趣味の総合サイト ホビダス

バッキーの最近の記事

2005年行ったとこランキング!

| Category:

こんばんは。本日も場外乱闘!バッキーです。
さて、仕事納めも済んだ今宵。
この1年を振り返ってみたいと思います。

今年は普段なかなか行かないような地へ
足を運んだ1年でした。
というわけで、2005年行ったとこベスト3の発表です!

【第3位 愛知・名古屋】
まず第3位はこのブログ内でも取り上げた名古屋行き。
INAXさんにご招待いただいた愛知・常滑の陶芸体験ツアーでは、
タイル工場、衛生陶器工場の見学に、陶芸体験、
さらに中部国際空港・セントレアまで行くことができました。

それだけでもかなり濃ゆいツアーだったのですが、
その後、さらにオイラは自腹で連泊し「愛・地球博」へ。
連休だったのをいいことに翌日には念願だった「明治村」に行き
夜な夜な味噌カツ、味噌煮込みうどん、きしめん、台湾ラーメンetc…
ひとり気ままに好き勝手に飲み食いしながら名古屋を満喫。
せっかくなので名古屋城のてっぺんまで登っちゃいました。
名古屋名物は何食べてもウマかったけど
名古屋城の売店で食べた八丁味噌ラーメンだきゃあマズかったぜ。

さらにこの時宿泊したホテルは姉歯氏設計の問題建造物!
今は営業停止中になってしまったいわく付きのホテルだったのでした。
びっくりしたなぁ、もう。

【第2位 青森・恐山】
恐山とは本州のてっぺんにある霊山。
地図で見ると、ホントに本州の先っちょなんだな!ってよくわかります。
クルマだと東京からノンストップでも12時間を超える走行距離。
東北自動車道をぶっ飛ばした挙句、
原発でおなじみの六ヶ所村を通り過ぎ、さらに延々と続く山道…。
イヌやネコならずキツネやタヌキがクルマに跳ねられてるわ、
山道の脇には5月の連休というのに、ところどころ雪が残ってるわ…。

恐山といえばイメージするのはイタコさんだと思います。
それだけでもキョーレツですが、オイラが思いつくのは
寺山修司の「田園に死す」という映画。
これがまたキョーレツな前衛映画でスゴイんですよ。

そんな恐山って、どんなスゴイところかと思いきや
明け方に到着すると、真っ青な空の下、ピーカンの快晴なのでした。
なんか恐山って爽やかじゃん。ありぃ?ってな第一印象。
とはいえ、やっぱり荒野にお地蔵さん、その向こうに真っ青な湖…
などなど、特徴的な風景が広がっていて感慨深いものがありました。

さらに社の中には天然温泉が沸いていて、到着早々朝っぱらから
野郎4人で風呂入って乾杯! ここはホントに恐山なのか?ま、いっか♪

【第1位 イタリア・ミラノ】
なんとオイラ、今年はイタリア・ミラノに行ってまいりました。
家具コレクションの取材だったのですが、現地にいたのは中3日。
有名なドゥオモも見てないしジェラードも食べられなかったけど
ミラノサローネと呼ばれる世界最大の国際家具見本市をはじめ
たくさんのイベントを体験し、多くの人との出会いがありました。

行ってる間はわけもわからず動き回っていた気がしましたが
帰ってきてから、気付くとインテリアを見る目が変わってきたし
幅広い知識と経験を得ることができたとつくづく実感。

AD COREの瀬戸さん、樋口さんをはじめ、
現地で快く手助けしてくれた多くのみなさんや
ミラノ行きを承諾してくれた編集長には
改めて感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

たった3日間とはいえ、イタリアに関しては
いろいろネタもいっぱい。その話はまた別の機会にでも。

というわけで、今年はちょっと変わったところに行けたのが
バッキー的には大きな大きな収穫でした。
来年もおもしろいところに行けるといいなぁ。

ウィンタースポーツあたり年っ!

| Category:

こんにちは。バッキーでございます。いやぁ、この冬はメッチャ寒いですね。
実はバッキー、寒いの大嫌いなんです。
寒いと外出る時に服いっぱい着なきゃならないし、
そのくせ出先で上着がジャマになったりと
実に理不尽な気がしませんか?

寒いと動きたくなくなるし、体にも悪いし
いいことなんかひとつもない!
と、言いたいところですが、唯一楽しいことが♪
それがスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツ。
子供の頃からスキーが好きだったオイラとしては
冬といえばウィンタースポーツ!なわけです。

ちなみにオイラはスキーだけじゃなくてスノーボードや
スキーボード(超短いスキーのことね)もやってるので
ゲレンデに行く時は、一緒に行く相手に合わせて
持って行く用具をそろえて遊びに行きます。

でも最近は、誰もが「冬=ゲレンデ」という感はなく
毎年ゲレンデに行く人も年々少なくなっているようで
ウィンタースポーツフリークとしては寂しい限りです。

とはいえ今シーズンは、この寒波でバンバン雪が降ってます!
これはもう滑りに行くしかないでしょう。
ということでさっそくこの連休に滑りに行って来ました。

行った場所は軽井沢や菅平高原のちょっと奥「峰の原スキー場」。
そんなに大きくない地味目なゲレンデですが
初級から上級までそれなりにコースバリエーションも豊富。
っつーか、この積雪状況のおかげで雪質がサイコーなわけですよ!

051225峰の原02.jpg

フツーならかなりの奥地まで行かないと味わえないような
パフパフのパウダースノーを浴びるほど満喫できるんです!

05122501.jpg
(写真はイメージです)

スノーフリークのみなさん!
今シーズンはまれに見るアタリ年ですよ~。
来年の分まで滑るつもりでゲレンデに思う存分足を運ぶべし!

というわけで、お正月休みもガンガン行っちゃおうかなと
今からワクワクな今日この頃のバッキーなのでした。

オススメお正月ロードショー
「プライドと偏見」

| Category:

本日も水曜担当。バッキーです。
本日は女性読者の多い家具コレクションらしく
女性にオススメのお正月ロードショー映画
「プライドと偏見」を紹介します。

プライドと偏見メイン.jpg

「プライドと偏見」って…ぶっちゃけすごくカタ~イ邦題だし
古典文学の映画化作品です。こう聞くと、
なんだか小難しいなぁって思うでしょ?でもね。
かのヒット作「ブリジット・ジョーンズの日記」
なんと同じ原作がモチーフなんです。
原作に忠実な本作とコメディタッチブリジットシリーズ
比べてみるのも面白いハズ。


-はい、ここでバッキーのマニア知識のコーナーです-
ちなみに知る人ぞ知る青春コメディ映画「クルーレス」も同原作がモチーフ。
主役は「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」で
ピッチピチにキツそうなバッドスーツを着て
バッドガールを演じてたアリシア・シルヴァーストーンです。
最もキュートな旬のアリシアを観たいならぜひ「クルーレス」をチェキ!
ちなみにオイラの好きなハリウッド女優はレイチェル・リー・クックです☆

さて、話を今回の映画に戻しましょう。
18世紀の昔も21世紀の現代も時代は違えど恋愛観は不変です。
「風と共に去りぬ」だって「ロミオとジュリエット」「嵐が丘」
身分の違う男女がどうやって境遇を乗り越えていくかといったストーリー。
「プライドと偏見」も、こうした不変的な男女の関係を描いた物語です。

さらに見どころは他にもたくさん。
牧歌的で雄大な自然とクラシカルでありながら不変的な美しさ
兼ね備えた豪邸や庭園、そして時代背景を反映したファッションにも注目です。
プライドと偏見サブ②.jpg
主演は今、超注目の新鋭女優キーラ・ナイトレイ
秋に公開されたドミノでハードでスリリングな女主人公を演じた彼女ですが
今回は打って変わって素朴で美しい18世紀の淑女に変貌しています。
プライドと偏見サブ③.jpg

こういったさまざまな要素が相まって、この映画は
本年度アカデミー賞最有力候補作品と謳われ
ゴールデン・グローブ賞にもノミネートされております。

『プライドと偏見』 UIP映画 配給
2006年1月14日(土)より
有楽座ほか全国一斉ロードショー!

  • 1

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.