趣味の総合サイト ホビダス
 

« レストラン・カフェ | メイン | 美容 »

読書>:記事一覧

2014.3.20

●旅と読書、そして美

窮地に立たされた、

もしくは激しく自分を責める、

もしくは激しく他人を責めてしまう、

そういうどうしようもない状態に心が振り回されてしまうことってある。

そういう時の自分は『ペインボディ』に乗っ取られている状態だそうな。

ここのところずっとこの本を読んでいるのですけど


(難解な言い回しと、はっとするたびに文面から目を離して租借しているのでなっかなか進まない、
 でもそれはとても素晴らしいエクスペリエンス!)


私は意外にもとにかく自分に自信を失いがちで
(自信ありそうに見えるでしょう、でも違います)

自分で自分を知らない間に過度に責めてしまう癖があり、


そのたびにくだらないくらい摩耗するのでそこから脱却したいと常日頃考えている。


もしそういう人がいたら、
この本はとてもオススメです。


怒りを手放すこと、
あるがままに生きることの意味、
今出ているすべての"こっち系"の本の真理は、こういうことなんだなと理解できます。


あ!最近楽天のこのアフィリエイトをよく貼ってますが、
読者の皆さんから儲けようとか楽天ポイントを姑息にも稼ごうとか


そんなこと微塵もおもってないです!


ただ引用するのに商品ページあったほうが解りやすいかなと思って。


だからここからクリックとかしないでいいですからね~!!


と前置きしておいて、さらに楽天のまわし者みたいな今日の記事ですが、
私みたいに読書好きの出張族(もしくは旅族)がいたら是非おすすめしたく、


書いてみるよ。


さてご存知の通りなかなかに国内外色々出掛けがちな私ですが、
その最も大きなテーマのうちのひとつが


『就寝前の読書』


子供のころからの習慣なので、活字がないとカラカラに乾いてしまうのです!


あとはバスタブに浸かるときなんかもマスト。


そこでこれまで出張には2~3冊の本を持って行くのが常だったんですが、
重いよね、やっぱ。


そこで最近これに切り替えました。


01b3fb585e2705cc91b4ad51b076dd4eb6ac41ab19_R.jpg


楽天・KOBO Glo。

私はキャンペーンで6980円で購入。


実はさんっざん悩んで買いました。
まず競合のKindleと悩んだ。


でも結局楽天ラバーの私は楽天をチョイス。
米もコスメも何なら洋服も楽天で済ませがちのわたしですので、


ポイントがわんさか溜まっていて、
本体どころか大概の本までポイントで買えるのだった!わはは!


購入の決め手はもうひとつ。


01dfea87c48b03d652d0038ef8d6a886b0af5579fb_R.jpg

文字書いて生きているので、これ以上部屋の紙埋蔵量を増やしたくないのよ。


モノからの執着からもなるべく脱却していきたい私は、
世田谷在住のころは図書館をヘビーユースしてたんだけど、


今のおうちからだと図書館はとても遠い。


でも本は読みたい、買いたくない...


じゃ、データで買えばいいんじゃない♪
という考えです。


結果、大正解。
うちにこぼぐろちゃんが来てからかなりの溺愛。


マラガにもパリにもジュネーブにも屋久島にも大磯にも連れて行っています。


0153d01544fdcc33ef100d41fc2ed1d521c7447682_R.jpg


無料で読める古典文学も多いし、
なんたって楽天が湯水のように割引クーポンくれるから、かなり安く本買えるし、


今のところ私が読みたい本は全部ここでなんとかなってる!


なってないのだけ買えばいい、
こぼぐろはモノクロタブレットなので、ファッション誌なんて見られないからね。


0145f8e10d26afd4cc756eb5fa97a02e35bc5e8073_R.jpg


これの素晴らしいところは、
滞在中にダウンロードした本を読み切っちゃっても、

新たにWEB上で買いたすことができるところ!


その土地に関する小説を読んでもいいし、
その土地にゆかりのある人の本を読んでもいい、


016a6038688ba4d31d223afa6945bf0e3cfe724012_R.jpg


バックライトが付いているので、ネオチするぎりぎりまで文字に没頭出来るのもいい。


ちなみに冒頭のニュー・アースも電子書籍版が出ています。


ますます出不精に拍車がかかりそうな勢いです。


あ、旅のお供と言えばもう一つ、


これも大事


014d505a236827cd2bde09f7ae368550a602038d0b_R.jpg


かっさ!



仕事の旅が多いので、人前に出たり撮影があったりするんだけど、
飛行機はなにかとむくむし、
旅先で慣れないもの食べてむくむし、
お酒のんでむくむ。


かさばる美顔器やマッサージ機持ってけないけど、
これならすっと化粧ポーチにしのばせとけばオールOK,


小さいけど顔の老廃物ゴリゴリ落とせる優れものです。


エステのお姉さんも
「かっさは効率的に老廃物を押しだせます。手だとどうしても逃がしちゃいますから」
と言ってました。


難点はコンパクトすぎてなくしがち・・・
わたしのコレも2代目です。


さ、続き読もうっと!

2013.11.19

●【次に読む本】首都高物語

写真 2013-11-19 13 30 14_R.jpg


【次に読む本】

『首都高物語』
企画・制作:一般財団法人首都高速道路協会

昭和37年12月20日、京橋~芝浦という、わずか4,5kmから始まった首都高の開通50周年を記念して刊行された本、送っていただきました。
計画立案、土木技術など盛りこまれているそうな。

ご興味ありましたら是非に!


> もっと見る