趣味の総合サイト ホビダス
 

2006年9月アーカイブ

ただ今、校了作業中です【久々の定点観測】

 ただ今、ROSSO11月号(9月26日発売号)の校了作業の真っ最中です。今月は連休の影響と曜日まわりが悪く、書店さんへの本誌の搬入が通常の月よりも2日早い22日搬入。よって必然的に、締め切りも校了日も2日前倒しになり、現在土曜日にもかかわらず昨日から続投状態です。

 写真上が今朝8時の状況。取り敢えず3分の2は校了! さあ、凸版印刷に入稿しようというちょっとホッとしている瞬間です。しかし、これで安心してはいけません。まだ残り3分の1の作業が終っていません。

 引き続き作業作業……とコツコツ……机に向かっている? あれ? 数名、すでに電池切れの状態のよう。いいえ、これは充電中とでもいいましょうか。あ、だから電池切れか。はい。

 手前の平井副編集長は、完全に充電中としても、奥のデスクにいるメミタは……なんとなく起きているようですが、実はコレ、座ったまま寝ています。完全に。ほら、ポップアップして各大画面で見てください。

 ね、本当に器用ですよね。ワタクシはなんとか無事に終了しまして、今は校正紙が上がってくるのを待っている状態。テムジンとホソダは引き続き作業中です。もう一息ですね。

 こうしてROSSOは作られているワケです。次号も無事に書店に並ぶことをお祈りください。ちなみに次号の巻頭は「!!!!!」のなかなかにビッグなネタが入っています。お楽しみに!
name_k.jpg

【2006夏・欧州取材記24・最終回】取材後記!

 水曜日のつづきは……最終回です! 8月7日に1本目をはじめて以来、1ヵ月以上。勢いに任せて気がつけば24本。細かくいけばもう数本はガンバレそうなのですが、もうすぐ次が始まるので。次? ええ、パリ・サロンです。再来週行ってきます!

 さて今回の欧州取材記ですが、BMW335iクーペの試乗会が主要の目的であるのにもかかわらず、前後ですっかりフェラーリづいてしまいました。マラネロの本社訪問に、ドイツGP観戦。今考えれば、シューマッハ最後の地元ドイツだったんですよね~。ホッケンハイムでのGP開催も最後みたいだし、イイものを見てしまいました。

 山崎元裕センセイのお言葉に「取材対象物は一歩でも近くで見よ」というものがあるのですが、まったくそのとおりで、現場の空気は行かないとわからないので、なるべく行きたいと思っているんですね。すると歴史的瞬間に遭遇することが多々あるわけで、その時の緊張感はお金では買えない貴重なものです。そしてそのライブ感をどれだけ伝えられるかが、雑誌の生命線だと思っています。

 単に情報を伝えるだけならネットのほうが適していますが、紙として残すということを考えるとやはり、作りかたは自然と変わってきます。今回の取材記シリーズはその真ん中あたりを狙ったのですが、果たしていかがでしたでしょうか?

 長くなってしまいました。もしネタが集められれば、フランス取材でまたつづきを展開したいと思います!

2006夏・欧州取材記/おわりname_d.jpg

次号に我が家の愛車が登場します~。

 なんだかこっぱずかしいのですが、次号のロングタームテスト・メルセデス・ベンツBクラスのレポートに我が家の愛車、Aクラスが登場します。現在、我が家にはメルセデスのAクラスとCクラスワゴンの2台のメルセデスと、ランボルギーニ・ジャルパがあるのですが、実はこのAクラスの稼働率が一番高かったりします。

 理由は、街中スイスイ、コンパクトなボディのくせに中広々で、乗り心地もいいから。ま、さすがに長距離はCクラスワゴンの登場になりますが、都内限定であれば実に便利。実は先代のAクラスからの乗り換えなのですが、その進化には驚くばかりです(初代オーナーの方々スイマセン)。

 もう乗り心地は雲泥の差だし、何よりも静か。もうちょいパワーがあれば……とは思いますが、ターボモデルが出る前に買ったんでしょうがありません。もっとも予算的に買えたかどうかは怪しいですけど。

 そのAクラス、ロングタームテストでレポートを行なっているBクラスの比較相手として登場します。並べてみると意外に違っているんですね。詳しくは次号のBクラスのレポートで。

 しかも……その次の号では、ROSSO初? A、B、Cが揃い踏み。3ショットをご披露いたします。お金持ちになったら、A、B、C、E、G、M、R、Sの一文字クラスを全部揃えてみたいです。はぁ~。

追伸:昨日から24時間、山崎元裕センセの原稿待ちです。待つのも編集者の仕事ですが、センセーそろそろお願いしますよ~。こっちにはミニカーの人質(詳しくは昨日のブログを)があるんですからね~。
name_k.jpg

この中古車に大注目です!!

 弊社が発売している輸入車の情報誌『ホビダス・カーインデックス』の、刷り上ったばかりの11月号をパラパラめくっていると、とんでもないクルマを見つけちゃいました!

メルセデス・ベンツ6.3 プルマン ショート』。
 なんとま~、プルマンの中古の売りモンがあったんです!


『プルマン』というモデルは1963~81年にかけて製造されたメルセデスの最上級モデル。リムジンの遥かに上を行くモデルとして開発され、主に世界各地の王族や大統領の専用車として愛されて来ました。
 そんなクルマが江戸川区のメルセデスの中古車専門店の店頭に並んでいるなんて……ショック!!

 しかも、1972年式、走行5.1万kmで、価格は530万円。
 こりゃ激安ですよ。
 530万円といったら、『ジャガーXタイプ2.5』、『メルセデス・ベンツC230アバンギャルド』、『BMW325』の新車とほぼ同じプライス。

 東京じゃイバリも効かないモデルと、世界がひれ伏すプルマンが同じ値段!!
 マイバッハが横にならんでも、目線を逸らさなくてイイ、そんなプルマンが530万円!!
 信じられますかぁ?

 530万円のプルマンを買い、一流ホテルに乗り付ける。
 同じタイミングでエントランスに入ってきたマイバッハが、その巨体をプルマンの横に並べる。
 果たしてドアボーイは、どっちのドアを先に開けるか……?
 想像しただけで、ワクワクできます。

 そんな夢まで付いてくるプルマン。
 校了が明けたら、お店に足を運んでみたいと思います。

name_s.jpg

ROSSO最新号


ROSSO編集部員が、取材での裏話やネット上で仕入れた興味深いネタを随時更新中! ROSSO本誌では見ることのできない、またはひと足早い、スーパーカーや輸入車の最新情報が満載です。

ケータイからもアクセス

  • 携帯版フロムROSSOエディターズ。携帯電話で以下のQRコードを読み取るか、下記URLにアクセスしてください。
    ※一部の携帯電話では見られないこともありますのでご了承ください。
  • qr_rosso_editor.gif
  • http://www.hobidas.com/
    blog/rosso/editors/m/

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.