趣味の総合サイト ホビダス
 

2010年8月アーカイブ

フェラーリ様。

| コメント(0)

d20100831.jpg

 今日は朝から六本木のフェラーリ・ジャパン様へ。同社は六本木ヒルズの37階にありまして、今回初めて行きましたが、1階の受付では免許証(身分証明書)の提示まで求められるセキュリティの高さ! なんかモダンなオフィスビルはスゴイなぁと思っていると、ご対応頂いたスタッフが「夏休み、恐竜博が大人気でスゴイ人手です。お陰で混んでて昼食が全くダメなので、暑い中、遠くまで歩いてます......」と悲鳴。うーん、どこも悩みはあるんですねぇ(笑)。

 さて今日の目的は某フェラーリのピックアップでした。その某車と濃密なお付き合いを今日から3日間させて頂いてます。まあ車種の検討はだいたいつくかと思いますが(笑)、ぜひ次号をご期待頂ければ幸い。しかしコーンズ様からフェラーリ・ジャパン様へ輸入元がかわって、随分とイメージが変わりましたねぇ。簡単に書くと、ドメスティックからインターナショナルへという感じ!? 前は結構身近だったんですけど、結構遠くに行ってしまった感じです。もちろんイイ意味で?

d20100831-2.jpg

 ちなみにこちらはご存知、某車(笑)をベースとしたチャレンジ。いやー、なんかカッコエエわ~と結構気に入っております。某ベース車は今回、シャシーバランスも空力もかなりいいので、チャレンジはサーキットでリヤウイング不要のようですね。来年から日本も含めた各国でシリーズが始まるみたいですので、かなり楽しみです!

で、その(あくまで)某車が表紙のROSSO10月号もよろしくです~!
http://shopping.hobidas.com/shop/hobidas-syoten/item/97951010.html

そのチャレンジが表紙のスクーデリア88号も発売中!
(最近このブログでとりあげてませんが、こちらもかなり力入ってます!
個人的にはF1のページ担当してますので、ぜひご覧下さい~)

http://shopping.hobidas.com/shop/hobidas-syoten/item/97961009.html

name_d.jpg

d20100830.jpg

 というわけで、ROSSOスーパーカームービーVol.2がついに完成いたしました! 明日31日発売です。登場車種は458イタリア、SLS AMG、ガヤルドLP570-4スーパーレジェーラ、ディーノ246gtと実に豪華!! もうすぐアップされる予告動画はトップページからリンク。スペシャル・インポートカー・ショーの模様なんかも入っております。いやー今回もかなり見応えありますよ~。個人的にはあまり製作にタッチしておりませんが(笑)、担当:ホソダが汗して作った力作です! どうぞご覧下さい!!

ROSSOスーパーカームービーVol.2購入はお近くの書店さんかコチラで!
http://shopping.hobidas.com/shop/hobidas-syoten/item/24361010.html

引き続きROSSO10月号もよろしくです~!
http://shopping.hobidas.com/shop/hobidas-syoten/item/97951010.html

name_d.jpg

お詫びと訂正

| コメント(0)


ROSSOをご愛読の皆様いつもありがとうございます。

今月号が発売されて早5日。

特集『スーパーカー"究極"の遙か先へ』はいかがでしょうか?

"究極"というキーワードのもとギャザリングされた

スーパーカーはみなさんをワクワクさせることができましたか?

そんな中ひとつお詫びを申し上げないといけません。

ユーズドスーパーカーをご紹介している

『ROSSO Selection USED SUPERCAR GUIDE』におきまして

一部情報に誤りがありました。

P96 1500万円以上の

ランボルギーニ ムルシエラゴ(1780万円)

走行距離に関しまして

不明となっておりますが、正しくは2万9000㎞です。

情報をご提供下さいましたショップ様はもちろんのこと

関係各位の皆様に、この場を借りてお詫び申し上げます。

既にお問い合わせいただいている読者の方にもあわせてお詫び申し上げます。

d20100827.jpg

 日本上陸から遅れること、もはやどれくらいかわかりませんが(笑)、よーーーーやく復活したアバルトに乗ることができました。まずはアバルト・グランデプント・エッセエッセ(うーん車名が長い)です。結論から先に書きますと、これはウノ・ターボの再来でした! え、もちろん褒めてますよ。むしろベタボメです(笑)

 ウノ・ターボとはもちろんフィアット・ウノ・ターボでして、個人的には初めて買ったクルマが91年式のフェイズ2だったのですが、本当に楽しいクルマだったんですよ! いっぱい壊れて、いっぱい借金を作って、最後は直す気力とお金がなくなって当時在籍していたカー・マガジンの読者プレゼントに出してしまったけど、でも修理が完了し、走り出して50mで毎回「嗚呼これを買ってよかった......」と感涙していました。ワタシのターボ好きはそこから始まってまして、今でもブローオフの音聞くとグっときます。そしてまさにこれこそイタ車人生の原点でして、これを書いていたらまた乗りたくなりました(中古車調べたら1台だけ40万円で発見・笑)。

 で、アバルト・グランデプント・エッセエッセですが、その超ジャジャ馬ホットハッチ的な雰囲気がウノ・ターボに通じるところがありまして、確かにパワーも洗練度も(そしてたぶん安全性と信頼性も・笑)全然こちらのほうが上ですが、ターボを効かせてガンガン走る楽しさは、かなり似ています! イタリア人が好んで造るホットハッチって、昔も今も変わらないんですかねぇ。アクセル踏みながら、うわーーーこれ楽しすぎいーーーーーと感動してました。左ハンドルなのもマルだし、これで色が白以外で5ドアだったら完璧なんだけどなぁ(って何が!?)。しかも1.4+ターボという組み合わせが両車同じなのもグっときます。

 しかしミトといいこれといい(500Cも含めようかなぁ)、イタリア車、まだまだ侮れません! 159やブレラでちょっと心配してましたが(イイクルマなんですけどねぇ)、大丈夫、まだまだイタリア車は楽しいです!!

name_d.jpg

ROSSO最新号


ROSSO編集部員が、取材での裏話やネット上で仕入れた興味深いネタを随時更新中! ROSSO本誌では見ることのできない、またはひと足早い、スーパーカーや輸入車の最新情報が満載です。

ケータイからもアクセス

  • 携帯版フロムROSSOエディターズ。携帯電話で以下のQRコードを読み取るか、下記URLにアクセスしてください。
    ※一部の携帯電話では見られないこともありますのでご了承ください。
  • qr_rosso_editor.gif
  • http://www.hobidas.com/
    blog/rosso/editors/m/

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2013 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.