趣味の総合サイト ホビダス
 

2006年7月アーカイブ

国際免許キキイッパツ!

 日付的にはもう昨日ですが、5度目の出動となるマイ・イプシロンで鮫洲の免許センターに行ってきました! 国際免許を取得するためです。普通なら自宅近くの警察署で取得できるのですが、期限が切れていることに金曜日の夕方に気がつきまして、実は出発が本日! あちゃ~やってもうた~と思って調べたら、日曜日でも免許センターなら取得できることが判明。ギリギリセーフで取れました(画像は一応ボカシてあります。個人情報なんで・笑)!

 しかしまあ、国際免許の有効期限、何とかならないんですかねぇ。1年なんてすぐですよ! パスポートと一体化させるとか、方法はいくらでもあると思いますが……。しかも日曜日の鮫洲は人が多い!! 警察署なら5分で出来るところを、40分も待たされました。しかもしかも何のアナウンスもなしに。他の人が聞きに行って「30分はかかります」と言われているのを耳にしていなかったら、どうなったことやら……。あのお役所然とした態度、ホント許せないっす(フンガ)。

 というわけで(どういうわけだ?)、本日より7泊9日の欧州取材ツアーに行ってきます! 現地からは……通信環境次第ということで!!

まだやるか、マイ・イプシロン勝手にリンク集(親バカ爆裂!)

・グラリと来た瞬間
・グラリと来たその後
・グラリと来たその後の翌日
・ついに納車!
・初出動:フィアット・フェスタ
・2度目の出動:千葉の実家
・3度目の出動:ツインリンクもてぎ
・4度目の出動:デルタ・カップ
name_d.jpg

由良拓也さんのブログにスーザンが登場。(よっ、大出世!!)

9月号の『おクルマ拝借』のゲストは、レーシングカーデザイナーの由良拓也さん。
その由良さんのブログに取材の模様がアップされていたので、皆さんにもご紹介致しましょう。

『それにしても、スーザンは外してんのか、マジなのか不明?の不思議な空気の女性でした』という由良さんのコメントが最高に笑えます!!

担当編集者のホンネは……
ひ、ひ、ひ、ひじょうにマジメなお方ですぅ。(←無理に言わされていない? by 他の編集部員)

そのスーザンと今、仙台のスポーツランド菅生へ来ています。
もちろん、おクルマ拝借の取材です。
今度のゲストは……それは、まだまだヒミツですよ~。
お楽しみに♪

name_s.jpg

WCG-DXバナシ・その3(ニュース編)

 さてさて、ワールド・カー・ガイド・デラックス・アルファロメオを作っていて発見した写真、第1弾です! 最近日本にも導入されたこのアルファ159にはATの設定がなく、現場のディーラーさんも販売面で苦労されているみたいですが、それもそのはず、本国でも発表されたのが最近だったんですよ! まずはこの写真をご覧下さい。

 じゃじゃーん! これが159のAT、その名もQトロニックです。プレス向けのサイトで何気に発見したのですが、実は既に6月6日に発表されてました。156にもQシステムというATがありましたが、あれは4速。今回は一気に6速です! これが日本に導入されれば、159もバカ売れ!?

 ちなみに噂ではセレスピードもあるらしいですが、組み合わせはよくわかりません。なんかリリースではディーゼルエンジンにQトロニックを載せると、ちょっと不穏なことも書いてありますが……。まあ個人的にはイタリア車はマニュアルで乗れ! 派なので関係ないのですが、家庭の事情とかもみなさんありますしねぇ。というわけで、一日も早いQトロニック日本発売に期待っす。name_d.jpg

ピンズのロマンに触れたひと時。

青山にあるホンダの本社ビルへ行って来ました。

仕事の話は本社2Fで行なわれるのですが、本社に寄ったついでに足を運びたくなるのが1Fにあるイベントスペース、『ウエルカムプラザ』。
ここには4輪・2輪の最新モデルがズラリと展示されていて、『オォ!! これが新しいストリームか、どれどれ』といった感じで新型車に見たり触れたりすることができます。
他にも写真展やトークショーなどの特別展も頻繁に開催されるので、いつ行っても飽きることな楽しめます。

昨日は『イタヤピンズコレクション展』という期間限定のイベントが開催されていました。

壁一面にビッシリ飾られたピンズは板谷金吉さんという世界的なピンズコレクターが20年かけて集めたコレクションの数々で、海外の高級ブランドのピンズから日本のキャラクターものまで、その数はナント2000点!! に及ぶそうです。
マニア垂涎のお宝アイテムなどもあるそうですが、私が心を奪われたのがコレでした↓



Memory of Closing Pin’s 1990-2004 (1)

『NSX-R』のピンズです。
こんなのがあったんですね~!!

ピンズの下にある解説には「2004年4月3日、『さようなら高根沢工場、NSX、S2000、インサイト・オーナー見学会』が開催され当日参加者に会場で手渡された」と書いてありました。
NSX専用工場として1990年に開場した高根沢工場は、NSXファンにとっての聖地。これは良い思いでの品になったことでしょう。



Memory of Closing Pin’s 1990-2004 (2)

その横にはNSX-R、S2000、インサイトの3台がセットになったピンズも飾ってありました。これは「2004年4月28日高根沢工場で行なわれた閉所式で関係者のみに配布された記念ピンズ」。
NSX-Rのエンブレムがちゃんと赤くなっていたりや、ウインカーがオレンジに塗られていたりして、なかなか芸が細かいです!!



Body Unit Pin's

さらに、こんなのもありました!
新旧2台のNSXの競演ピンズです。
こりゃまたスゴイ!!
「高根沢工場・完成車モジュールボディユニットリーダーの市川賢治の提案さんより、有志でピンズを造りたいという話があり製作。スタッフのみに記念品として配られた品」。
クルマだけでなく、工場で働いていた方々の物語を感じますよね。

ピンズってホントに小さなものですが、眺めていると、その大きさ以上のロマンを感じさせてくれます。
『イタヤピンズコレクション展』は7月24日まで開催されているので、ぜひ皆さんにもご覧になって頂きたいです。アナタの大好きなクルマのピンズに出会えるかもしれませんよ。

name_s.jpg

ROSSO最新号


ROSSO編集部員が、取材での裏話やネット上で仕入れた興味深いネタを随時更新中! ROSSO本誌では見ることのできない、またはひと足早い、スーパーカーや輸入車の最新情報が満載です。

ケータイからもアクセス

  • 携帯版フロムROSSOエディターズ。携帯電話で以下のQRコードを読み取るか、下記URLにアクセスしてください。
    ※一部の携帯電話では見られないこともありますのでご了承ください。
  • qr_rosso_editor.gif
  • http://www.hobidas.com/
    blog/rosso/editors/m/

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.