趣味の総合サイト ホビダス
 

« МJ参謀長、安ド二等兵と『島耕作』を語る(その6) | トップ | МJ参謀長、カンボジアの交通を語る »

2014年5月15日

МJ参謀長、安ド二等兵と『島耕作』を語る(その7)

МJ参謀長「安ドよ。『美味しんぼ』が話題だな」
安ド二等兵「話題のようですね」
МJ「読んだか」
安ド「読んでません」

51ZmqI1ulCL__SL500_AA300_.jpg

МJ「昔は読んだか」
安ド「『美味しんぼ』はほとんど読んだことがありません」
МJ「お前は元漫画家志望だろう?」
安ド「中学生までです(笑)。なにしろ食い物に興味がないので、『美味しんぼ』は読みませんでした」
МJ「そういえばお前は、とてつもない偏食だったな。一番好きな食い物はなんだ」
安ド「肉です」

and bento.JPG

МJ「俺は昔、『美味しんぼ』には、数々のことを教えてもらった」
安ド「食い物のことですか?」
МJ「うむ。本わさびは醤油に溶かすなとか、魯山人風すき焼きとか。雁屋先生には大恩があるだけに、今の先生の意見は残念だ」
安ド「すいません。まるでわかりません」


DSC00596.JPG

МJ「ところで『ヤング島耕作』だが」
安ド「新入社員の時から課長になるまでの島耕作ですね!」
МJ「あれの1巻を読んで、俺は打ち震えたぞ」
安ド「なんか食い物のことがありましたっけ?」
МJ「食い物じゃない。70年代の公衆道徳だ」
安ド「あー、テレビとかを川に捨てちゃうヤツですか!」
МJ「そうだ。俺が小さい頃、日本人の公衆道徳は実際そんなもんだった。うちの両親も、ゴミを道端に捨てていた」
安ド「ウチのオヤジは、そのへんのものをかっぱらってました!」
МJ「それと、鉄道沿いの田園に立てるデカい"野立て看板"のことが出てくる」
安ド「でしたっけ」
МJ「70年代は、鉄道に乗ると、田んぼの真ん中いたるところに、けばけばしい巨大な看板があって、俺も子供心に『汚いな』と思っていた」
安ド「そうなんですか!」
МJ「まあ今も道路沿いにいっぱいあるが」
安ド「ありますね」

nodate.jpg

МJ「野立て看板はともかく、40年前の日本人は、今みたいにちゃんとしてなかった。つまり先進国になったんだ」
安ド「そうなんですか!」
МJ「たとえば犬のウンコ。昔は町のいたるところに落ちていたが、いま犬を散歩させてウンコを取らなかったら通報される」
安ド「そう言えば、ウチの実家がある東松山ですら、最近はウンコ取ります。昔はそんなもん、絶対取りませんでした」
МJ「それはいつごろの話だ」
安ド「えーと、僕が子供の頃です」
МJ「お前は今37だから80年代だな」
安ド「ですね」
МJ「だいたいその頃安藤家では、恐るべき動物虐待が行われていたんだろう?」
安ド「はい。オヤジが番犬用に野良犬をとっ捕まえてきて、家で常時5匹くらい飼ってたんですが、エサは地面にブチまけてたので、エサ用の器もありませんでした」
МJ「何度聞いても凄い話だ」
安ド「名前をつけなかった犬もいて、"裏のアレ"とか"表の白いの"とか呼んでました」
МJ「犬が死んだら?」
安ド「俺と兄貴で庭に穴を掘って埋めてました。だからうちの庭には犬が50匹くらい埋まってます」
МJ「近所から苦情はなかったのか」
安ド「当時、近所は畑だらけで家がありませんでした」
МJ「......そんな野蛮な国だった日本が、今では誰もが犬のウンコを拾い、死んだらお墓まで作る。日本は本当にちゃんとした国になったろう?」
安ド「そう言われればそうですね!」
МJ「なにより安ド、今ではお前が座敷犬を2匹も飼い、猫可愛がりしてると言うじゃないか!」
安ド「猫ではなく犬です! 猛烈に可愛いです!」
МJ「名前は?」
安ド「あります(笑)。メイプルとギズモです」
МJ「文化的だな」

and dogs.JPG

投稿者 MJブロンディ : 2014年5月15日 14:36

« МJ参謀長、安ド二等兵と『島耕作』を語る(その6) | トップ | МJ参謀長、カンボジアの交通を語る »