趣味の総合サイト ホビダス

8月のお仕事の予定です

| Category: | コメント(2) | トラックバック(0)

毎日暑いですね。
さすがにこう暑いと、古いクルマには乗りたくなくなります。
というわけで、愛車3台のうち、シトロエン以外は完全に休眠状態です。

さて真夏の8月ですが、ティーポの仕事と並行して、今月もいろいろとアナウンスのお仕事をする予定です。

まず、スーパーGTのオフィシャルDVDですが、今年もダイジェスト映像の副音声の進行役などで出演させていただいています。
現在発売されている、第1戦岡山と第2戦富士を収録したSUPER GT VOL.1では、小暮卓史選手と、MOLAの大駅俊臣監督がゲスト出演し、進行役を担当しました。
あ、開幕戦は当日の実況も僕でしたので、主音声、副音声ともに出演しています。
また先日収録した、第3戦オートポリスと第4戦SUGOを収録したVOL.2は、本山哲選手とCERUMOの高木虎之介監督に出演いただき、いろいろ裏話を話していただきました。
是非ご覧になってください。
14080601.jpg
オフィシャルDVD VOL.2のゲストは、1990年代の宿命のライバルのお二人!

8月23-24日のは、ツインリンクもてぎでSUPER FORMULA第4戦が行われます。
このレースも実況を担当する予定ですが、今季はここまで3戦4レースあって、全てで勝者が異なる大混戦になっています。
真夏のもてぎは、ブレーキに厳しいとも言われますが、今度はどんなレースになるか楽しみです。
是非、J SPORTSで中継をお楽しみください。

その翌週、8月30-31日には、スーパーGT第6戦鈴鹿1000kmが行われます。
この伝統の真夏の耐久レースで、開幕戦以来となる実況を担当する予定です。
長丁場ですので、赤平アナウンサーと二人で行うことになると思いますが、これも是非J SPORTSの生中継でお楽しみください。

また、やはりJ SPORTSで放送しているドイツ・ツーリングカー選手権DTMの中継、さらに僕がパーソナリティを務めているFM NACK5の番組、CARLIFE & MOBILITY(土曜午後7時から)も、お忘れなく!

というわけで、今月もよろしくお願いします。

今年はオーバーヒートをお休みします!

| Category: | コメント(0) | トラックバック(0)

先日、普段足として使っている、2005年式シトロエンC5 V6エクスクルーシブを車検に出しました。
整備をお願いしたのは、埼玉県春日部市にある、RS-UNOさんで、以前パーチェスの取材でお邪魔した時、シトロエン系のATのメンテナンスについて色々お話しを伺い、一度整備をお願いしたいと思っていたのです。
走行距離が75000kmを超えたのでタイミングベルトの交換などをお願いすると共に、AT(アイシン製6速)のオイル交換もお願いしました。
で、帰ってきたC5は、ホントに絶好調。
タイミングベルト交換の際、ヘッドにたまったカーボンなどの除去を行ってくださったため、エンジンの吹けがよくなり、さらにATはオイル交換(いろいろノウハウがあるんです!)によって非常にスムーズになりました。
傷があったリアバンパーの塗装も行ってもらって、すっかりリフレッシュ。
おかげで気持ちよく乗れています。
14070301.jpg14070302.jpg
RS-UNOさんで車検を受けました。タイミングベルト、ウォーターポンプ、エアクリーナー、バッテリーなどなど、かなりの部品を交換しています。

さて6月は、2週連続で24時間レースの生中継の実況を担当しました。
ル・マン24時間は、アウディが底力を見せたレースでしたが、解説の皆さんと共にすっかり楽しませてもらいました。
ぜひ来年はトヨタ、そして復帰するニッサンに頑張って欲しいと思います。
14070303.jpg
ル・マンの中継が終了したあと、解説の由良さん、荒選手、右京さんと記念撮影。

翌週のニュルブルクリンク24時間は、日本では初の生中継だったのですが、GAZOO RACINGの3台がいずれもクラス優勝を飾り、盛り上がりました。
ル・マンとは別の難しさがあるレースで、これまた解説の皆さんとすっかり楽しませてもらいました。
日本車が優勝争いする日も近そうです。
14070304.jpg
日曜昼のパートに出演していただいた、服部選手、松田選手と記念撮影。

さて今月の予定なんですが、7月と言えば「ティーポ・オーバーヒート・ミーティング」ですよね。
ところが今年は、例年より一週間早い7月13日の開催で、この日はSUPER FORMULA第3戦が、富士スピードウェイで行われます。
今年はスーパーフォーミュラ全戦のTV中継で僕が実況を担当するため、残念ながらオーバーヒートには行けなくなってしまいました。
岡山の場内実況は、シャーリー半田さんが担当してくださる予定です。

一方富士のSUPER FORMULAですが、前回の第2戦と同じ舞台とはいえ、今度は通常の250kmレースなので、また違う面白さがありそうです。
梅雨明けが微妙なタイミングなので、雨がらみのレースも十分考えられます。
ちょっと残念なのは、ル・マンで怪我をしたロイック・デュバル選手がドクターストップにより欠場すること。
現在ポイントリーダーのロイックだけに、チャンピオンシップを考えると痛い欠場ですね。
代役は、去年もロイックの代役でTEAM LeMansのマシンに乗ったアンドレア・カルダレッリが務めるとのことですが、カルダレッリは今季GTで速さを見せているので、フォーミュラでもロイックばりの活躍を見せてくれるかもしれません。
また今季4強と言われているドライバーの中でまだ勝利がない中嶋一貴選手は、このレースで勝利が欲しいところでしょう。
はたしてどんな激戦になるのか。
是非、J SPORTSで中継をお楽しみください。
14070305.jpg14070306.jpg
スーパーフォーミュラ第3戦富士は、ロイック・デュバル(左)が欠場。アンドレア・カルダレッリ(右)が代役を務めることに。写真協力:トヨタ

そして、やはりJ SPORTSで放送しているドイツ・ツーリングカー選手権DTMですが、今月はノリスリンクの第4戦をお送りします。
これまでドライだとライバルから大きく後れをとっていたメルセデスが復調。
今季2勝目を挙げることになるレースをお楽しみに。
14070307.jpg
DTM第4戦はメルセデスが復調。ロバート・ウィケンズが優勝を飾った。写真協力:メルセデス・ベンツ

さらに、僕がパーソナリティを務めているFM NACK5の番組、CARLIFE & MOBILITY(土曜午後7時から)も、ぜひお聞きください。
今月は、今年度中の開通を目指して現在工事が急ピッチで進行している、首都高速道路中央環状品川線のレポートなどを予定しています。

ということで、今月もよろしくお願いします。

6月のお仕事です!

| Category: | コメント(5) | トラックバック(0)

ティーポ7月号の締切でバタバタしていた先週末、ラリー・トーキョー・ヨコハマ2014というクラシックカーラリーの、スタート地点・靖国神社とゴール地点・横浜山下埠頭で、車両紹介のアナウンスを担当してきました。
このラリーは昨年、ラリーニッポンY154として行われましたが、今年から名称が変わったものです。
ただし秋のイベントは今年もラリーニッポンとして行われるそうですが・・・。
今回は80台近い参加車両で盛況でしたが、土日とも天気が良すぎて、エントラントの皆さんは暑さで大変だったようです。

ところで、昨年のスーパーフォーミュラ全戦のダイジェストを収録したDVD、「スーパーフォーミュラ2013 総集編 スペシャル版」が間もなく発売されます。
山本尚貴選手が最終戦で奇跡の大逆転王座を奪った昨シーズンの模様を、ぜひ映像でご覧ください。
各レースの実況は、僕かピエール北側アナウンサーのどちらかが担当しています。
また今回は特典映像が物凄いことになっています。
全日本F2時代とF3000時代に、日本のレースで戦った外国人ドライバーの活躍ぶりを、当時実際に彼らと激しい戦いを繰り広げた、星野一義さんの解説でご覧いただけるのです!
僕はナビゲーター役で収録に参加したのですが、懐かしい映像についつい見入ってしまいます。
特に、1978年に来日にしたマルク・スレールとマーチ782BMWの映像は、当時を知るオールドファンは涙が出そうになること請け合いです。
その他にも、ステファン・ヨハンソン、マイク・サックウェル、エディ・チーヴァー、エディ・アーバイン、ハインツ-ハラルド・フレンツェン、トム・クリステンセンなど、大物ドライバーが参戦する当時のレース映像を収録していますので、ぜひご覧ください。
詳しくは、J SPORTS オンラインショップをどうぞ。

さて、6月8日日曜日には、京都の嵐山・高雄パークウェイで行われる、高雄サンデーミーティングに、ティーポの取材を兼ねてお邪魔する予定です。
毎月第2日曜に行われているイベントですが、一昨年から6月はヤングタイマーがテーマで、今回も1980~90年代の車両がたくさん参加しそうです。
お近くの方はぜひ遊びにきてください。
14060302.jpg
写真は昨年のヤングタイマーがテーマの時の模様。

そして6月14-15日は、いよいよ注目のル・マン24時間レースです。
それに先立つ7日と14日、土曜日の午後7時から、僕がパーソナリティを務めているFM NACK5の番組、CARLIFE & MOBILITYで、日本のミスター・ルマン、オートエクゼ代表の寺田陽次郎さんにル・マンの魅力を聞いたインタビューをお聞きいただけます。
通算29回出場という記録は、かのフランスの英雄アンリ・ぺスカロロさん、地元のドライバーで2位が最上位で悲願の優勝を遂げることなく亡くなったボブ・ウォレックさんの次に多いのだそうです。
だからこそ、ACOの理事を外国人として初めて任されたそうですが、その辺りのお話しもうかがっていますので、よろしければ聞いてみてください。

そしてル・マン24時間レースですが、今年もJ SPORTSの生中継で実況を担当します。
僕はスタートから深夜までと、ゴール前を担当する予定で、それ以外のパートはサッシャさんが担当する予定です。
トヨタが絶好調ですから、1991年のマツダ以来の国産メーカーの優勝を見られる可能性が高いと思います。
また史上初めて、日本車に乗った日本人の優勝というのも、中嶋一貴選手に十分チャンスがありますから、絶対に見逃せないレースです。
一緒に楽しみましょう!
14060304.jpg
テストデーもトヨタは絶好調だった様子!(写真協力:トヨタ)

そしてル・マンの翌週、6月21-22日には、ドイツでニュルブルクリンク24時間レースが開催されます。
今年はなんとこのレースも、J SPORTSで生中継されます。
僕は以前ダイジェスト放送の実況を何度かやらせていただきましたし、2005年には現地で取材させてもらいましたが、今年は生放送で実況を担当させていただきます。
そう、2週続けて24時間レースの生中継で実況なのです。
200台以上の車両が25km以上あるコースを一昼夜走り続けるこの常識外れのレース。
日本からはレクサス、スバル、ニッサンが参戦しますが、特にレクサス陣営は、初めて総合優勝を狙うプロトタイプマシン、LEXUS LFA Code Xを
gazoo racingから参戦させる予定です。
強力な地元ドイツ勢とどんな戦いを見せるか、楽しみですね。
14060303.jpg
レクサスの秘密兵器LEXUS LFA Code X。写真協力:トヨタ

というわけで6月もレース三昧な感じですが、どうぞよろしくお願いします。


プロフィール

ナカジ~ = 中島秀之

なかじまひでゆき ティーポ編集部員&契約ライター。またカーマガジンの「失われた時を求めて」のライターも担当。一方フリーランスのレースアナウンサーでもあり、サーキットの場内FM「Pit-FM」やCS放送局の「J Sports」の番組で、レース実況やピットレポーターを担当。また各種ヒストリックカー・イベントの場内放送なども行っている。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング
Copyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.