趣味の総合サイト ホビダス
 

メイン | 台湾 »

U.S.A>:記事一覧

2013.11.05

●寒くなってきたので今年の旅の振り返り、シンガポール航空に感激したことなど。

ここのところ屋外よりも室内の方が気温が低いため、

なんだかんだ冷え気味の女体(マイセルフ)を持て余し、

すでにヒートテック2枚がさね+フリース+タイツ+レギンス

なんていう、ユニ○ロ コンシャスな生活を送っております。

晴れてるんだから運動でもしに外に出たらええやんかというかんじなのはやまやまなのですけれども、
まぁそこは色々やらねばならぬことがあるのが社会人だということで、
涙をのんでPCに向かっておったわけです。

ちなみに一昨日、傷めた膝をかばってジョグをやめ、
はやる気持ちで90分ウオーキングしてきたらば、

なんの運動気分にもならんかった......

ああ、走りたい、膝よ早く治っておくれ。



さて、そろそろ寒くなってきて、
ああどこか旅に出たいなとおもうのですけど、

ことしはそうもいかないみたいなので、ちょっとした旅?お仕事の振り返りなんかをしてみたいと存じます。

さて、今年の旅の中でもなかなかにホットなニュースだったのが(当社比)

あの、シンガポールエアラインの、ビジネスクラスに乗れたこと!

飛行機での移動はそう珍しくないわたしですが、
そんな中でも

『航空会社満足度No,1』を、あのエミレーツ航空とここ3年くらい争い続けている
シンガポール航空 Singapore Air Lines

に乗れるというのは

ちょっと興味湧きますやんか!

というわけで念願の搭乗



わくわく


って!!


P1030574_R.JPG


なんじゃこのデカいシートは!

いきなりカマしてくれました、
ちょっとしたパチンコ屋のペアシートくらい幅あります(貧困なたとえですみません)。

通常ビジネスクラスのシート配列は2-3-2となっているんですけども、
シンガポール航空は1-2-1とかなりゆったり。
そりゃでかいわな!!

と、

あまりにはしゃぎまくるわたしを見かねてか
(このような場において場違いにテンション上げることなんてクールじゃないのはわかってるので、
必死で冷静を装い、声は出していませんけど、おそらく雰囲気がすでに抑えきれず
キャッキャしていたのであろうな・・・)

お隣の白人おじいちゃまが
「撮ってあげるよ」と写真を

OH! Thank you、すみません恐縮ですおくつろぎのところ・・・・・


爺 「これでいいかい?」
わたし 「え・・・っと・・・あ、おーけーおーけー、ぱーふぇくと!」


とは言ったものの、


P1030575_R.JPG

ブレまくりやないけ!(驚)

いやいや、彼も悪気はない、むしろ好意でシャッターを押してくれたのであろうけども、
ここで教訓

世界各国、おじいちゃんは写真がニガテ

日本のおじいちゃんもデジカメ苦手だもんね。
でもわざわざありがとう、感謝してます。


というわけで、どんだけすごいか自分撮りで記録することに方針ちぇんじ

で、いざ撮ってみたら

恥ずかしいのではなくて

P1030585_R.JPG

ド・すっぴんだったことをすっかり忘れていて、
あんまりにもキツイから(画的に)
顔を隠してみました。


これなら最初から白人おじいちゃまのような流し撮り(?)が
まさかの正解だったのかもしれない説、只今浮上


Wow!


でもそこまでしてこの頭の両側のスペースを伝えたかったのです!
よっ、ライター根性!
・・・そうでもないか。


足元はすでにリクライニング前から

パーとか

P1030577_R.JPG


グーとか


P1030578_R.JPG


出来ちゃうしくみ。


その、どでかい機内エンタテイメントシステム画面の横には
ビジネスだけにさすがのビジネス仕様


P1030580_R.JPG


各種デバイス差し込み口がズラ~!
これでiPhoneも、レンタルしたポケットWi-fiも、
もちろん機内でMac Book Air広げて、原稿だって書けちゃうんですわ。

まぁ電源とUSBポートくらいはどのエアラインだって備えてるけども、
こんなこれ見よがしに付けられたら逆に何故か仕事しようって気にもなるもんだ?


乗り込むなり
「新聞かマガジンはいかが~?」

エレガントな美人CAさんが登場、半分あきらめつつも
「なにか女性向けの雑誌を」とお願いしたら


P1030582_R.JPG

「マダム、これでいかが?」とVOGUE!
しゅてき・・・
おかげで一気に気持ちエレガンス。

シンガポール航空は、
ウエルカムドリンクといっしょに、ウエルカムサテ、
ピーナツだれのかかった小ぶりのヤキトリが運ばれてきます。

P1030586_R.JPG

しっとりとして非常に美味。
むしろ場末のヤキトリ屋より機上のほうが美味。

そして、常に有名料理店とコラボしているという噂のお料理ですが、
私は
『ノンオイルで動物性脂肪は魚のみ、就寝前の胃にも優しい』
と言われている、ウワサの和食をチョイスしましたですよ。


P1030588_R.JPG


P1030592_R.JPG


機内食と思えないほどの風味の豊かさ!
ご飯はまつたけごはんでした。

で、ヘルシー気取るわりにデザートは欲深く


P1030593_R.JPG


洋=Western style.
パンプキン・プリン。
てへっ☆


さて、食事が終わってもお楽しみは続きます。
なんと、あのド・スッピンの頭をうずめていたシートの背を
座面側にバタン!と倒せばそこには!


P1030595_R.JPG


フルフラットのシートが現れるのであった!!
(あまりの感激に、ここでも貪欲にセルフ撮影)


ちゃんとフルフラット用にシートベルトも完備されて、
とにかく至れり尽くせり。


しかもやっぱり本気でもれなく美人なCAの皆様がどこにでも気を張りめぐらせていてくださり


「私がします」とベッドメイキングしてくれ

「何かお持ちしましょうか?」とCAコールボタンを押す前に声をかけてくれ

私はわりと世界各国どの航空会社でもCAさんには恵まれている方だとおもうんですけど

それでもダントツ気遣いナンバーワンの細やかさ、
まさにニーズの一歩先を読む思いやりに溢れた
涙の出そうに献身的な接客だったのでした。

機内エンタテイメントもそれだけで一冊本が出来ちゃうくらい各国の言語モノ取り揃えてて、
思わず眠いのに

世界を震わすセクシー俳優
ベネディクト・カンバーバッチが超絶悪役を冷徹フェイス生かして好演する

『スタートレック イントゥーダークネス』観ちゃったってばよ。
(そのときまだ日本では公開前だった)

star_trek_into_darkness_ver7.jpg


ふう、素敵だった、ベネ様・・・


でなくて、
そうこうしてひと眠りなんぞたしなんでいるうちに朝ごはん


まずフルーツと


P1030596_R.JPG


アジアの航空会社らしく
ビーフンが選べました。


P1030599_R.JPG


これもきっちり柔らかく、しっとりしていて粉っぽくもなく、
とても美味しかった。


さてそんな夢見心地の私を乗せて


P1030601_R.JPG


なんだかすごい山脈が


P1030602_R.JPG


ああ、もうすぐ到着してしまう~


P1030603_R.JPG


せめて夢なら醒めないで・・・


P1030604_R.JPG


飛行機大好きなんですけど、
さらにその先にある旅先の方が大好きなもんで、
いつも降り際なんて「はやく着陸してくれたまへよ、やい!」なんておもっているわたしなのですが、

このときばかりはちょっと降りるのがもったいなかったです。


P1030605_R.JPG


そして辿り着いたのは


P1030607_R.JPG


さてどこだったでせうか。


・・・つづく・・・かな?


> もっと見る