趣味の総合サイト ホビダス
 

« 2014年5月 | トップ

2014年6月

2014年6月25日

МJ参謀長、カンボジアの交通を語る

安ド二等兵「殿。カンボジアはいかがでしたか!」
МJ参謀長「うむ。すべてがユルくて優しい、ノンビリした国であった」
安ド「ほほー」

DSC00863 (800x600).jpg

МJ「出発前エノテンは、『カンボジアって、やっぱり地面はドロドロで、今でも難民がいるんですか?』と言っていたが、内戦は20年以上前に終わっているので難民はいない」
安ド「あ、いないんですね!」
МJ「しかし地面はドロドロだった」
安ド「ドロドロですか!」
МJ「今回俺はタイ国境からベトナム国境までカンボジアをバスで横断したが、アンコールワット周辺や首都プノンペンの一部を除いて、全般に泥だらけゴミだらけ、国道は道路工事だらけであった」

DSC00793 (800x600).jpg

安ド「ところでカンボジアって、どんなクルマが走ってるんです? 軽トラとかですか?」
МJ「軽トラは日本にしかおらん! 乗用車はカムリ。そしてカローラ。あとはハリアー、レクサスRX、そして王者ランクルという感じだ」
安ド「全部トヨタ車じゃないですか!」
МJ「トヨタ様が絶大な人気を誇っていた。カンボジアはトヨタ帝国だ!」

DSC00722 (800x600).jpg

安ド「ガッポリ儲けてるんですね!」
МJ「いや、中古車が大部分だし、税金逃れのために車体をバラバラにして輸入して、こっちで合体させることもあるらしい」

DSC00875 (800x600).jpg

安ド「豪快ですね。交通マナーみたいのはどうでした?」
МJ「それには、かなりのカルチャーショックを受けたぞ!」
安ド「超危険なんですか?」

DSC00724 (800x600).jpg

МJ「そうとも言えるが、そうでもない。たとえば反対車線に出ての追い越し。カンボジアではこれを、かなりゆっくりやる」
安ド「へっ?」
МJ「儂は最初、ヘタなのかノンビリ屋なのか意味不明だったが、実はそこには、カンボジア人の深慮遠謀があったのだ!」
安ド「ど、どんなです?」

DSC00867 (800x600).jpgのサムネール画像

МJ「カンボジアには多数のバイクやトゥクトゥクが走っていて、それらは日本における自転車のように、右側通行も左側通行もないに等しい。クルマとしては、どこからバイクやトゥクトゥクが目の前に割り込んでくるかわからん。そんな状況では、とにかくスピードが一番危ないのだ! そこで、対向車が来ていても決して急がず、ゆっくり追い越しをかける!」
安ド「な、なるほど! ただ、それだと対向車とぶつかりませんか?」
МJ「対向車もぶつかりたくないので、事前にスピードを落とす。このようにして事故が防がれていた!」
安ド「おおっ! すばらしい譲り合いの精神!」

DSC00726 (800x600).jpg

МJ「ホーンは鳴らしまくりだが、カンボジア人は基本的にとても優しく、決して自分の権利を強く主張したりしない。危なければどんどん譲る。この点は日本人も見習うべきかと思ったぞ!」
安ド「僕も見習います!」
МJ「ただ、全般に人が良過ぎて、ルールはないに等しい。そのユルすぎる姿勢が、ポル・ポトの大虐殺を許してしまったような気もしたぞ!」
安ド「じゃ見習いません!」

投稿者 MJブロンディ : 2014年6月25日 18:35

« 2014年5月 | トップ