趣味の総合サイト ホビダス

チームクラフトボクサーカップレース報告

前回は海野氏の初レースを報告しました。
誰でも初めからロッシにはなれません。

私もレースを初めた頃は予選を通らず、何度午前中にサーキットを後にしたことか。
その後、予選を通るようになってからも、転倒、転倒で怪我もたくさんしました。
(このポキポキ日記の由来でもあります。)

海野氏も今後は、偉大な亡き前編集長の小椋氏(輝かしい経歴のアマチュアライダー)やサーキットの魔術師、現編集長の伊丹氏(元国際A級ライダー)のように、いずれはサーキット、ワインデイング、紙面上でかっこよく膝をすりながら試乗記を書くそんなライダーになってくれると信じています。

そうなるにはどうしたらよいか・・・・。
「諦めない事」です。頑張って下さい。
私とチームクラフトは今後も全面バックアップします。


と堅い話はここまでにして、チームクラフトのボクサーカップレースを報告いたします。(#^.^#)

「5月のレースに続き、連続1位~3位独占」

海野氏撃沈

10/9(日)レース当日。

あいにくの雨、初レースが雨なんて・・・・。
ただ、本人は全く緊張感無し。

海野氏初レース

この写真は、ボクサーカップレース用に仕上られたBMW R1200STです。

実はこの車両、クラブマン誌若手のホープ海野氏の初レース用車両なのです。

プロフィール

滝本幸一 Koichi Takimoto

<神奈川のBMWディーラーCRAFT(現Motorrad SHONAN Craft)店長>
普通のバイク屋の店長が1月のツーリングに行くとこがなく、何気に雑誌のB・O・T・T(バトル・オフ・ザ・ツイン)という文字に目が留まり、なんだか良くわからないままお客様を連れて筑波へ・・・・。そこで出くわした光景に人生の歯車が狂いだし、翌年にはコース上に。それから約25年、いまだに同じことを繰り返す日々。最近は、年とともに転倒が増え「いい加減にしたら」なんて声が周りから聞こえてきます。負けるな、永遠の草レースライダー!

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

トラックバック

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.