趣味の総合サイト ホビダス
 

« 今年の目標 | メイン | オートサロン後 »

2011.1.15

●東京オートサロン2011

東京オートサロン2011が今日から開催。

P1040317.jpg

普段モータースポーツのイベントではいろいろな車を見ていますが、一般のチューニング業界を動向を見るにはこのイベントが一番です。

P1040299.jpg

オートグリムには、アストンマーティンV12ヴァンテージが展示されていました。
オートグリムとアストンマーティンは英国王室御用達に認定されており、アストンマーティンにもオートグリムを正式カーケヤ商品認定しています。
オートグリムが確かな品質と証明されている証ですね。
みなさんに知られていないと思いますが、PureSportでは、オートグリムの商品の販売も行っていますので、お問い合わせ注文が有りましたらご連絡ください。

最近気になる車が、トヨタのIQ。

P1040284.jpg

いろいろなショップさんがデモカーを作っています。
小さくて小回りが効き、見れば見るほどカッコよく思っています。
アストンマーティンもIQをベースでシグネットを発表していますし、PureSportでも何かやりたいです。

今週のオートスポーツ紙に載っていた、新プロジェクトの車も展示されていました。

P1040302.jpg

先日のJAF表彰式でもこのプロジェクトリーダーの関谷正徳監督とお話をしたときも「レースをや
れ」と言われてしまいましたが、最近の動向をみると情報はたくさん流れているこの時代ですが、1歩踏み出す人たちが少ないように感じます。
サーキットで走る、ジムカーナに出るというのはそんなに敷居が高いものでもなく、やったことが無いもの、新しいものに手を出さない、出せないのかな。
この新しいカテゴリーは、アマチュアも出れるように、なおかつアメリカのNASCカーのように見てる人も楽しめるようにとのことだそうです。
モータースポーツに参加するのは出場する人だけではなく、見に行くことも参加しています。
まずはどのようなカテゴリーでもサーキットに足を運び見に言ってほしいと思います。

僕も初めてF1を生で見に行った時のエキゾーストノートがいまでも忘れられません。
体にそのエキゾーストノートの響きが伝わり、全身に鳥肌が立ち言葉にならない感動したことは今でもはっきり覚えています。

現場に行かないと体験出来ないものはいっぱいありますね。

オートサロンでは新たな発見、忘れていたものを取り戻すことが出来ました。