趣味の総合サイト ホビダス

2013年9月アーカイブ

グリコワゴンはハイエース(実話)

| コメント(0)






佐藤琢磨選手が参戦したスーパーフォーミュラ菅生。


琢磨選手のサポートをしているグリコが、グリコワゴンを持って来てました。


ポッキー






パピコ





ジャイアントコーン







んでまた



ポッキー!!!






見ているだけでおやつをたべたくなるしくみ。


甘い匂いに誘われて...








あ!
TK!!


ちゃいます、TKはボランティアスタッフとして、
被災地の子供たちをサーキットに連れて来ていたの。

社団法人Wheels
http://www.wheels.or.jp/









ちゃんと引率しながら子供と遊んでるTK見てたら、
なんかええなあ!!
偉いなあ!


と、心からおもった。


震災直後、
被災地のために継続的になにかをしていきたい、
といっていたことを、
ちゃんと今もほんとうに全うしているのだもの!


さて、そんな菅生のレーシングコースを、
華やかにパレードランしていた







これ、


なにわナンバーのハイエースでおました。



先日


珈琲問屋の記事
http://www.hobidas.com/blog/tipo/imai/archives/2013/09/_bunny_eyes.html




でお伝えした、

ハワイアンホースト
HAWAIIAN HOST

の激ウマぱりぱりバナナチップスの件。








以前、妹の新婚旅行の土産でもらったやつ









と、あまりに似た商品がハワイアンホーストからリリースされ、






けっこう大胆なパクリやなと驚いていたんですが、


よーくパッケージをみたら、両方とも


WSTCO


が販売元というか製造元になっていた!!


WSTCOはアメリカのタバコ販売代理店みたいなとこで、
商社として?
色んな商品も売っているので、


(JT、日本たばこ産業が冷凍食品も売ってるイメージでしょうか)


そのうちのひとつをハワイアンホーストが買い上げたのか譲り受けたのか、なのでしょう。


だから、
ハワイアンホースト版も好物決定、


むしろメジャーブランドから販売されることとなり、
入手がラクになって激烈うれしーー!!


問題はけっこう小さい袋ひとつ食べただけで、
400kcalオーバーという、
恐るべきハイカロリーなのだった!!



でも本気で他の追随を許さない美味しさなので、


ぱりぱりちゅせよ!


そんな私は只今宮城県・菅生の
スーパーフォーミュラに来ています。

http://ms.toyota.co.jp/jp/


これから、








レーシングカーデザイナー、
由良拓也さんとの、
2014年規定モデルの新車両、
SF14トークショーです。


楽しみ!!







昨日クルマのドアを閉めるとき、

思いっきりヒザを挟むカタチでドアパネル下辺にヒットしてしまい、

歩くたびに呻く、そんな今日。


昨日はドアの閉め方さえもそんな有様になってしまうくらい
てんやわんやにテンパリングしており、
なぜならばここのところものすごい現場とか打ち合わせのあいだの移動が多く、


移動ってほんと疲れますよね……


とばかりに消耗されておったのでふ。


しかし昨日は、一日のハイライトに素晴らしすぎるお仕事をさせてもらったのだった。






それが、東京モーターショー開催年の今年、


これからの日本を担う大学生のもとに、


東京モーターショーを主催する
日本自動車工業会、通称・自工会(JAMA)に名を連ねるトップが自ら訪れ、


学生との交流を通して、
ガッツリ次世代のクルマファンになってもらっちゃおうぜ!


クルマの楽しさを直接訴えようぜ!


とばかりに始まった


「大学キャンパス出張授業
〜経営トップが語るクルマの魅力」

http://www.jama.or.jp/campus-jyugyou/index.html


なるシリーズイベントの、


そのキックオフとなる第一弾。


「明大生×アキオトヨダの
ガチトーク・ゆるトーク」


が、



昨夜、
明治大学にて開催されたのです



http://www.jama.or.jp/campus-jyugyou/seminar_toyota.html








そしてその司会を、
なんとアキオトヨダ氏のご指名を受け!!







務めさせていただいてきたのでした。







飲むと賢くなりそうな水もゴクゴクいただき







学生さんたちと同じ楽屋で盛り上がり、


この世代の明大生の奔放さ、
自由な空気感、
のびのびした学風、
礼儀正しさ、


に感銘を受けた。


どうかその新鮮な瞳の輝きを
色んな方向に向けて、
真っ直ぐに社会の荒波を泳ぎきってほしいと祈っちゃうくらい、

とってもいい子たちなのだった!!


(阿部満里ちゃん、
高島華子ちゃん、
三木翔太くん!


三人三様の個性的な明大生でした。
ありがとう!!)







学生ならではの視点で繰り出される質問の数々、


「ファストフードなんてたべたことないんじゃないですか?」


「お家とクルマは幾つお持ちですか?」


「トップとして、トヨタに必要な人材の条件は?」


などなど、まさにガチトークでユルトークなユニークな講演になり、
わたしもマイク持ちつつ大爆笑。


そしてそのひとつひとつに真摯に答える豊田社長の熱いハートのこもった返事に、


最後の会場とのQ&Aもかなりの手が挙がり、
とても活発な意見が出されたのでした。


だいたい、
作ってる本人がこんなに楽しんでるんだから、
きっとクルマって楽しいんだろうな!
なんかいいな!


と思わせる







こんなトップって、なんかとっても
素敵じゃん!!


と思ってくれた学生さんが、いたら嬉しいなと心から思った。



だいたいこの取り組み自体、
豊田社長が案の定言い出しっぺだそうで(笑)


ほんとうにクルマ好き布教活動に
腐心してらっしゃるのですよね。


いつも笑顔のハッピーオーラで、
わたしもお会いするたびに
ハッピーな気持ちになる。


ちなみに、
昨日の様子はニュースになり、

ニュースジャパンとか
ワールドビジネスサテライトにでた!!


ニュースジャパンはアーカイブの動画が公開されております。


https://www.fnn-news.com/sp/iphone/headlines/index.html?id=CONN00254659


わたしもけっこう映っていたらしく、


高校の同級生とかからメールがいっぱい来ました。


だというのに、
いちばんわたしを心配してる両親にも妹にも
それを観てもらえなかったので、
もし録画してる方がいらっしゃいましたら、



下さい!!


お礼に
多分明大生の頭脳の糧の、
0,00………%くらいにはなってるであろう、


明大近所の名店


エチオピアの野菜カレーと、







サービスのイモの画像を







先に貼っておきます。


あ、ちなみに、これらの講演会は、
基本的には開催される大学の学生さんのみ広聴できますので、
一般の入場は出来ないです。


詳しくは各地の大学にお問い合わせ下さい。

三連休が終わりましたね。


都市圏はビビるほどの渋滞に見舞われていたようですが


私のそれは
現場
原稿
原稿

終わりました。


休みの間も働けるのは、わたしの喜びでもあるから、基本OK。


そのなかの「現場」セグメントだった土曜は


トヨタ自動車同好会
クレイジーカープロジェクト!


(と、ここで気付いたのだが私の携帯はカー、と入れると
カーボンフレームという予測変換がいちばん最初に出てくる...
持ち主の好みを熟知する賢い携帯でございます)







今回でお手伝いも3回目になりましたが、


わたしにとって初めての関東開催、
at袖ヶ浦フォレストレースウェイでした。


なにがスゴイって、
今回は参加者がいつものトヨタ関連会社の方々ではなくて、
千葉県警の皆様だったってことだった!!







まぶいしくらいの晴天の中







いいですか、ブレーキを一回ドーン!と







踏んでみてください、と


県警の皆さんに熱弁をふるう寿一先生。


同好会の取り組みの一つとして、
クルマ好きを養成しよう!
というのがあるのですが、


今回はそのお相手が県警にまで膨らんだ、とっても記念すべき走行会だったのでした。


クルマは事故とも密接に関わる生活ツールだけに、
扱いを間違うと大変なことになるのは重々承知だけれども、


サーキットで86はじめとするスポーツカーを集めて
クルマ好きに向けて発信するこういった方向性のイベント、しかも同好会とのコラボレーションはかなり貴重、だし素晴らしいこと!


さすが齋藤さんの人脈...


そして我らが寿一先生の得て来たノウハウ、技術は警察の皆様の度肝をも抜く
スーパーテクニックだっちゅうことであった!







あ!そんな寿一さんに








クレイジーなパンダが







!!


チューした!!


と思ったら







イヤだったみたいw



クレイジーカープロジェクト レースクイーンは
IAガールズプロジェクト、39号車でもお馴染みの


前田ゆうちゃんだ!!







今回もかなり充実した一日でした。


ね、齋藤さん!







実はこのあと、
ありえない奇跡タイミングが重なり、


千葉での冒険が続くのですが


それはまた、今度。

IMG_0002.JPG


横浜あたりに住んでいることの大きなよろこびのひとつに


IMG_0008.JPG


まるでガイドブックか写真集かと見まごうほどうつくしい夜景を見ながら


IMG_0009.JPG


持病の「面倒くさがり引きこもり症」を押し
なぜか8月のあたまから突然開眼してしまって
軽い日課・・・といいつつもここんとこ全然いろんなことに押されてできてないけれども,

demo

もはや走らない日はキモチワルイっちゅーくらいハマっている


ランニングができる、

とか


これまたランが楽しいあまりに最近おざなりになりすぎていて、


はっ!!!
乗らねば!!


と突然思い立ち、昨日久々に漕いだら大した距離でもないのに身体のコアっちゅうかなんか
すべての中心の筋肉的なサムシングが
ガックガクになった


自転車を漕げる


というものがあり、


IMG_0012.JPG


これらはほんとうにすてきなことなのですが


今日また、横浜をラブ!!とおもえる出来事が。


さて、私は日頃のメイクアップの時短と洒落心というかめかし心のために
『まつげエクステ』といふものをしておるのですが


それが横浜西口の


BUNNY EYES
http://www.bunny-eyes.com/top.html


というお店。


べつに友達が働いているわけでもなんらかの利害関係があるわけでもないのですが、
横浜ではまつげエクステ探しにたいそう苦心し、


テクニックはイマイチで1週間で全部取れ、
苦情を言ったら「それはお客様の責任です」とか言われる粗悪店(と敢えて言う)に当たること数回、


どう考えても都内の方が競合店が多い分価格的にも小慣れていて、
テクニックも拮抗するのか洗練されていて、
手も速いし取れにくいという都内生活を経験してハマにやってきた私には到底理解できない事象が多々起こった中、


ここはとてもちゃんとしたテクニックをほぼすべてのスタッフが兼ね備えており、
お値段もまぁまぁ、ということでここ3カ月ばかり通っているのですが、


ここに通うにはもういっこ理由があって、
本気で好きすぎてあんまり人に教えたくないくらいの店なんだけど、


そのエクステ店の入っているビルの一階に入っている


珈琲問屋
http://www.tonya.co.jp/shop/c/c0
/


なる、
こげなシブイ外観からはとてもじゃないけど沿想像も出来ない豊かな内面世界(店内)をもつ


素敵な珈琲店に、


IMG_0004.JPG

エクステを付け終わった後に寄って、ちょっとコーヒーとか


IMG_0003.JPG


ラテとか

IMG_0010.JPG


いただいて帰るのが大好きなのだった!


なにが素敵って、
なんというか、あのスタジオジブリ映画


耳をすませば


耳をすませば 【DVD】

耳をすませば 【DVD】
価格:4,442円(税込、送料別)


【送料無料】耳をすませば [ 柊あおい ]

【送料無料】耳をすませば [ 柊あおい ]
価格:630円(税込、送料込)


耳をすませば 【Blu-ray】

耳をすませば 【Blu-ray】
価格:5,497円(税込、送料別)


のなかに出てくる「地球屋」みたいな、


ちょっと乾いていて掘り出し物がありそうな、
アンティークな感じの店内で、


商品に埋もれるかのようにむりくり作られたイートインスペースに座れば
自分も店に永久に溶け込んでしまいそうな錯覚を起こすような・・・


そしてその商品陳列のセンスが最高に好みなんですわ。


その辺のシアトル系より珈琲美味しいし。


そして今日もエクステが終わり、
ふらっと立ち寄ったらば!!


あの!!


妹が新婚旅行土産でくれて以来、
ハワイでも血眼になって捜し、挙句ワイキキでも一店舗でしか見つからなかったために
ほぼ買占め、


必死で持って帰ってきた


極薄・極ウマ バナナチップス


によく似た


ハワイアンホースト
Hawaiian Host


版の類似品が!!!


IMG_0017.JPG

正確にはどっちが先かはわからないんだけど、
でももうハワイかグアムあたりに行かないと食べられないと思っていただけにとりあえずの2個買い、


美味しかったら買占めます。


ちなみに私が惚れ込んだ方のヤツは


バナナチップス 80g

バナナチップス 80g
価格:280円(税込、送料別)


こっち。


あんなにワイキキを歩き回ったというのに、まんまと楽天には両方あるという・・・


チーン・・・・


しかも横浜大好きっていう今日のブログテーマを根底から覆してるし・・・・


でも、店で手に取ることが出来たってことが大事なんす。


ちなみに最近の我が家の朝食


IMG_0005.JPG

これも珈琲問屋にて入手のミューズリー


私、ドライフルーツが好きなのやもしれません。
とはいえフルーツだけにちゃにちゃ食べるのはあんまり好きではなく、
これはなんか、アゴ丈夫になりそうなオーガニック感ありつつも食べてると癖になる味わいです。

そしてスポーツのおともに

IMG_0006.JPG

ココナッツウオーター!!
これも大好き!!


こちも珈琲問屋にて。

IMG_0007.JPG


店長さんの明るいお人柄も常連の心掴んでるようですが、
私のようなまつげエクステのついでに気まぐれに寄るように頻度では、
まだ覚えてもらえていないようでございます。

IMG_0001.JPG

どぅびどぅばあああぁあ!!!

(伊勢佐木町ブルースの石碑のまえで。手に持ってるのは100均にて手にいれしホウキ)

このボンバーブログ、略してボンブロをiPhoneで書くときは

Blogpress


なるアプリを使用しているのですが、
これを使うとどうにもサムネイル、写真がばっちい(過去記事参照)。
鮮明でないし、荒っぽい。
iPhoneから見るとそうでもないのがまた腹立たしい。


これを綺麗に表示する方法はあるまいねと方々手を尽くしたものの、
なかなかよくわからないのが実情でござる。


一体どうすりゃいいのか・・・


違う調子のいいアプリとか、存在するんでしょうか。


秋空の下、部屋に籠ってあれこれしつつ、合間にそんなことに心塞がれるこの頃です。


なんと今日の満月はかの有名な【中秋の名月】だそうな!!
団子もススキもないけれど、社長と一緒に見上げてみようかな。


昨日はそんな満ちそうな月を、ショーファードライブさせてもらいながら眺めていたのであることよ!


しかもべっぴんさん(元モデルさんで現在はドライビングインストラクターだそうな!)の運転で。


pandatd7.JPG


初めてお会いした方なんですが、帰りの道すがら共通の友人(元RQ)がいることが判明し、
異様に盛り上がった次第。


ご縁って、あるよね!!


というわけで、送迎付き!というロマンティックすぎる試乗会に参加しに


青山の


FIAT CAFE
http://fiatcaffe.jp/


にお邪魔してきました。

fiatcafe2.JPG


ただいま秋の装い、シックな紫に染まっております。


一般のかた向けにこんな試乗プランもあるみたい!!
 ↓ 


fiatcafe1.JPG


見目麗しくも美味しいケイク& カフェエをいただいてから


fiatcafe3.JPG


fiatcafe4.JPG


fiatcafe6.JPG


試乗にGO!!


pandatd8.JPG


(オートックワン編集部トクダさんだ!)


カットを悩むオートックワンのメンズたち


pandatd1.JPG


すっきりと澄んだ空気の外苑前は、神宮のお膝元だからかいつもクリアな気にみちていて、
大好きな場所です。


pandatd2.JPG


ちなみに
ここのあたりのオープンカフェで原稿仕事をしますと、御利益なのか異様に捗りますことを
ひそかに告白しておきます。


そしてそのあとはこの試乗会のためのスペシャルメニューによるディナーまで


pandatd3.JPG


pandatd5.JPG


pandatd6.JPG


と~っても美味しくボリュームも十分すぎるほどあり、
しかも盛りつけもこれまた美しかったにも関わらず、


広報王子K岩氏の爆弾弾丸暴露トークが愉快すぎて前菜とデザートしか写真がないという・・・


ああ、笑った。


そしてキムキムの冷静なツッコミとのコントラスト。
今の広報体制が素晴らしすぎて、フィアット・クライスラー・ジャパンの皆様が大好きすぎます。
内輪ネタすぎてすみません。


しかしコンセプトカフェであるからして
正直お料理のクオリティにあんまり期待をしていなかったのですが、


かんっぜんに撤回します。


めっちゃ美味しかったです!!!


久々に乗ったパンダの試乗記はオートックワンにて掲載予定ですのでしばしお待ち下さいませね。


さて私はこれからあのフランス車を借りに行って、
未知の世界の意見交換会に出席するのですわよ!!

忌むべき忙しいアピール/ TRDラリーチャレンジ参戦記

| コメント(0)

「いやー、ほんと忙しくって」


とか


「ほんと寝てないんだよね~」


とかいうの、
バブルの頃ならデキル人々のカッコイイセリフとしてまかり通っていたようですが、


こんなご時世のいま
そんな浅はかなことばを
周囲に向けて発するということは
自分だけ波に乗れてる感出してる気がして、
イコールそれは乗れてないのに乗れてる虚勢をむりくり張ってるということでもあり、
果てしなくカッコ悪いというかもはや恥ずかしいとおもうし


同時に


「忙しい」


ということばを口にしてしまった瞬間からその言霊に乗っ取られ
ほんとうにただ非生産的に忙殺されてしまいそうな
末恐ろしさも感じる。

だから、


自分の時間とか生活は良くも悪くも所詮自分が知らぬうちに構築してしまうものだというふうにおもうので


日頃から善くあることを心がけているのです。


でもそんなの百も千も一億五千万も承知で言うけど



わりと忙しい。
忙しいよとほほ。








この時期から年末まで、
毎年ジェットコースターのように駆け抜けるのが習わしです。



どんどんどんどん目の前をいろんなことが展開しては色を変えてゆくけど









それが映画をみてるかのような

まるで人の人生を生きているような

いつよりもきわめて自分らしいような

明るいような切ないような

気がして

とほほとおもいつつもその実、
嫌いじゃない。








そんな先日日曜、


富山Toyamaにびゅーんと飛び







久しぶりにラリーに参戦してきました!


去年は







ヴィッツにて出てたTRDラリーチャレンジ、


先輩ジャーナリスト・まるも亜希子センセが主宰する
ピンク・ホイール・プロジェクト
というクルマ好き女性の友の会のお声がけにて


86にて参戦決定となったのでした!!







やーもー86、めたくそ楽しかったです!!







ほとんど当日ゆきずりの恋的に初乗り、
もちろんのことながらテストも練習もまーったくしてなかったので、
戦績は自分でも恥ずかしくなるような惨憺たるものだったですが、
でも本気で楽しかった!


同チーム…というのもおこがましいですが、
同エントラントとして







モリゾウ選手×足立さやか選手組もいらして
お二人とのこゆ~いクルマ談義も大変身になるものでした。


人生とは、
男とは、
トップとは、


ということについても、たくさんのインスピレーションをまたもいただいた。
そんなこと言ったらとても失礼なのは解ってるけど、
なんだかとってもキュートな方なのだなあとお会いするたびにおもふ。







それに


ガズーレディーのみんなと同室で







合宿みたいに寝たのも楽しかったのでした。


応援してくださった皆様、

TRDのみなさま、

そしてGAZOOのみなさま、

コ・ドラのトッティー、

ありがとうございました!


この様子は次号カートップに掲載されますので、是非みてね!!


それにしても…
また出たい…


が、次戦・新城ではわたし
多分Ustream班で行くことになるとおもうのよ。


そんときはまたよろしくね。

世間ではオリンピックオリンピック、クリステルクリステルと大騒ぎしていたあの日、


我々はちょうどスーパーGT第6戦富士スピードウェイFuji Speed Wayにおりましてね、







その悦びをブースの皆で分け合っていたのでしたわよ。












いちゃつくくま吉師匠


そして同時に
我々イベント広場イベント隊の中では


「果たしてオリンピック特需が我々をどこまで潤してくれるのか」


という切実かつクロい談義が横行


わたしもMCとして、なんかどっかの場内アナウンスとかに潜り込むため、


これから競歩とかマニアックな競技の猛勉強でもはじめようかときわめて真剣に



おもふ。


7年後、


きみはいったい、なにをしているのか。



さて、スーパーGTでは久しぶりにスターティンググリッドに遊びに行きました。







なにげ写真を撮ってたら、







大嶋さん、めっちゃカメラ目線!!


気付きませんでした!(◎_◎;)









石浦さん、ダンディー顔ですね。



したら








近っ!


11さんも来てくれた。









とても嬉しそうな石浦さんです。



案外仲良しのふたり。



グリッド、めちゃ楽しいね!
満喫しました。



さて、わたし、今回殿方にまたも恋文をいただきました。









どひーーーーー!!!



がわええええええ!!!!!!









おかあさまが持って来てくださったの。


あーもう嬉しくて嬉しくて、
ブースのみんなに見せて回ってしまったではないか!








おそらくレクサスの黒フリースを着ているわたしと、
とおいくん!



ああほんと、レースクイーンを追いかけるカメラ小僧さんに無理矢理絡む、横暴なレースクイーンステージなどをこなすわたしですけども


(みんなほんとは楽しんでるはずだ!)



こんなのもらうといきなり乙女になってまうではないか!



キュンキュンどっキュンですわ。



とおいくん、ありがとう。
また一緒に写真撮ってね!



ああ、こうしてキッズにもたくさんの元気をもらってるわたしです。


ほんとまじで元気になるから不思議だよ~。



LOVE!!
(お礼遅くなってごめんね!)


これまでわたしとしたことが、








人生の最たる華とは
ハレとケでいうところのハレ、
つまり常軌を逸した歓喜にあると信じていて、
それが連続してダイヤモンドヘッドを洗う波がごとく連続してわが人生に打ち寄せつづけること
こそが真の価値であって、







まあそれは端的にいえば
常にうわー、ラッキー!
得した!
こんなことあったらさぞや皆に羨ましがられるぜイヒヒ、







みたいなことが起こり続けるということを指すのだが、


そういう不安定かつ不規則 不特定なことがいっぱい起こってリンダ困っちゃう♡


(古典的表現)



山本リンダ/山本リンダ ベスト 【CD】

山本リンダ/山本リンダ ベスト 【CD】
価格:2,100円(税込、送料別)


というようなことこそが、


幸せというなんか取り留めのない心の状態を
ハッピーという方向に振らせておく最良のものだと考えておりましたが、







今日、たったいま、


ほんとうの超絶なるしあわせとは







たとえば1億当たっても


アラブの石油王にプロポーズされても


山と積まれたセール品のなかから相当に欲しかったワンピースを定価の半額で手に入れらても


世の中の価値観が突然ゴロッと変わって自分のような容姿の女が絶世の美女であるというスタンダードがいきなり構築され、
いきなりチヤホヤもてはやされるようになっても







ふ、
と軽く嗤えるくらいの余裕でしんなりとそれらのイレギュラーを受け止め、
かつ、


心の平静を保ち、


そんなことよりなにより、
普段の平坦なる人生にこそ多大なる悦びを
見出せる、






ことに集約されるんではないかと


いやそうありたいとつよく
おもったわけです。


毎日、ルーティンにこそ、


しあわせを見出せる人でありたい。



さて、
本日の写真は、


神楽坂のビストロ
レストラン かみくら



のもの、


シックな古民家にこだわりのお料理、
素敵なワインで感激。


こんなごはんを嫌いな女子など
この世に存在するわけがないぜ!!


それにしても神楽坂、







なにこのうそのように可愛い看板!


完全アウェイなかんじの、
滅多に行かない敷居の高い場所、ですが。


色気があって好き。



日本の多角さを垣間見ることができる街ですな。

















ゴオオオーーーと飛行機乗って







ロスLos Angelesキターーーー!!








今回は
日産のグローバル大試乗会です!!










うそのように素晴らしいサンセット!!












レセプションパーリーからすんばらしい展示車の数々ですが、


なんと明日からは100台以上の試乗会にノリ放題だそうな。


(((o(*゚▽゚*)o)))







日産アンバサダーの井原慶子さんもいらっしゃり、
びびるくらい久しぶりに話した!!

嬉しかった!!









ここはめちゃくちゃラグジュアリーなリゾートホテル


ペリカンヒル
Pelican hill



ホテルレポートは後日としまして


明日から


日産・インフィニティに乗りまくりますので






とりあえず喰らっておきました。


そうそう、到着後の身体をほぐそくと


さっきランニングしてきたんですが

















このあたり、景観よすぎてビビります。


さて、只今オレンジカウンティは23:39、



そろそろ休みますよ。



明日が楽しみ!!

トップページへ


プロフィール

今井優杏(いまい ゆうき)

バイクにテントと寝袋を積んで日本中を旅していた女子大生時代、高額バイトとして始めたレースクイーンがきっかけで四輪モータースポーツにもハマり、結果市販車にも興味を持ったという逆輸入的? クルマ好き自動車ジャーナリスト。自動車雑誌に寄稿する傍ら、モータースポーツMCとしてサーキットやイベント会場などでマイクを握るという二足のワラジ生活を送っている。現在はクルマ、バイクに加え自転車を2台所有、車輪だらけの自宅に苦笑気味の日々。趣味は旅とヨガ。日本自動車ジャーナリスト協会会員。

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.