趣味の総合サイト ホビダス
 

2008年1月アーカイブ

エッティンガー×アウディR8

 東京オートサロンで多くの注目を集めていた、このアウディR8に試乗しました。この車両はドイツのチューニングブランド、『エッティンガー』のホイールを装着している点が特徴です。

【レヴェントンへの道 9】雰囲気満点メーター。

| Category:

 昨日の続きです。レヴェントンと言えば、戦闘機をモチーフとしたスタイリング及びこのメーターでしょう。TFT液晶を3つ用い、左が回転&ギヤポジジョンなど、上がGセンサー、右が速度などとなっております。実際にどう動くかといいますと……。

 わかります? まず左は真ん中のギヤポジションと回転数(緑)が、左右2本のバーグラフで繋がれています。このグラフの動きがギミック大好きなワタシにたまらない!
 そして右は速度が真ん中で、それがぐるぐる上下に回転していく仕組み。その左右は速度が最高速までの何%に達しているかを示すものです。いずれも雰囲気十分、演出満点! スイッチ切替でアナログにもなるのですが、そちらはほとんど使いませんでした(ちなみにGセンサーもお世話になるほどの機会はゼロ・笑)。

▼デモカー管理を担当するモレノさんの運転中、助手席から。
114km/hという速度が見えますが、まさかリミッターが130km/hに設定されて
いるとは……(詳しくは誌面にて)。ちなみにメーターのハウジングはカーボンですが、
その中身はアルミからの削り出し!! 裏地にも凝る演出です。

*26日オープンのランボルギーニ・ファンサイトはコチラ

つづくname_d.jpg

GT‐Rのコーナリング性能にマイッタ!

 日産GT‐R。ついに試乗が叶いました。もういい!! というくらい走ってみました。

 コレ、噂どおり速いです!
 直線の加速は500ps級のスーパースポーツならば大体こんなもんですが、コーナーの速さがハンパじゃない。圏O道~中O道という交通量の比較的少ない有料道でコーナリング性能を試してみましたが、信じられないくらいのスタビリティを発揮し、余裕綽々で異次元のコーナリングワークを見せてくれました。参りました。やるなぁ、GT‐R!

【レヴェントンへの道 8】大柄ドイツ人カメラマン。

| Category:

 昨日の続きです。もう少しこのカメラマンさんのお話を続けましょう。我々の取材がとある木曜日のことでしたが、カメラマンさんはもう少しイタリアに残ると言っていました(宿泊先は例のムーディホテル・笑)。実はその翌週金曜日にビッグイベントが控えていたからです。それがこのイタリア空軍戦闘機とのコラボレーションイベント! 詳しくは誌面でご紹介しましたが、上の写真を含めたその撮影を担当したのも、今回のカメラマンさんだったんです!!

▼手前に座っているのがそのカメラマンさん。かなり大柄の方でした。
ぜひROSSOでも今後撮影をお願いしたいのですが、ランボルギーニのオフィシャルを
やられるぐらいですから、ギャラも大柄なんでしょうね~~(苦笑)。

*26日オープンのランボルギーニ・ファンサイトはコチラ

つづくname_d.jpg

ROSSO最新号


ROSSO編集部員が、取材での裏話やネット上で仕入れた興味深いネタを随時更新中! ROSSO本誌では見ることのできない、またはひと足早い、スーパーカーや輸入車の最新情報が満載です。

ケータイからもアクセス

  • 携帯版フロムROSSOエディターズ。携帯電話で以下のQRコードを読み取るか、下記URLにアクセスしてください。
    ※一部の携帯電話では見られないこともありますのでご了承ください。
  • qr_rosso_editor.gif
  • http://www.hobidas.com/
    blog/rosso/editors/m/

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.