趣味の総合サイト ホビダス

チンクエチェント博物館

20160310_01.JPG

20160310_02.JPG

20160310_03.JPG

もともとは、愛知県南知多町にあった
フィアット500をテーマにした博物館『チンクエチェント博物館』。
その博物館が、2年程前に山形県の鶴岡市に移転していたのです。
まだ行ったことがなかったのですが、
先日やっと、取材で訪れることが出来たわけであります。
東京からだと、ちょっと距離がありますが
行くだけの価値はありますよ。

お酒も肴も美味しいですし。

20160310_04.JPG


人生初庄内平野

20160309_01.jpg

まだまだ行ったことのない場所はいくらでもあって、
改めて、日本はけっこう広いなと感じます。
というわけで、先ほど山形方面の取材から戻って参りました。
取材の成果は次号のカー・マガジン本誌にて。

現代のガリバー旅行記?

20160307.JPG

私はもうだいぶ前から
"育ち盛りのワカモノ"ではないので、
今以上にカラダが大きくなることはありません。
でも、世界中のたいがいのクルマは、
成長の止まった私を尻目に、
どんどん大きくなり続けているので、
そのうち自分が相対的に小さくなって、
乗れるクルマが無くなっちゃうかも......って、
もちろんそんなことはないですね。

不自由な季節

20160306_1.jpg

今日の自宅周辺は
比較的風が強く吹いていました。
クルマの掃除でもしようと思っていたのですが、
花粉症の悪化を懸念して、断念。
まったくもって不便で不自由なシーズンでありますね。

春の海...

20160306.jpg

ひねもすのたりのたりかな。

これで花粉が飛んでなければ、
言うことなしなのですが。

フィアット124、のモデル

20160304_1.jpg

20160304_2.jpg

フィアット124の、1/13スケールのモデルです。
イタリアはミラノの模型メーカー、ポケール製。
模型の縮尺といえば、普通は1/12なのですが、
ポケールの模型には、1/13という半端なスケールが結構存在します。
ちなみにこの個体は、趣味界の先輩たるMさんの持ち物ですが、
「フロントのサスペンションが破損したので修理して欲しい」との
依頼で預かったもの。明日あたり、修理する予定です。


非クルマねた

20160303-1.jpg

出勤途中にあるマンションの名前なんですが、
"グランジャルダン"だとばかり思っていたのですが、
よくよく文字を見ると"グランヅャルダン"ですね。
これで正しいのか、はたまた誤植か、ちょっと気になります。

モンテのミニ

20160302.jpg

少し前にネタにした
1964年のモンテのミニが表紙になっている
カストロールの小冊子ですが、
その写真をベースにしたとおぼしき
プラモデルの箱絵"がこちらです。

ミニカー

20160227.JPG

最近は何かと慌ただしくて、
自宅で一杯やりながらミニカーを鑑賞する、なんて生活から
長いこと遠ざかっています。
といいつつ、気になる製品を見つけると、
ついつい買ってしまうものですから、
自宅のミニカーは増える一方です。

プラモデル

20160228.jpg

最近は何かと慌ただしくて、
余暇を模型工作で楽しむ......という生活から
長いこと遠ざかっています。
といいつつ、気になる製品を見つけると、
ついつい買ってしまうものですから、
自宅のプラモデルは増える一方です。

トップページへ

カー・マガジンのトップページに戻る

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.