趣味の総合サイト ホビダス
 

« 今週末はもてぎに集合! | トップ | F1最終戦は凄いレースに »

2008年10月30日

HAFJは生沢徹一色!

先週末にツインリンクもてぎで行われた、ヒストリック・オートモビル・フェスティバル・イン・ジャパン(HAFJ)は、自画自賛のようだが、とても素敵なイベントになった。
今回は、「ポルシェ60周年記念ウィークwith生沢徹」という名前で特別企画を行い、パドックには歴代のポルシェ各モデルと最新のポルシェが展示されると共に、ピットガレージには生沢徹ミュージアムが開設された。
多くのお客様に会場で、ポルシェ60周年の歴史と、生沢徹さんの偉大な業績に間近に触れていただくことができた。
特に生沢さんのミュージアムは、このイベントでかつてないほどの規模で展示会場が設営され、生沢さんが実際にドライブしたマシンと、ゆかりのマシンが集結。
更に生沢さんご自身が大切に保管していらっしゃった、当時の貴重なレーシングスーツやグッズ、更には未発表の写真など、様々なものが展示された。
しかも、お昼のアトラクション・タイムには、生沢さんが1968年の日本グランプリでドライブして2位となったポルシェ910のステアリングを握って、コースをデモ走行された。

僕は2日間とも場内放送を担当していたのだが、生沢さんのデモ走行では、終了直後にたくさんのお客様が生沢さんを取り囲むようにして、まるで40年前のグランプリ直後の模様を見ているかのような感動があった。
実はこの時ちょっとした演出として、生沢さんのお嬢様・舞さんから、ペプシ・コーラの瓶を生沢さんにお渡しいただいたのだが、これは1967年の日本グランプリの際、優勝した生沢さんが、差し出されたコカ・コーラを受け取らず、自らのスポンサーであるペプシ・コーラを出して飲んだという、伝説の場面の再現だった。
また、コース上での生沢さんへのインタビュー終了後、ビートルズのザ・ロング・アンド・ワインディング・ロードをBGMに、生沢さんが1960~70年代の若者文化にどれだけ大きな影響を与えたかなどをお話しさせていただけたのは、僕個人にとっても、とても嬉しいことだった。

日本のモータースポーツ界は、選手が現役を引退した後、チーム・オーナーや監督として仕事をしていないと、どんなに偉大な業績を挙げた方でも、見向きもしないようなところがある。
別にイギリスのように、サーの称号や勲章をあげろとは言わないが、せめてこうした方々が、気持ちよく今の全日本級のレースに遊びにきて、ファンの方たちと触れ合えるような環境を、作って欲しいと願うばかりだ。
もちろんそのためには、我々メディアも、きちんとこうした方々の業績をお伝えしなくてはいけないと考えている。


生沢さんが実際にドライブしたマシンたち。上左は、1968年に英国と欧州のF3シリーズで使用されたブラバムBT18B。現在国内で、オーナーさんがレースに使用されている。上右は、今回デモ走行に使用されたタキ・レーシング・チームのポルシェ910。国内で70年代までレースに使用された後、長く保管されてきたが、つい最近1968年日本グランプリ仕様にレストアされた。このクルマのタミヤのプラモデルに憧れたという方も多いのでは?


上左は、生沢さんが1973年に、故・風戸裕選手と共に設立したチーム・ニッポンが、欧州F2シリーズで使用したGRD273。先日取材に行ったことをブログでお伝えしたマシンだ。この個体は風戸選手が乗られたものだが、ゆかりのマシンとして展示された。そして上右は、今回約30年ぶりに公の場に姿を現した、富士グランチャン・シリーズ用のGRD・S74。生沢さんが1977年に年間チャンピオンを獲得した時のマシンだ。実は長い間国内某所で大切に保管されてきたのだが、今回のイベントのために1977年当時の姿にレストアされたもの。GRDに関しては、今後カーマガジンで、詳しくご紹介する予定だ。


さて生沢さんと言えば、何事に対しても「拘る」ことでも有名だ。イベント前日には、ミュージアム内のディスプレイの仕方に自ら細かく指示を出されている姿が印象的だった。また美しく塗装されたGRD・S74には、自ら何度も位置を確認されながら、あの丹頂鶴のステッカーを貼られていた。


上左は、公開直前の生沢ミュージアムの模様。GRD・S74とブラバムBT18Bの他、チーム・イクザワのバイクとMTB、更に1960年代当時の貴重な「VAN傘」までが展示されていた。上右は土曜日のお昼のアトラクションタイムの模様。放送席からの写真だが、たくさんの方が生沢さんを取り囲んでいるのがおわかりいただけるだろう。日曜日はもっとたくさんのお客様が取り囲んでいた。

投稿者 中島秀之 : 2008年10月30日 17:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hobidas.com/blogmgr/mt-tb.cgi/42455

コメント

小父上所属の貴重なマシンの数々を見ていると、寝過ごして行き損ねたことが悔やまれます。
来年も小父上は帰国なされるのでしょうか?

投稿者 変態ブラザーズ弟 : 2008年10月31日 06:35

このイベントの様子を映像で見たいです。日本のレースを作ってきた生沢さんのことを、もっと多くの若いレースファンに、現在の若いレースドライバーや関係者にも知ってもらい、日本のレースの創世記と、現在がつながって欲しいです。1度でいいから生沢さんにあってお話ししたいなあ(生沢さんて、日本の誰か、歌手か女優か、芸能人と結婚しませんでしたか?)。

投稿者 かむかばー : 2008年10月31日 23:19

ナカジ~さん毎度どもです。
そうなんです今ひとつ"GRD"というコンストラクターが解らなくて
F1のメカニカル面解説のNOVAの"森脇基恭"さんがデザイナーをされてたとか"LOTUS"と関係があるくらいしか知らないんですよね。
だからこんなマシン作ってましたとかそれこそ"森脇"さんに"GRD"時代の思い出を聴いてほしいですね。

投稿者 特・名機某 : 2008年11月 2日 20:22

生沢さんって、確か苗字は忘れましたが、裕子さんという美人のモデルさんと結婚されましたよね。
それと、GRDって、Group Racing Developmentかな?

投稿者 kazu : 2010年3月 6日 14:33

コメントしてください




保存しますか?



« 今週末はもてぎに集合! | トップ | F1最終戦は凄いレースに »