趣味の総合サイト ホビダス

最近乗ったクルマたち

IMG_0606a.jpg

あー、もう4月になる、、、。
JAIAで乗ったクルマたち、ちょこっと載せておきます。

まずは、テスラね。
「未来感ハンパねぇ〜」ってのは、このことですね。

IMG_0599.JPG

自動運転を体験!
ハンドルから手を話してもOK。ヒョエー。


IMG_0593a.jpg

センターの超大型ディスプレイはタッチパネル式で、いろいろなセッティングを変えられたりもできてしまう。

IMG_0550.JPG

赤いコルベットさんね。
見た目はなんだか運転しにくそうなんだけど、とってもシフトチェンジがしやすくて、乗りやすかったなぁ。これを女性が運転してたら、メッチャカッコイイでしょ?

IMG_0553.JPG

内装がまたイイ!
音もいいしね、クゥーーーー、気分アガるね。

IMG_0557a.jpg

MINIクラブマン
車体は大きくなってどっしりと重厚感が増しましたね。

IMG_0559.JPG

インテリアはゴージャス!
大人なMINIって感じ。

また、アップします。

保育園待機児童問題に思う。

 待機児童問題が国会でも取りざたされて、話題になってますね。
 あの匿名メールには、「私も同感!」。なぜなら、私もあっさり落とされた一人だから。メール1本が世の中を動かしつつあることには、手が腫れるほど拍手を送りたい! でも、数年後には改善されている可能性はあっても、現状、小さい子どもがいる親にとっては、待ったなしです。どこか、入れてくれるところに入れないと、親たちも前には進めないからね。

 というわけで、5年前に36歳、フリーランスの身で一児を授かった私は、息子が7ヶ月になった新年度の4月から、民間企業が運営する、都の認証保育園に息子を通わせることにしました。それも12月に20人待ちの段階で申し込みをし、なんとか空きが出て入所できたのでした。3歳児からは、同じ会社が運営する、無認可保育園(園庭がない)に通わせ、現在に至ります。
 
 民間の保育所のメリットは、働く親に無理を言わないこと。親はクライアントなので、「手作りのものを作ってこい」とか「保育園の行事に参加しろ」といった強制はしません。サービスも充実していて、保育時間の延長、土日の営業など、親が使いやすいように工夫もされています。認可保育園では、買い物袋を抱えてお迎えに行くなど言語道断と聞くけれど、この保育園では、文句ひとつ言われたことないです。
 デメリットは、毎月、容赦なくお金がかかること。
 両親が2人とも会社員で固定収入がそれなりにある人にとってはそれほどの問題はないでしょうが、私のようにフリーランスで収入に波がある人にとっては、便利に利用できることを手放しで喜べる感じでもありません。
 先日、同業者の方とお話をしていて、「無認可保育園はお金がかかるんですよ〜」とぼやきつつ毎月の保育料を教えたところ、「ポルシェ買えちゃうね」って言われました。たしかに〜。なにも私はポルシェが欲しくて言っているわけじゃない。子育てにはこの先お金がかかるのに、まったく貯金ができないどころか、私の口座に一旦入金されたギャラはそのまま保育園へ流れている。働いたほうがむしろ損、みたいに感じる人がいてもおかしくない状況なんですね。誤解を招くといけないので念のため。
 認可保育園には、フリーランスの人間だって優先して入れて欲しいと思うけれど、フリーランスの仕事なんて職業とは認めてくれてはいないみたい。個人には、仕事を代ってくれる人がいないっていうのにね。なんなら、会社にしましょうかねぇ。

 数年前、私のように都内在住で、フリーランスのライターをやっている方が、子どもを認可保育園に通わせているときいて、どうやって入れたのか聞いたことがあるんですよ。そしたら、夫婦で区役所に日参し、座り込みをして、ようやく認められた、と聞きビックリ! なかには、偽装離婚して認可に入れるというアラワザを使う人たちまで。
 そこまでしないと入れない認可保育園って、一体なんなんでしょうね!?

 一億総活躍、とか言う前に、国はやることやってくれって思いますね。

 

NYマダムのパワー炸裂展@池袋

IMG_1130a.jpg

西武池袋本店で開催されている、『NYマダムのおしゃれスナップ展』に立ち寄ってみました。
仮装パーティなの?
ってぐらいユニークなファッションに身を包んだ、熟女たちのパワーに圧倒されっぱなしでした。

これに比べたら日本のおばあちゃんって地味すぎる。

IMG_1131a.jpg

ウォー!! ピエロ?

IMG_1132a.jpg

ウォーー!! 仮面ライダー?
 
IMG_1133a.jpg

ウォーーー!! 金鳥の夏?
でも、なんだかとってもエレガント。

IMG_1138a.jpg

このコメントが好き。
「クリエイティブであれば人は自由だし、
自由でいることは怖いもの知らずということだわ」

ほかにも、
年を重ねることで自分を認められるようになる、と90歳を超える老女がDVDのなかで話していたのが印象的だったな。

いつか、そんなふうになりたいものです。

日産のお店で。

IMG_0139 peppera.jpg

女性だけで、クルマのお店に行くのって、緊張しますよね〜。
私も緊張する。。

無理やり買わされてしまうんじゃないか?
難しい説明をされて、チンプンカンプンになってしまうだけなんじゃないか?
子ども連れだと、飽きて騒いでしまうんじゃないか?

日産のレディーファーストショップでは、なんとペッパー君が接客してくれるんですよ!
動きもかわいいので、子どもはきっと釘付けになっちゃいますね。
ウチの子はどんな反応するんだろ?
連れて行ってみたい。

IMG_0471 pepperb.jpg

タッチパネル式のモニター付きなので、子どもでも簡単に操作できるんです。
早口言葉や、クイズほか、ゲームも楽しめますよ。


5年が経ちました。

3月11日です。

5年前の地震発生時、私は、お台場での撮影が終わり、レインボーブリッジで都心方面へと向かっていました。軽自動車をひとりで運転しながら。
すると、前を走る中型トラックが左右に大きく揺れ始めたのです。
でも、そのときは、「何か故障かな?」という感じで、大きな地震だと気づいたのは、自分の車も大きく左右に揺れはじめてからでした。


一番気がかりだったのは、実家に預けてきた、産まれて半年になったばかりの息子のこと。
「もし、この橋が折れたら、私はこの世からいなくなってしまう」
そう思うと、いてもたってもいられず、泣きながらデジカメでまわりの様子を動画で撮影していました。自分に万が一のことがあったとしても、その前の状況をなにか残しておきたいと思ったのかも。


ありがたいことに、息子は実家の母がおぶって外に避難させたため無事でした。
ただ、ミルクをつくるためのガスや電気が復旧せず、困っていたようです。
その日は結局、夫は会社から歩いて深夜に自宅へ戻り、私はようやく復旧した電車で夫の実家へ、息子は私の実家にと、家族3人がバラバラで過ごすことになりました。


あれから5年。
当時赤ちゃんだった息子は5歳になりました。
子供にとっての5年間って、大人にとってのそれとは比べものにならないほど
大きいものですよね。
今では、抱っこすることが難しいほど体重も重いし、おしゃべりも上手です。


だから、息子と同じように幼い子たちが、たくさん亡くなってしまったことを考えると、辛いですね。。大きくなっていたら、と考えてしまうから。

3月11日は、これからもずっと、忘れることのできない日です。


ホンダアクセスのコンセプトカーがステキ

IMG_0444 660cp.jpg

ホンダアクセスのデザイナーさんが手がけた、S660コンセプト、カッコイイでしょう〜?
これ、オリジナルより好きだなぁ。

IMG_0446 660cpb.jpg

リヤはこんな感じ。
もっといい写真、なかったんかい!
取材中に撮ったのですいません。

レトロ感と先進性が融合した、いい形ですよね。
市販になったらいいのにっ!


『シトロエン クーリエ』でお世話になりました。

DSC05226.JPG

昨年秋ごろだったか、取材を受けた内容が、『シトロエン クーリエ』で掲載されています。
愛車のシトロエンC3と共に出ております。
山から帰ってきた次の日の朝に撮影だったもので、バタバタでクルマも汚いなーって感じだったんですが、美しく撮っていただきました。ありがたや〜。

DSC05227.JPG

シトロエンのお店に置いてあります。
よかったら手にとってみてください。

アウディA4の似合う女になりたいわ。

IMG_0960a.jpg

エレガントでスポーティ。
アウディ車って、日常的に身に付けるドレスみたいな感覚が味わえるクルマだと思うんですよ。
普段着がドレス、それだけで気分がアガるなぁ〜。
あぁーーー、A4が似合う女になりたいっ。
きっとアウディに乗ったら、女性はより艶っぽっく、男性はより精悍に見えるんじゃないでしょうか。
アウディって不思議なブランドですね。

車重を感じさせないふんわりと軽い乗り心地でありながら、接地感は高いし、
操作感がメカメカしてなくて、すっと肌になじんで、心地いい。
私の運転でも、流れるように走ることができる、運転がうまく感じられるんですよ。
しかもとっても静か。めちゃめちゃ癒されました。

操作系の触感については、ダイヤルを操作したときの音やタッチの触感、変な臭いがしないかどうか、ステアリングの革の手触りがサラサラしているかどうかなど、人間の五感で確かめる部署があるそうですよ。

IMG_0978a.jpg

デザインでは、キャラクターラインがフロントからリヤまで1本に繋がっているのも、美しく見えるポイント。

IMG_0927a.jpg

キャラクターラインを活かすために、ボンネットフードがデカイ!
ガバッと開いちゃいます。

IMG_1029.JPG

この赤も華のあるいい色。
赤いアウディが似合う女性になりたいわ。

アウディA4にチャイルドシート入れてみた。

IMG_0944a.jpg

先日、ボルボのセーフティセミナーに行ってから、チャイルドシートのことが気になっていたんですよね。
で、新型アウディA4の後席にチャイルドシートとジュニアシート入れてみました。
ボルボでは、3〜4歳まで、チャイルドシートは後ろ向きを提唱しているんですけど、
行けますかね?
私、ボルボの安全に対する考えには納得してるんですけど、足のスペースは気になってるんですよね〜。
ウチの子、5歳なのでジュニアシートですけど、もっと小さい頃ってどうだったかな?

IMG_0936a.jpg

ジュニアシートとチャイルドシート(前向き)を乗せた場合はこんな感じ。
前席の位置は、私が運転するのにちょうどいい位置に合わせています。

ちゃんとスペース測ればよかったな〜。
でも、しっかり座れそうですね。
セダンなんで座れることは分かってはいるんだけど。

IMG_1022a.jpg

いつも運転席まわりばかりが気になってしまうんだけど、
後席を真横からみると、こんな感じ。
ヘッドクリアランス取れるように、少し、奥が下がっている形状なんですね。

IMG_0972a.jpg

身長163cmの私が座ってみると、これぐらい頭上に余裕がありました。
オッケーですね。
クーペに近い美しい形で、後席の頭上スペースがしっかり取れてるのはいいんじゃない?

IMG_0958a.jpg

ISOFIXアンカー部はこんな感じでスッキリ、きれい。
ウチのシトロエンC3(2009年製)は、手探りで探さないと見つからない。。

IMG_0955a.jpg

これはわかりやすい!
新型はいいなあ〜。

「美人服」ってあったんだ!

IMG_0071b.JPG

カラープロデューサーの今井志保子さんの新刊、
『わたしに似合う「美人服」の見つけ方』(SBクリエイティブ刊・1400円+税)が出ました〜。

ちなみに、今井さんが手にしている、本屋さん用のPOPは、御本人自ら手がけていらっしゃるとか! さすが「アガット」元スーパープレス。

DSC05223.JPG

わたしも早速ゲットし、読ませてもらいました〜。
この本が、これまでのカラー本と違うのは、肌の色味に加え、顔立ちから似合う服の色やデザインを提案しているところなんですよね。

自分に似合う色と似合わない色があるということは知ってたけど、顔立ちによって似合う服のデザインまで違ってくると知ってビックリ!

今井さんによれば、私の肌の色はゴールド(黄味がかった色)、顔立ちは男顔(クールタイプ)。
なので、私のパーソナルタイプは「ゴールド×クールタイプ」。
このタイプの人は、クルーネックではなく、Vネックのほうが似合うんですって!

小さいころから、首まわりが大きくあいた丸首はにどうも似合わないな〜、と思っていたんだけど、「そーか、顔立ちのせいだったんだ!」と納得しちゃいました。


自分で肌色診断や、顔立ち診断ができるようになっているほか、
パーソナルタイプ別に似合う色のカラーチャートも紹介されているので、服を選ぶときの参考になりそう! こういう本を待ってたんですよ!


私の服、本当に似合ってるのかな〜?
と思ったら、ぜひ手にとってみてくださいね。
絶対おすすめです!!

WEB ROSSO.gif
ホビダスオート・ダイレクト

プロフィール

ma_rosso.jpg

スーザン史子

某出版社編集を経てフリーに転進した、女性モータージャーナリスト。名前はスーザンながら100%日本人で、本当は町田のお嬢様……らしい。本人は“クルマ業界のバラエティ部門担当”と自覚、体を張った取材に日々いそしんでいる。最近は長男を出産! スーザン改め、カーサン史子を名乗っている……という噂(笑)。日本自動車ジャーナリスト協会所属。

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

突撃MJ戦略参謀本部
スーザンのエピっとな
なんちゃってセレブなカーライフ
フロムROSSOエディターズ
四季即是空

ケータイからもアクセス

  • 「スーザン史子のエピッとな!」の携帯版がスタートしました。携帯電話で以下のQRコードを読み取るか、下記URLにアクセスしてください。
    ※一部の携帯電話では見られないこともありますのでご了承ください。
  • QRコード
  • http://www.hobidas.com/blog
    /rosso/susan/m/

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.