趣味の総合サイト ホビダス
 

« アメリカ出張報告【その8】今夜ビッグなイベントがあります。 | メイン | ミウラ・コンセプト、速報特別ページ作ります。 »

2006年01月06日

アメリカ出張報告【その9】ついに登場、ミウラ・コンセプト。

 お待たせいたしました。現地時間本日夜19:30から、ビバリーヒルズでランボルギーニのミウラ・コンセプトのお披露目が全世界に先駆けて行なわれました。週末開催のデトロイト・ショーでワールドプレミアされる予定のこのコンセプトカー、その本番前に、カリフォルニアの優良顧客やディーラー関係者を集めて、いわゆる内覧会のような……そう、エクスクルーシブな発表となったのでした。

 詳しくは本誌でもレポートいたしますが、地元のメディアもさほど参加していないこのスペシャルイベントの案内を受けたROSSOは、日本で唯一の取材陣となったのでした。さすが月刊ランボルギーニ(自称)の面目躍如ですね~(自画自賛)。

 写真はアンヴェール前のカット。ヴィンケルマン社長に続き、なんとチェントロスティーレを預かるウオルター・デ・シルバ氏もスピーチ。限られた顧客のみの招待とはいえ、その体制はパーフェクトです。

 さて、それでは、会場での写真をいくつかアップしましょう。ポップアップして拡大写真が見れますので、どうぞ画像をクリックしてみて下さい。

 どうでしょう? とここで思い出すのが何号か前にROSSOでスクープしたランボルギーニのレトロ・コンセプトの記事。その時掲載したスクープCGと瓜ふたつではありませんか?スクープCGは、ランボルギーニに近い関係者の証言をもとに描き起こしたのですが(CGは林部画伯の作品)、どうしてどうして、実にいい線行ってましたよね(自画自賛)。

 このミウラ・コンセプト、実車はまだモックアップでしたが、一応エンジン(縦置き!)とインテリアもちゃんとあって、なかなかの完成度でした。あくまでもデザイン披露のため、走行は不可と言うことですが、十分にそのパフォーマンスを期待させるオーラがありました。

 パッと見には、オリジナル・ミウラよりもひとまわり大きく、そのイメージはちょうどフォードのGT40と現行GTに通じるものをカンジましたが、ディティールは十分にモダンテイスト。アンヴェールの瞬間は思わず鳥肌がたちましたよ~。

 デトロイト・ショーでのワールドプレミア後の報告はもちろん、ROSSO本誌3月号のレポートも大いに期待して頂きたいと思います。まずは取り急ぎ、日本初のROSSO第一報でした。
name_k.jpg

投稿者 rosso : 2006年01月06日 17:36