趣味の総合サイト ホビダス
 

2008年10月アーカイブ

オトナなフェラーリ、612に乗る。

 先週末に開催されたヒストリック・オートモービル・フェスティバル・イン・ジャパン。その中でROSSO DAYを開催したことはご報告ズミですが、今日はその翌日の帰路のハナシを致しましょう。

 パドックに置かれましたこの白いフェラーリ612スカリエッティは、フェラーリがこの612で初めて導入したオーダーメイドプログラム、One to Oneで仕上げられた1台となっております。ちなみにOne to Oneは599への導入も、パリ・サロンで発表されました。細かい仕様は書いていくとキリがなさそうなので省略しますが(笑)、今回ワタクシ、これで帰京することになったんです。

 既にこのお方のブログで紹介されていまして、まずはそのお方がもてぎまでの往路で試乗。で、なんで帰路がワタシになったかは……あまり突っ込まないで下さい! まああえて言えば、社長と社員の関係……です(笑)。

 ですが、これはワタシにとっては幸運なことでした。実は現行フェラーリで唯一乗ったことのないモデルだったからです。え? ROSSO編集部員なのに? はい、そうなんです。意外とページ担当じゃないと、乗る機会ってないんですよ~。他にも主だったところでは、マセラティ・グラントゥーリズモ(Sも含め)とベントレー・コンチネンタル系(GT、GTC、フライングスパー、スピードすべて)には、本当に縁がなくて乗っていないんです!

 というワケでもてぎから水戸ICを経て、会社のある碑文谷までのドライブとなったワケですが、乗り始めてまず、その乗りやすさに感心しました。4シーターということで、女性を含めた幅広いドライバーを想定しているのでしょう。さすがにボディは水戸ICまでの狭い公道では大きさを感じましたが(しかも夜……)、取り回しはいいので苦労はありません(神経は使いましたが!)。

 高速に乗り入れると、この612は真価を発揮します。V12の咆哮はもちろん素晴らしいもので、後ろを走っていた別のスタッフによれば、踏み込むと結構迫力ある音がしていたようです。さすがにスポーツモデルなので突き上げは多少ありますが、不快さはゼロ。コクピットは終始、快適な空間となっています。

 快適というとコンフォートセダンを想像するかもしれませんが、この場合はスポーティさを含めたクルマとしての気持ちよさ、という意味合いです。走りには常に余裕があり、高速道路の流れに乗っているような乗り方だと、普通の乗用車の街中ぐらいの雰囲気です。

 612が似合うヒトを想像すると、金銭だけでなく、心というか人生に余裕のあるヒト、だと思います。ワタシのように慌しく生きていると(笑)、あまりに世界が違いすぎて……たは。でも超刺激的な599や430スクーデリアとはまた違うオトナのフェラーリの世界に触れ、フェラーリの懐の深さを再確認したのでした!name_d.jpg

トコトン、洗車のその後。

『スーパー・トロフェオ』とか『ガヤルドLP560-4ポリツィア』とか、大きなネタが連続して紹介された後のブログって、何だか書きにくいものです。ボクもココで飛びっきりの大ネタをドーンッと発表ー!! と行きたいところですが、今、公にしちゃうと、ちょっとした騒ぎに発展しそうなので、グッと我慢して超どうでもいい話題を紹介させて頂きます。スミマセン…。

ランボのスーパー・トロフェオ、発表!

| Category:


 昨日のテムジンが触れたガヤルドの話題をもうひとつ。ガヤルドをベースとしたワンメイクレース専用車両、スーパー・トロフェオが発表されました。

 車両概要はホビダス・オートの速報でご確認いただくとして、マシンのボディには冠スポンサーであるスイスの高級時計メーカー『ブランパン』の時計の文字盤があしらわています。時計に詳しい方ならご存知かと思いますが、ブランパンの歴史をここで少々紐解いてみましょう。

 ブランパンは1735年に時計職人ジャン・ジャック・ブランパン氏によって創業された世界最古の時計ブランド。長い歴史を刻むメーカーの中で唯一クオーツを造らず、機械式にこだわり続けている点でもよく知られています。ブランパンの詳しい情報は本国サイトでご確認を。トップページは今、スーパー・トロフェオになっています。

 そんな伝統と格式あるブランドがスポンサードするランボルギーニの世界最速ワンメイクレース、スーパー・トロフェオはまさに目が離せないものといえるのでは。

name_y.jpg

世界最速のパトカーがブランニュー!?

| Category:

 ROSSO読者の皆さんならご存知であろう世界最速のパトカー、ガヤルド・ポリツィアが、LP560-4バージョンにモデルチェンジ! 『ガヤルドLP560-4ポリツィア』としてデビューしました。

 ポリツィアとしての外観は従来のガヤルド・ポリツィアに準じていますが、インテリアは最新のビデオデータシステムなどの搭載により、従来モデルよりもカッコ良く? なったようです。

 最高出力560ps、最高速度325km/hを誇るこのLP560-4ポリツィア。中央および南イタリアの高速道路に配備されるとのことですので、イタリアを訪れた際にはお世話にならないよう、ご注意のほどを。
 
name_t.jpg

ROSSO最新号


ROSSO編集部員が、取材での裏話やネット上で仕入れた興味深いネタを随時更新中! ROSSO本誌では見ることのできない、またはひと足早い、スーパーカーや輸入車の最新情報が満載です。

ケータイからもアクセス

  • 携帯版フロムROSSOエディターズ。携帯電話で以下のQRコードを読み取るか、下記URLにアクセスしてください。
    ※一部の携帯電話では見られないこともありますのでご了承ください。
  • qr_rosso_editor.gif
  • http://www.hobidas.com/
    blog/rosso/editors/m/

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.