんJo-han箱のみ。
'70年に関しては当時annualとして販売されたのがamt箱の中身Jo-han版。
でそいつは後にJo-hanからUSA OLDIESシリーズの一環としてJo-han箱で再販されています。
'71~'72は箱をほとんど変えずにJo-hanから出ていました。

ただ、この辺は詳しい文献などがあるわけではないので、あくまでボクの現物ベースによる推測の域を出ませんが大筋であたっていると思います。

ただもっと不思議なのは、'67~'68のmpcの自製キットのエンジン部分だけは、どうにもJo-hanの同部位パーツと同じようにみえる点。うーん。

で、今回、お手つきをしてしまったのは、'70のamt箱のヤツ。
すでに適当に組み上げられていたのを、ばらして、組みなおしです。
まあ、古い組み立て済みのキットにありがちですが、
バリ取りなどもなくタップリと接着剤を塗って組まれているので、ばらすのも一苦労。
部品を破損しないように、丁寧にやります。
どうしても外れない接着部は、流し込み接着剤で「ふやかして」外す方法もありますが、最後はチカラワザも飛び出します(笑)。

でバラバラにしたら、接着面をヤスリなどできれいに流し、
接着剤で埋まってしまったモールドなどは丁寧に削りだしてやります。
なんとなく化石を発掘して組み立てる作業に似てるかも(やったことはありませんもちろん)。

で、エンジンブロック、シリンダーヘッド、ミッションなどを組みなおしたのが↓の写真。

223_torofront.jpg

ちなみにバルブカバーとトランスミッションのベルハウジングはクロームパーツなので、
キッチンハイターでクロームをはがしてあります。でもクロームがキッチンハイターだけでは落ちず、さらにGSIシンナーに1日漬け込んで、クロームの下地塗料もろともはがしました。メンドクサカッタ。

それにしても、このJo-Hanのパワートレインの組み立ては何度やっても面白い。
組み立ててしまえばわからないのに、エンジンブロックにはシリンダーホールやプッシュロッドのリフター、ヘッドにはバルブや吸排気口までモールドされています。
でもって、このパワートレイン一番のポイントであるミッション&デフ、ドライブシャフトもしっかり再現されています。

今のクルマはFFといえば、横置きが普通ですが、こいつは縦置き。
日本車だと、直5を搭載した初代ホンダ・インスパイアなども縦置きFFでしたね。そいえば。

まあV8は前後に短いとはいえ、クランクの出力をベルト(厳密には金属のチェーン・ベルト)を介して前方のデフに折り返して左右前輪を駆動させる仕組み。
デフはエンジンの左側(運転席側)にオフセットされていて、それゆえに左右のドライブシャフトは不等長なんですね。

これだけみてると、まっすぐ走るのが不思議だ。

と思って当時の文献を読んでみると、やっぱりトルクステアの解消には相当難儀したみたいです。
まあ馬鹿トルク、375馬力のエンジンを積んでいるわけですから、いたし方ない気もしますが。

さらに、サスペンションもGMとしては異例のフロント・トーションバー、リアはリーフ。
トーションバーはFFなのでコイルスプリングがアッパーアームとロワアームの間に置けないがゆえの苦肉の策。でもなぜリアがリーフなのかはわかりません。

この辺はキャデラックのエルドラドもまったく同じ。

でも普通に考えたら、まずは小さいエンジンの小さいクルマでFFを試せばよかったのに、何で高級フルサイズクーペをパイロット車に選んだんでしょうね。

そう、前にも記しましたが、Jo-hanの'67-'73エルドラのキットのシャシーは、'66に初版が出たトロネードと共通。さらにエンジンまで共用しているのがちょいと残念ポイント。

そいや'68のトロも作りかけだったし、実は'67も。。。

'67ファイアバードの次は、'70スーパーバード、その次はトロを何とか完成させたいなあ。

といっているうちに今年も早1/6が経過。

あせるなあ。

by ウカイ

Built kit fever!?

| Category: | コメント(10)

今日はどうにもこうにも休日出勤。
こんな日はちょいと寄り道。
以前、知人に教えてもらったリサイクル模型屋さんをのぞいてみることにします。
なんとも面白い店で、箱に入ったそこそこの状態のものも普通に売っているのだけど、普通のヒトやコレクターが見たらガラクタにしか見えないようなJunker Builtも奥の棚に積んである。
でも店主さんは、そのガラクタを称して「売り物にならない」とのことで、なかなかそれを見せてくれない。うーん。困った困った。ボクが欲しいのはガラクタの方なのだ。

でも、今日は不思議と見せてくれた。感謝感謝。
おそるおそる売ってくれないか? とたずねたところ、譲っていただけることに。うれしいな。
で、分けてもらってきたのが↓の面々。

■Jo-han 1966 Oldsmobile Toronado

66toro_fr.jpg
66toro_rr.jpg

Jay RenoのToroを彷彿とさせるゴールドにペイント済み。エンジンは行方不明。でもJo-hanの切れ味鋭いモールドがたまりません。うちにあるJunk Partsで復活させられるでしょう。これは早々に手を付けたい。

■Jo-han 1966 Rambler Marlin
66marlin_fr.jpg
66marlin_rr.jpg
66marlin_yori.jpg

これまた塗装済みですが、すごくセンスのあるペイント。マーリンは'80年代にも再販されましたが、再販の際はヘッドライトがグリルにモールドされているタイプに変更されていたり、インテリアが謎のパターンになっていたりと、初版とは細部が異なります。エンジンとフロントのバランスパネルが欠品。どうしますかね。まあたぶんどうにかなるでしょう。

■amt 1961 Ford Galaxie
61ford_rr.jpg
61ford_fr.jpg

こちらも塗装済み。でも他のモデル同様、素晴らしく実車ライクなペイント。たぶん相当分かっている方がペイントされたのでしょう。コンバチの模型はふだん買わないのですが、その佇まいに惹かれれてお持ち帰り。

そして最後はボク的に一番嬉しかったヤツ↓。

■amt 1964 Chevrolet Corvair
64corvair_fr.jpg
64corvair_rr.jpg

'64年に発売されたCraftsman Seriesのアイテムで、Curbsideのエンジンレスキットですが、基本Promotional modelなのでプロポーションは抜群。ステアリンホイールが行方不明ですが他はなかなかいい状態。

まだまだここ日本でもTresure Hunt的な楽しみは残っているんですね。
皆さんも今一度、近くのリサイクルショップなどをのぞいてみては。

Mint ConditionのAnnualはなかなかおいそれとは作る気になりませんが、
Builtなら気軽にリビルドできますからね。

まずは全車シンナー風呂行き予定です。

by ウカイ

昔作ったヤツその9(Lindberg 1/25 1967 Oldsmobile 442)

| Category: | コメント(7)

そろそろネタ切れの予感の「昔作ったシリーズ」です。
今日のはLindbergが新金型で出した'90年代後半のキット。
それまでのLindbergといえば、いにしえのIMCやPYLOの再販とか、かなりB級メーカーなイメージが強かったのですが、'90年代中盤から、'64 Dodgeや'61 Impalaを皮切りに、'53 Ford、'66 Chevelle、そしてこの'67 442と傑作を連発。

ちょっぴりボディのモールドこそ甘かったですが、プロポーションはなかなか。
amtやRevell/MONOGRAMでは見られなかったパーツ割や構成も新鮮でした。

しかも車種チョイスがあきらかに「好きモノの仕業」で、
これまで模型化されていなかった、あるいはオリジナルが再販されていないモデルが狙いうちだったのです。

ボクとしては、中でも'66 Chevelleと'67 442はお気に入り。
両方ともストックに組めるキットがannualを含め存在しておらず、
あるのはMONOGRAMの1/24スケールのファニーカー(442 Hairy OLDS)とストリートマシーン(Chevelle)のみ。実はどちらもストックに戻すプロジェクトを敢行しましたが、挫折。

そんなところに登場したのがこのキットだったのです。

とりあえず写真。

67_olds_fr.jpg

67_olds_rr.jpg

67_olds_detail.jpg

そういえば、このキット、初版はエンジンフードがエラー品だったので回収騒ぎがあったとかなかったとか。本来のエンジンフード断面は真中がヘコんだ凹形状だったのに、なぜかこれがセンター部分が膨らんだ凸断面になっていたんです。
待望のキットだったので、ソッコー買ったらエラー品だったんです。
で仕方ないのでもう1個買った記憶が。。。
インパラも初版のフロントガラスの形状が変で、すぐに型が改修されたんですよね。
その時も初版を急いで買って、エラー品だったので、もう1個買ったんです。

ひどい話。

でもそれはともかく、基本的には好きなキットです。

基本的に例によって素組みですが、
メッキの別パーツフェンダーアーチとサイドモールディングのフィッティングがイマイチだったので、
全部エバーグリーンで作り直して、上からベアメタルを貼りこみました。

そういえば、この時代のリンドはとにかくメッキが弱くて、
エナメルのシンナーでもメッキがはがれてしまって、グリルの塗り分けとか苦労しました(基本的に全体をざっと塗って、シンナーを染みこませた綿棒で余分な塗装を剥がす方式でディテーリングするため)。
最終的にはメッキの上からメタルプライマーを吹き付けてから作業することで対処していました。

この頃はMCG(Model Car Garage)も超ノリノリで新金型のキットが出ると、
すぐにそれに合わせたエッチングパーツキットが出たんですよね。
それが今や。。。

まあ何はともあれ結構清潔感あるフィニッシュになりました。

車高やトレッドはいじっていませんが、なかなかいい感じです。
ちょっとホイールが小さすぎる印象もありますが、でかすぎるよりはリアリティの面ではよし。
ボディカラーはGSIクレオスの#3の赤の缶スプレーで仕上げています。
今見ると赤がキレイすぎですが、これはこれでオッケー。

このあとamtから'66 442が同じく新金型で出て、一時期は442が盛り上がってましたね。
このamtの'66もいいキットです。

最近はちょっと元気がないリンドバーグですが、
たまには新金型でなんか出してくれませんかねえ。

歴代442を並べるってのもオツだなあ。

歴代GTO、歴代シェベルの次にいつかはやりたいプロジェクトですな。

まあ、ここの読者さんと皆で今回はGTOとか442みたいにテーマをきめるものいいかも。

はー、気がつけばまた夢を語ってる僕。

これじゃただのドリーマーだな。

いかんいかん

by ウカイ

FF祭り?

| Category: | コメント(8)

ようやく花粉もひと段落、といった感じで、チョコチョコと作業も再開です。
↓が近況です。

手前は、ビルトのジャンクをシコシコとバラして、塗装をはがして、歪みを直して、
接着跡を削り落として、実車で言うところのホワイトボディ状態になったmpc製'68のトロネード。
ここのところ妙にキャデラック・エルドラド、オールズモビル・トロネード熱が上がっていまして、
ビルドの再生もなし崩し的に……。
またまた中途半端君が増えてしまいます。イカンなあ。
ちなみに、mpcのトロネードはamt/Jo-hanのトロネードとはまったく別物で、
シャシーのパーツ構成はまったく違います。凝りに凝ったamt/Jo-hanとは違い、
いたってオーソドックスです。
この辺の違いは近いうちに細かくレポートしましょう。

そして、目ざとい方ならお分かりいただけると思いますが、
'68トロの後ろのケースに入った2台は、上が以前完成姿を披露した'70年エルドラド、

下がもうちょっとで完成予定だった'67年エルドラドでございます。
こちらは3歩進んで2歩下がる、というか3歩進んで4歩下がっています。
まあ、簡単に言えば、手抜きした部分、
テーパーラインを完全に消しきっていなかった部分、
ボディ表面のヒケを埋めていなかった部分、
などが結局我慢ならなくなって、塗装をはがしてしまいました。
やっぱり、ビルドベースとはいえ、
貴重なオリジナルを組むのですから妥協はイカンですよね。やっぱり。

ということで、今日もまったく進歩の無いブログでした。

by ウカイキャル吉

  • 1

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

リンク

ガレージライフ
ホビダスオート
ホビダス
T'z Factory
アメプラを筆頭にNASCAR、モータースポ―ツ、ダイアリーなどをメインにしたT’zさんのブログ。プロモ風フィニッシュなどオリジナリティ溢れる仕上げも勉強になります。
Final Gear
ストリートロッドやKustom、街道レーサー系まで幅広いジャンルを網羅する美徳さんのブログ。実車もTバケを所有!(深い!)
MS0023msbufjsk-51459
ラリーカーから国産旧車、はたまた働くクルマまで幅広いカテゴリーをフォローするC水さんのブログ。カーガイでもあるため、実車の知識も豊富で、模型好きだけでなく実車好きも唸らせる作品を多数製作。
ゆきおWORK'S
アメリカ車モデラーの第一人者であり、プロモデラーとして名を馳せる畔蒜幸雄さんのブログ。ウカイも相当影響を受けました。
JUNK MODEL(ジャンクモデル)
ジャンクとは名ばかりで珠玉の作品の製作過程が楽しめるこーやんさんのブログ。'50-'60sのアメ車メイン。
ガレージはおもちゃ箱
愛車はトヨタのフラットツイン2台、cubというP&Y_FLAT_TWINさんのブログ。アメ車、アメトラ、バイクのプラモなど読みどころ満載のブログ。
くるまのプラモ製作記
国産キットをFactory Stockスタイルで、見事に化けさせる腕前の持ち主、ながせさんのブログ。題材は違いますが、ウカイと製作スタンスが近く、ここの読者さんも楽しんでいただけるハズ
ROCK a PLA BABY!
国産車をメインに作られているLet's Goマサル!さんのページ。作業工程は参考になることウケアイ。
1/43cu.in.(キュービックインチ)
1/43スケールのアメリカ車のミニチュアをメインテーマとするPonys41さんのブログ。アメ車のミニカーのアーカイブとして資料性高し!写真も美麗!
今日も一日ご苦労さん
トラック乗りにしてスケールトラックモデラーというロードコマンダーさんのブログ。アメトラが濃い!
Sportscar Graphic
1960-1970年代のスポーツカーを題材にした模型、イラスト、ミニチュアカー、ペーパークラフトなどを製作する、プロのイラストレーター、溝呂木さんのページ。
CARMODELS-HOMEPAGE
東海エリアの凄腕モデラーmatsuさんのホームページ。読んで字のごとく、カーモデルオンリーのサイト。内容充実。そして何より清潔感あふれるフィニッシュが素晴らしい!アメ車、国産旧車何でもありのオールジャンルで楽しませてくれます!

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.