趣味の総合サイト ホビダス
 

ロータス・ヨーロッパSの贅沢仕様が登場。


 
 全国ロータス・ファンのみなさん、こんにちは。現行ロータスの最上級車種であるヨーロッパSに豪華使用が登場しました。ロータス・ヨーロッパS LXです。このモデルは本国ではラグジュアリー・ツーリングパックと呼ばれているもので、この度、日本にも上陸したというワケです。

 従来から発売中のヨーロッパSをベースに内外装に渡って高級感が高められています。具体的に見てみましょう。

 エクステリアではリヤウインドウにティンテッドガラスが採用されたほか、フロントのドライビングランプまわりやサイドエアインテークまわり、ルーフエアアウトレットグリルがボディ同色に。一方、フロントグリルなどはシルバーカラーとなっています。



 インテリアではレザーがふんだんに使われています。標準のヨーロッパSでは合成素材となっているステアリングコラムカバーやダッシュボード、インパネなどがサドルタンカラー(写真)もしくはマグノリアカラーのレザー仕上げとなります。その他、シフトノブはクルミとユリノキ材が使われるなど、ゴージャスな雰囲気を高めています。

 トランクルームはカーペット敷きとなり、テールゲートインナーパネルもインテリアカラーと同じレザー張り。荷物を固定するストラップが付き、レザー製の小物収納バッグを装備しています。

 エレガントにライトウエイトスポーツを愉しむという意味では、格好の1台といえるかと。気になるお値段は698万2500円で、今後はこちらのヨーロッパS LXが日本ではスタンダードモデルになるようです。

 発売は6月1日よりすでに始まっていますので、気になる方はお近くのロータス・ディーラーでその仕上がり具合をお確かめください。ROSSO本誌でもレポートする機会がえられましたらお届けするつもりです。

name_y.jpg

ROSSO最新号


ROSSO編集部員が、取材での裏話やネット上で仕入れた興味深いネタを随時更新中! ROSSO本誌では見ることのできない、またはひと足早い、スーパーカーや輸入車の最新情報が満載です。

ケータイからもアクセス

  • 携帯版フロムROSSOエディターズ。携帯電話で以下のQRコードを読み取るか、下記URLにアクセスしてください。
    ※一部の携帯電話では見られないこともありますのでご了承ください。
  • qr_rosso_editor.gif
  • http://www.hobidas.com/
    blog/rosso/editors/m/

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.