趣味の総合サイト ホビダス
 

2007年2月アーカイブ

休日出勤のヒトリゴト。

 毎日何かしらのネタがアップされている当ブログですが、個人的にはちょっとご無沙汰してました。いやいや別に具合が悪かったワケではありません。確かに締め切り前に一回カゼは引きましたが、今は何とか元気にやっております! 今日は締め切り直後の休日ではありますが、朝から全開で仕事です(苦笑)。ロケを1本こなし、その後とあるクルマを見に行ってきました。うまくいけば数ヵ月後にまたもやレア・ランボルギーニをご紹介できそうです!!

 写真はそのロケ地にて我らがレポート車、メガーヌRS。今日でちょうど受け取ってから1ヵ月ですが、その間882kmを走破。振り返るとほぼ毎日乗っておりますが、コレいいですよ~ふふふ。ちなみに休日出勤している理由は他にもあるのですが、その理由は来週中ごろになれば現地からのアップでご報告できるかと……ん? 現地? ということは??? はいはい、出国前なんで大変なんですよ……はあ。name_d.jpg

 ピレリのフラッグシップタイヤ登場! というタイトルなのに、なぜにこの写真? とお思いでしょうが、じつはこの写真の街並みは、今最もホットな場所として知られるドバイの新市街。ドバイは現在建設ラッシュで、どんどん高層ビルが建てられております。

 リゾート開発も盛んで、潤沢なオイルマネーを活かし、超リッチなセレブ御用達のホテルやリゾートタウンが建設されています。

 もちろんサーキットもあります。すでにFIAの認可も降りている、F1GPが開催可能なサーキットも市の郊外にあります。凄い規模とインフラですが、サーキットのコース自体は完成しているものの、現在は周辺施設の充実を計ろうと、こちらもガンガン建設中です。

 で、本題。このドバイに、ワタクシ新しいピレリのフラッグシップタイヤを取材するために行って参りました。もちろん初ドバイ体験です。

 実は12月に、アストンマーティンV8ヴァンテージのスポーツシフトの取材でお隣の国、バーレーンに行ったのですが、その時は大雨で大変な思いをしました。年に3回しか雨が降らないというのに、2日間タップリの雨。もう土砂降りです。

 今回はさすがに雨は降りませんでしたので、アラビア~ンな雰囲気を味わうことができました。

 しかし、この国は凄い。お金があったらなんでもできます。リッチな人は大注目ですよ。なんてったって、砂漠の国なのに、スキューバはもちろん(海はめちゃめちゃキレイです)、真夏でもスキーまで出来るんですから。なんで? そう思いますよね。……続きはまた今度。あ、肝心のタイヤを見せるの、忘れちゃいました(汗)。
name_k.jpg

勝手に次号予告【その1:ムルシエラゴLP640ロードスター】

 お馴染み、勝手に次号予告の時期がやってまいりました。とはいえ、ま、このブログ全体が次号予告みたいなものなので、ブログをご覧の方々にはネタバレ多しなのですが。

 さて写真はお馴染みオレンジ色のムルシエラゴLP640ロードスター。オレンジカウンティだけにオレンジ色のLP640ロードスターが用意されていたのかどうかは分かりませんが、とにかくカッコいいことだけは本当です。

 次号では日本初となるこのムルシエラゴLP640ロードスターの試乗記を遠くアメリカはカリフォルニアのオレンジカウンティからお伝えいたします。

 レポートはスーパーカー超王こと山崎元裕センセイ。実はこの前の日、アリゾナでアウディR8の試乗を行なっておりまして、そのままアメリカに留まってもらい、カリフォルニアでワタクシと合流して頂きました。

 上の写真は、アメリカでの証拠写真といったところでしょうか。フリーウエイ405号を疾走するシーンでございます。いかにアメリカとはいえ、そうそうフリーウエイをスーパーカーは走ってなどおりませんから、かなり目立ちます。

 で、ムルシエラゴLP640ロードスターを見たアメリカ人の反応といえば「Oh! 超クールじゃない!?」とか、「最高カッコイイぜベイベー」みたいなカンジ(あくまでも表情としぐさで翻訳)。とにかく見たまま素直な感想をみなさんおっしゃい、リアクションも大きいんです。

 そんな素直な凄さが次号のレポートで伝わればいいな、と。このムルシエラゴLP640ロードスターが表紙の(写真は別カットね)ROSSO4月号は、2月26日(月曜日)の発売です。お近くの全国有名書店でどうぞ。
name_k.jpg

価格決定!

 2006年12月のロサンゼルス・ショーでワールドプレミアされたランボルギーニ・ムルシエラゴLP640ロードスター。2007年モデルの国内販売価格が発表されました。

 価格は以下のとおり。

 ●2007年モデル ランボルギーニ・ムルシエラゴLP640ロードスター
 6速MT/3467万6250円
 eギヤ /3572万6250円

 6速MT、eギヤそれぞれクーペモデルより325万5000円高となっております。

 日本仕様の試乗が完了次第、本誌でもレポートをお伝えする予定ですので、しばらくお待ちくださいね。

 name_y.jpg

ROSSO最新号


ROSSO編集部員が、取材での裏話やネット上で仕入れた興味深いネタを随時更新中! ROSSO本誌では見ることのできない、またはひと足早い、スーパーカーや輸入車の最新情報が満載です。

ケータイからもアクセス

  • 携帯版フロムROSSOエディターズ。携帯電話で以下のQRコードを読み取るか、下記URLにアクセスしてください。
    ※一部の携帯電話では見られないこともありますのでご了承ください。
  • qr_rosso_editor.gif
  • http://www.hobidas.com/
    blog/rosso/editors/m/

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.