趣味の総合サイト ホビダス

ETCモニター車載器取り付け【BMW R1200GS&R1100GS編】

| コメント(1)

ETC取り付けシリーズ、今回はヨーロッパでもっとも売れているBMW、R1200GSとR1100GSの報告です。

まず、最新モデルのR1200GSです。

こちらは前モデルのR1150GSより30kgも軽量化されたため、収納スペースがほとんどありません。

アンテナ等はパイプハンドルなので問題なく取り付きましたが、本体を入れるスペースが全く有りません。


唯一、シート下に工具が入っていて、それをどかすと何とか収まるスペースが出来るので、そこに本体を納めることにしました。

一応ここには入るのですが問題が一点あります。
R1200GSはシートの高さを調整できます。工具をどかしたスペースだとシートの高さを高い設定にしていればすんなりおさまるのですが、低い設定にするとシートが閉まらなくなります。

そこで、今回は両方のシート設定に対応できるように、さらに工具入れの底を外して本体を取り付けました。ここはリレーBOXになっているのですが、リレーに影響せず収める事が出来ました。

ちょっと不恰好でが、シートを取り付ければ分かりませんのでガマンしてもらいました。


次はR1100GSです。


この車両もアンテナはすんなり付きましたが、やはり本体スペースがありません。

で、こちらもリヤシート下の工具箱をケースごと外して、直接リヤフェンダーに取り付けました。
フェンダーの色が赤いので写真ではすっきりして見えますが、これもスマートでは有りませんね。

R1200GS、R1100GS共工具を全て取り除いて無事取り付け完了となりましたが、やはり車載工具は無いと不安ですよね。

今度は工具のいれ場所を考えないと・・・・・。

ご意見ご感想はこちらまで takimoto@mg-craft.co.jp
HP見に来て下さい http://www.mg-craft.co.jp

コメント(1)

シューズ 通販 ミネトンカ バック http://www.cnpbcn.com/

プロフィール

滝本幸一 Koichi Takimoto

<神奈川のBMWディーラーCRAFT(現Motorrad SHONAN Craft)店長>
普通のバイク屋の店長が1月のツーリングに行くとこがなく、何気に雑誌のB・O・T・T(バトル・オフ・ザ・ツイン)という文字に目が留まり、なんだか良くわからないままお客様を連れて筑波へ・・・・。そこで出くわした光景に人生の歯車が狂いだし、翌年にはコース上に。それから約25年、いまだに同じことを繰り返す日々。最近は、年とともに転倒が増え「いい加減にしたら」なんて声が周りから聞こえてきます。負けるな、永遠の草レースライダー!

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

トラックバック

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.