趣味の総合サイト ホビダス
 

« 東京モーターショー2013 その5 〜アクア4兄弟とクルマの視界〜 | トップ | 参謀本部の装備品 と ボルボV60 »

2013年12月26日

やまと反省の巻 とFタイプ

皆様こんにちは、先日MJ参謀長殿に「文章がクソつまらん!」とお叱りをうけた、参謀本部予科練生・やまとです。そして、自分なりに読んだり書いたり悩んだりしていると、あっという間に3週間が経過していました。

現在クルマも手放しており、試乗の経験値も低く、読書数も少ない、自動車ライターを目指すものとして、まさに底辺のワタクシでございますが、参謀長殿の、「その底辺を活かすほかないんじゃないのか!?」という言葉をうけ、自分をもっとさらけ出して行こうと思っています。

参謀長殿や先輩方のような面白いブログを期待されている皆様、本当に申し訳ありません。参謀長殿の「名門・MJ戦略参謀本部として恥ずかしくない文章を書け!」という一喝をココロに刻み、早く中身の濃い文章がかけるよう、精進していきます。

さてさて、その日は安ド先輩が運転する、ジャガーFタイプの助手席に乗せてもらいました。平日の昼下がり、ソフトトップを下ろして新宿界隈を滑走するFタイプは、ステルス戦闘機のような、美しさとかっこよさを合わせ持っており、注目度満点。そして、シートには男2人......。「こんなクルマは女の子と乗りたいな〜」なんて妄想するも、日々時間を削ってワタクシの面倒をみてくれている大先輩に向かってそんなことは言えない! そう思った矢先、先輩は「俺は、男二人がオープンカーの屋根開けて乗ってる時点で、負けだと思っているんだよ!」と言われました。ですよね〜先輩!(笑)

すばらしき安ド先輩のオープンカー論に納得した後は、Fタイプについて少し......。

2013_Ftype_JP_EXT_DRI_001.JPG


まず1つめは排気音について。同乗させてもらったFタイプはお安い方(←Fタイプの中でのハナシですが)のV6エンジン+スーパーチャージャー仕様ですが、エンジン始動時と全開加速時のサウンドは鳥肌もので、フェラーリなどとは全く異なる、図太いブリティッシュ系サウンドを響かせておりました。
音に対して世間が厳しくなってしまった昨今、ここまで快音を楽しめるクルマが登場したことは、喜ばしいかぎりです。
なお、お高いほうのV8スーパーチャージャーモデルの排気音はさらにすばらしいとの噂なので、ぜひ聞いて見たいです。

2つめはデザインについて。Fタイプのおケツまわりのデザインは、ステルス戦闘機風で、まるでコンセプトカーがそのまま市場に飛び出してきたような衝撃です。実際、街中やガソリンスタンドで注目度抜群でした。
ただ、フロントフェイスは、リアと比べ古典的に見えました。これはあくまでワタクシの主観ですが、なんとびっくり、安ド先輩も同じことを言われてました! さて、皆様はこのクルマのデザイン、どう感じますか〜!? 


冒頭でも書きましたように、ワタクシ、現在は金欠&貯金のためクルマを手放しておりますが、このFタイプ然り、日々参謀本部でいろんなクルマを運転させてもらっていると、クルマが猛烈に欲しくなります。

参謀長殿に「お前はクルマが本当に好きではないんじゃないか? 好きであれば何が何でも所有しているはずだ!」と言われたり、安ド先輩に「正直、クルマを持ってないやつが、クルマについてなんと言おうが響かないよね〜」と言われ、もっともだな......と納得する一方、所有している時は、夜な夜なクルマを磨き、意味もなく時間を共にし、給料のほとんどをそれにぶち込むほどクルマを愛しており、その気持ちは今も何ら変わりないワタクシのハートに火がつきました! 
そう、貧乏やまと、クルマを買うと決めたのです!

(参謀長)

先生写真ブログ用.jpg

「バッカモーン! 今ごろ決めたのか! まあいい、石にかじりついてでも何か買ってこい! ヤフオクとかで300円くらいのがあるだろう!」

投稿者 MJブロンディ : 2013年12月26日 12:58

« 東京モーターショー2013 その5 〜アクア4兄弟とクルマの視界〜 | トップ | 参謀本部の装備品 と ボルボV60 »