趣味の総合サイト ホビダス
 

2006年9月アーカイブ

フェラーリF50?

 プジョー406クーペをベースにした『フェラーリ360モデナもどき』を以前、
このブログで紹介しましたが、今回はもっともっとスゴイやつです!

 ナント、木で造った『フェラーリF50もどき』があったんです!!
 しかも、このF50はクルマではなく、プレジャーボートなんです。

 実車のF50のようにハイウエイを300km/hでクルージング……とは行きませんが。リバークルージングという楽しみ方が可能です!

 こんなの造るなんて、世界にはスゴイ人がいるもんですねぇ~。

name_s.jpg

(情報提供●武田公実さん)

エンツォ・エンジンでF40!?

 最近いろんな方に、
「F40が欲しくて……」
と言われます。それは買える方/買えない人両側からなのですが、中でも印象深かったのは「今、エンツォのエンジンでF40再販してくれたら絶対買うね」という、こちらは買える方の発言でした。
 F40再販! ありえない話ではありますが、このカタチに惚れこんだ人は多いようです。しかし危険な香りのするあの特性だからいい、という考え方もあるワケで、エンツォのユニットで……というのも賛否はありそうですよね。
 みなさん、どうです? 誕生から20年。F60は実はF40の現代解釈版だったなんて、結構ワクワクしませんか??
*写真はガレリア・フェラーリで撮ったもの。このテーマ用に撮ったもの……ではありません、偶然です(笑)。name_d.jpg

【緊急速報】ガヤルド新限定車、Nera登場!

 リリースのメールが来てたのが0:30くらいなので、8時間以上経っていますが、一応速報です(笑)。ランボルギーニ・ガヤルドの限定車、その名もNera(ネラ? ネーラ?)がパリ・サロンで発表されることになりました!
 Neroは黒を表すイタリア語ですので(Neraはその変化形)、その名のとおりブラックテイストで仕上げられたこのガヤルドは2007年モデルのクーペをベースに185台の限定生産となります。

 ホイールがカリスト・デザインのブラックリム版、内装にムルシエラゴで初採用されたクロスステッチ、Qチトゥーラが採用されたりと、細々見ていくと実に魅力的な仕上げとなっております。詳しくは10月末発売号のパリ・サロン特集で!

追伸
 2年前、前回のパリ・サロンではムルシエラゴ・ロードスター1台だけ展示で、何の発表もなかったランンボルギーニでしたので、今回ももしや……と思っておりましたが、安心しました!!name_d.jpg

40GT?

 シェルビー・コブラのレプリカについて調べていたところ、とあるメーカーのHPで面白いクルマを見つけました。このなんとも個性的なデザインのクルマに付けられていた車名は『40GT』。往年の名車であるフォードの『GT40』に対するオマージュ? それにしては、デザインが違いすぎるな~と思いながら説明文を読み進めていったところ、なんとクルマ、フォードが制作したスーパーカー『フォードGT』のシャシー&パワートレインを使用していることが判明。

 確かにそのエンジンルームの写真を見てみるとフォードGTのエンジンが確認できます。ちなみにこのクルマを制作したアメリカの『カーカム モータースポーツ』社は、前述のシェルビー・コブラの高品質なレプリカ制作でも有名な会社。

 同社の制作したコブラ・レプリカについては、近い将来誌面でも紹介できる予定です。
 お楽しみに!
 name_t.jpg

ROSSO最新号


ROSSO編集部員が、取材での裏話やネット上で仕入れた興味深いネタを随時更新中! ROSSO本誌では見ることのできない、またはひと足早い、スーパーカーや輸入車の最新情報が満載です。

ケータイからもアクセス

  • 携帯版フロムROSSOエディターズ。携帯電話で以下のQRコードを読み取るか、下記URLにアクセスしてください。
    ※一部の携帯電話では見られないこともありますのでご了承ください。
  • qr_rosso_editor.gif
  • http://www.hobidas.com/
    blog/rosso/editors/m/

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.